■カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

大阪府池田市:池田茶臼山古墳現地説明会
8月22日(土)、大阪府池田市の池田茶臼山古墳の現地説明会に行ってきました。
ちょいと資金繰りがきびしいのでやめようかと思ったけど、葺き石・埴輪列(自分の勘違いでした)が見れるのなら何とか行きたい。
運よく高速バスの予約がとれてしまったので行ってきました。
午前中は大阪城で時間調整して午後からだったのですが、おそろしい程の人の少なさ。
20人いなかったかもしれません。関西の現説なのでもっと大勢いるかと思ったけどあまりのすくなさにびっくりです。
説明もシンプルで15分程度で終了
今回の調査は近年、墳丘が風雨により侵食されてきたので整備をふまえたうえでの墳丘の確認調査です。
池田市と関西大学の協力により調査が行われました。

前方部から
PANO_20150822_124543a.jpg

第1トレンチ後円部南側
IMG_4891a.jpg
第2トレンチクビレ部南側
IMG_4895a.jpg
第3トレンチ 前方部南側隅
IMG_4970a.jpg
大きめな石材が基底部
第3トレンチ前方部先端
IMG_4910a.jpg
葺き石とその先に落ちたと思われる円筒埴輪片
基底部の下に1mほどのテラスがあります。

第4トレンチ 前方部先端
IMG_4974a.jpg

第5トレンチ前方部北側
IMG_4905a.jpg
葺き石は見られません。

第6トレンチ クビレ部北側
IMG_4917a.jpg
ここからも埴輪片が多数でてます。

第7トレンチ 公園部北側
IMG_4913a.jpg
葺き石があるところが基底部

埴輪列があると思って行ったのですが、私の勘違い。
先日見た発掘現場と今週末の現説で埴輪列があるので、葺き石・埴輪と書いてあったので勝手に埴輪列があるのと思い込んでしまった。

あまりにも早く現説がすんだので歴史民族資料館へ行こうかと思ったが、池田城で休憩して帰りました。
帰りのバスは6時間半、安いけどつらいな。


スポンサーサイト
史跡探訪(関西) | 23:04:01 | Trackback(0) | Comments(0)
加西市の石棺材
玉丘古墳の現地説明会へ行った時に加西市の石棺をいくつかさがしてきました。
その中でちょいと紹介

玉野薬師堂内の石棺底石
IMG_1853a.jpg
現説の後、玉野薬師堂へいきました。
先客がいて(たぶん現説にいた人)、挨拶したら外の石棺材を教えてくれた。
ついでに、中にもあるよと言ってお堂を開けてくれました。(鍵はかかってないようです)
ラッキー


西剣坂農村広場石棺近くの石棺材?
IMG_2041a.jpg
西剣坂農村広場石棺を見て薮宮神社へ行く途中の道の脇に五輪塔があり、そこに石棺材?

薬師堂阿弥陀種子石棺板碑?
IMG_1932a.jpg
普段は施錠されているそうですが、中に人がいたので入れさせてもらいました。
えっ!どこ?
違う薬師堂か?いやいや建物は「大和國古墳墓取調室」の写真で確認してますので間違いありません。
聞いてみたら真ん中の仏像の下らしいです。
さすがに前掛けを取らせてとは言えませんでした。


史跡探訪(関西) | 23:34:09 | Trackback(0) | Comments(0)
雨の姫路城
昨日は世界遺産で国宝でもある姫路城へ行ってきました。
先輩が姫路城を見にいくと言い出しました。
瓦の漆喰も修理されて、本来の白亜の城が汚れる前に、且つ桜が満開な時に見に行くのは今回しかない!
いいね!
私としては、夜に行って夜桜見物もしたいところだけど、土曜日はいけない。
しかたがない、日帰りで行こう。
夜中に出発し、大雨になったりしけめげずに5時ごろに大手門駐車場に到着。
すでに20台くらい駐車してました、ちょっとお休み。
隣り駐車する音で目が覚めました、6時15分ごろでした。
雨は降っているが、もう明るくなってのでお城に向かいます。
入城口のところでうろうろしてましたが、バリケードのところに人が並び始めましたので私達もならびます。
7時になるころにはかなりの人数が並んでました。
この日は8時に開城です。
IMG_6824a.jpg

IMG_6846a.jpg

IMG_6862a.jpg

IMG_6933a_20150406211445be2.jpg

IMG_6838p.jpg

IMG_6936a.jpg

IMG_6939a_20150406211619f80.jpg

IMG_6941a.jpg
大天守まで近道をしたけど失敗でした。
見学ルートは決まっていて、大天守まで来てUターン
今は混んでいるせいか、昔にくらべてかなり制限されている気がします。
とにかく混んでます。
じっくり見るには困難です。
待つのが嫌なら朝一に行くしかありません。(朝一に待たなければなりませんけどね)
「姫路城大入り実況」を見ると混雑具合が分ります。
今回は雨でいまいちでしたのでまた行きたいです。

姫路名物?のホルモン焼きうどん(ホルモンの油がすごい)とピーナッツバタートーストを食べて奈良に向かいます。
先輩は興味がない古墳の現地説明会。

葛城市太田古墳群の現地説明会

CIMG4486a.jpg

CIMG4494a.jpg

IMG_7035a.jpg

詳細は時間があれば書きますけど、珍しいものが見れて行ってよかったです。
この古墳群は、道の駅の建設にともなう事前調査ですが、多目的広場になる予定なので埋め戻して保存するそうです。

史跡探訪(関西) | 21:46:28 | Trackback(0) | Comments(0)
玉丘古墳3
石棺の大きさ
蓋石290×160cm 底石300×160cm(暫定値)

復元図
IMG_6822a.jpg

IMG_6821a.jpg
天井に16区画の方形装飾がされてます。
津堂城山古墳の石棺と高田石棺と同じですね。
でも、どうやって分ったのかな?
ここの特徴は入鋏装飾が施されてます。
これは昭和の調査で確認されているそうですが、現状では天井石が裏返しになっているので見れません。

似たような物が朝来市の古代あさご館に復元されtます。
IMGP8633a_20150331210457acc.jpg

DSC03080a.jpg

DSC03078a.jpg

DSC03077a.jpg

墳頂も調査されてます。
IMG_1781a.jpg
トレンチ内の黒くなっているところから埴輪片が見つかってます。
写真では分りにくいですが破片があります。

取り上げられた物
IMG_1784a.jpg

CIMG4387a.jpg

今後の保存については、国の指定史跡なので文化庁と協議するそうですが天井石だけでも引き上げてもらいたいな。
入鋏の彫り込みを見てみたいな。

もう一つの疑問
なぜ84年ぶりに掘り出したのか?
地元の方の話によると「播磨国風土記1300年祭」の関連しているのではないか?
尚のこと、天井石をひっくり返してくれ~。

史跡探訪(関西) | 21:19:30 | Trackback(0) | Comments(0)
玉丘古墳2
玉丘古墳のデータから。
前方後円墳 全長109m、後円部径65m、高さ9m、前方部幅58m、高さ7mの三段築成で、東側のくびれ部に半円形の造り出しを設けてます。
築造は4世紀末ごろと思われます。
兵庫県下では5番目の大きさです。
明治16年に盗掘されてます。(掘られた記録がのこっている)
昭和6年に測量調査(石棺と墳丘を3日間で調査)
それから土砂が積もってちょっと前まではこんな感じになってました。
IMG_5872a.jpg
長持型石棺と言われてもこれでは想像できませんね。

今回84年ぶりに掘り出され姿を現しました。
IMG_1755a.jpg

IMG_1750a.jpg

IMG_1749a_201503302216207a3.jpg

長側石
CIMG4348a.jpg
緑色になっているところが今まで露出していたところです。
今回石材は動かしていないと言っていましたが、破片は動かしてますね。

短側石
CIMG4344a.jpg
2個の突起付

欠けた破片
CIMG4385a.jpg

IMG_1787a_201503302216280cc.jpg

蓋石
CIMG4338a.jpg

CIMG4324a.jpg
側面に格子模様が掘り込まれてます。

続く


史跡探訪(関西) | 22:44:38 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad