■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

長野県伊那市の古墳3(老松場古墳群)
老松場古墳群は7基からなり、1号墳は双円墳かもしれないとされてましたが平成27年に小学生が測量したら前方後円墳か前方後方墳の可能性がでてきました。
新聞とかに取り上げられたりして、発見の経緯などいろんな意味で全国的に注目さているので本格調査されることになったそうです。
伊那市教育委員会と関西大学が3年計画で調査を行い、今年が初年度。
伐採して現状の確認までみたい。

1号墳
DSCN3073a.jpg
これが問題の前方後円墳?
全長30mで5世紀初頭の南信地方最古の前方後円墳になる可能性あり?

2号墳
DSCN3220a.jpg
直径約1.2m 高さ約1.2mの円墳

3号墳
DSCN3261a.jpg
直径約10m、高さ0.65mの円墳

4号墳
DSCN3258a.jpg

5号墳
DSCN3230a.jpg

6号墳
DSCN3254a.jpg
4・5・6号墳はまだ測量されてませんが、10m程度の低墳丘の円墳かな?

7号墳
DSCN3239a.jpg
短径20m、長径22m、高さ約3mの円墳と思われます。

この周辺の古墳は低墳丘の円墳ばかりですが7号墳は異質、1号墳と7号墳はなにが出るかな?
来年以降の調査が楽しみです。
それ以前に伊那市は古墳がたくさんあるけ過去に4基しか調査してないんだって。
これを機に確認調査でもやってもらいたいね。

スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 20:10:20 | Trackback(0) | Comments(0)
長野県伊那市の古墳2
伊那市には100基近くの古墳が残っている。
ただ、調査されていない。
過去に調査が行われてのは4基だけらしい。
ほとんどは、天竜川東岸の台地の端にある。
チャレンジして見たが、この時期はほとんど無理
なんとか行けた宮ノ上古墳群
7基あるはずですが
DSCN3131a.jpg

DSCN3136a.jpg

DSCN3153a.jpg
みんな低墳丘で判断が難しい。

上牧公民館裏の林に遊歩道が整備されている、上牧古墳群
13基中、12基が古墳の森にあるはずですが、あやしいのを入れると15基になってしまった。
DSCN3189a.jpg

DSCN3162a.jpg

DSCN3194a.jpg

DSCN3206a.jpg

DSCN3198a.jpg
この辺の古墳はみんな低墳丘のようだ。
古町古墳群のあの塚が古墳ならば高い方だね。

まだ、つづく


史跡探訪(関東・信越) | 23:36:06 | Trackback(0) | Comments(0)
長野県伊那市の古墳1
先週、諏訪湖周辺へツーリングへ行くことになりったので、ついでに伊那市の
関西大学が調査を行っている老松場古墳群を見に行くことにした。
過去に伊那市の古墳を調べても天神山古墳と老松場古墳群しかでてこなかったけど、今回ググッたら、いきなり石室がでてきた。
さらに調べるとでてくるでてくる。
温泉につかりながらじっくり見てくることにしたけど、時期が悪い、林の中は無理無理!

それでもいくつか見れた。

小町古墳群
DSCN3046a.jpg
それらしい塚は1つしかなかった。
直径10m、高さ1.5mくらいの円墳かな?

大塚古墳
DSCN3055a.jpg
直径10mくらいの円墳?たぶん横穴式石室 

DSCN3051a.jpg
日輪大菩薩の石碑がある。下の石材は天井石の一部かな?

名廻東古墳
DSCN3100a.jpg
直径11.4m高さ2mの円墳で中央高速道路の建設時に調査され、平成2年に移築復元されてます。
不思議なのは、何で今までネットで出てこなかったのか?
それはだれも興味がないからか?公園になっているが荒れてます。
入口がどこか、迷うくらいです。

DSCN3110a.jpg
石室があるだけいいか、でも入れません。

狐塚北古墳
DSCN3116a.jpg
説明板があるのですが、雑草だらけ、行ってみました。
直径14.4m 高さ4mの円墳状の塚とされてます。未調査ですが横穴石室を有する7世紀前半の群集群と見られてます。

狐塚南古墳跡
DSCN3124a.jpg
この草むらの中に説明板があります。
説明板の字が消えかけてますが、直径14m、高さ2.1mくらいの円墳だったようです。
昭和50年に緊急調査が行われて石室が検出されてます。

まだ、つづく


史跡探訪(関東・信越) | 00:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)
失敗の大阪
8月27日、京丹後から大阪へ

津堂城山古墳の復元された長持型石棺を見に行く。
ガイダンス館の前にある、9時には開館すると思って行ってみたが、10時開館だった。
DSCN2945a_2017091018474690a.jpg

次に唐櫃山古墳
石棺が残っているので、見たくて何度も足を運んでいるが見れていない。
昨年には石棺が見れるようになったようだ、すぐ行きたかったけど行かなかった。
やっと1年たって行ってみたら
DSCN2959a_201709101847498e6.jpg
草むらに隠れてしまった。

この日の大本命
柏原市立歴史資料館
8月27日まで夏季企画展が開催されていた。
ぎりぎり、行けた。
高井田横穴と周辺の横穴から出土している陶棺が展示しているとのことだったのでなんとしても来たかった。

安福寺横穴出土陶棺
DSCN2980a_20170910184750b6b.jpg

玉手東横穴採集陶棺
DSCN2994a_20170910184752b1b.jpg

高井田横穴出土陶棺
DSCN2997a_20170910184752aa2.jpg

来た甲斐があったな。
帰ってきて写真をみたら、ピンボケばかり失敗した。

続きを読む >>
史跡探訪(関西) | 19:08:25 | Trackback(0) | Comments(0)
丹波丸山古墳群
8月26日 京丹波市の丹波丸山古墳群の現地説明会へ行ってきました。
丹波丸山古墳群は35基あり直径30m前後の円墳(楕円)の3基を中心に小型の方墳をあわせ35基あります。
今回は9,10、11,32,33,34,35号墳が調査されました。

メインの32号墳
DSCN2766a.jpg
28×25mの楕円形で高さ4mで尾根の頂部にあります。

墳丘上部から5箇所の埋葬施設が見つかりました。
中心の埋葬施設1
DSCN2756a.jpg
一番大きく舟底状木棺です。写真ではわかりにくくてすいません。

埋葬施設2
DSCN2744a.jpg
これは組合箱型木棺

埋葬施設3
DSCN2741a.jpg
これも組合箱型木棺

埋葬施設4
DSCN2738a.jpg
これは舟底状木棺です。

埋葬施設5
DSCN2736a.jpg
これも組合箱型木棺

32号墳から下に6基の方墳が調査されましたが、元々墳丘が低いのか削平されたせいか分りにくい。
35号墳と9号墳からも舟底状木棺らしき痕跡が見つかっています。
DSCN2730a.jpg
DSCN2726a.jpg
上:35号墳、下:9号墳

史跡探訪(関西) | 20:53:06 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad