■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

纒向遺跡内の古墳
今週もいろいろあったね。
新聞に私の入っている写真が掲載されました。それもほぼはっきり判るよ。
犯罪を犯したわけではありません、山梨県立博物館の特別展「ひつぎのヒミツ」へ行った時の写真です。
実は、記者にモデルを頼まれたのです。他に客はいなかったのでわれわれが頼まれたのです。
今週は静岡県埋蔵文化財センターへ行けるチャンスがありラッキー、昨日は奈良へ行ってきた、今日は富士宮市の信長公黄葉まつりへ行ってきました。

奈良は纒向遺跡内の現地説明会に行きましたが、ついでに纒向遺跡内(奈良県遺跡地図での)の古墳を見てきました。
ちょっとエリア外もありますけど

DSCN4221a.jpg
DSCN4240a.jpg
DSCN4269a.jpg
DSCN4272a.jpg
DSCN4291a.jpg
DSCN4353a.jpg
DSCN4355a.jpg
DSCN4358a.jpg
DSCN4394a.jpg

自分の中では過去最高の強風で災害の爪あとが残るところで、怖い目にあいながらも、何とか帰宅できたけど
疲れた。

スポンサーサイト
史跡探訪(関西) | 23:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)
失敗の大阪
8月27日、京丹後から大阪へ

津堂城山古墳の復元された長持型石棺を見に行く。
ガイダンス館の前にある、9時には開館すると思って行ってみたが、10時開館だった。
DSCN2945a_2017091018474690a.jpg

次に唐櫃山古墳
石棺が残っているので、見たくて何度も足を運んでいるが見れていない。
昨年には石棺が見れるようになったようだ、すぐ行きたかったけど行かなかった。
やっと1年たって行ってみたら
DSCN2959a_201709101847498e6.jpg
草むらに隠れてしまった。

この日の大本命
柏原市立歴史資料館
8月27日まで夏季企画展が開催されていた。
ぎりぎり、行けた。
高井田横穴と周辺の横穴から出土している陶棺が展示しているとのことだったのでなんとしても来たかった。

安福寺横穴出土陶棺
DSCN2980a_20170910184750b6b.jpg

玉手東横穴採集陶棺
DSCN2994a_20170910184752b1b.jpg

高井田横穴出土陶棺
DSCN2997a_20170910184752aa2.jpg

来た甲斐があったな。
帰ってきて写真をみたら、ピンボケばかり失敗した。

続きを読む >>
史跡探訪(関西) | 19:08:25 | Trackback(0) | Comments(0)
丹波丸山古墳群
8月26日 京丹波市の丹波丸山古墳群の現地説明会へ行ってきました。
丹波丸山古墳群は35基あり直径30m前後の円墳(楕円)の3基を中心に小型の方墳をあわせ35基あります。
今回は9,10、11,32,33,34,35号墳が調査されました。

メインの32号墳
DSCN2766a.jpg
28×25mの楕円形で高さ4mで尾根の頂部にあります。

墳丘上部から5箇所の埋葬施設が見つかりました。
中心の埋葬施設1
DSCN2756a.jpg
一番大きく舟底状木棺です。写真ではわかりにくくてすいません。

埋葬施設2
DSCN2744a.jpg
これは組合箱型木棺

埋葬施設3
DSCN2741a.jpg
これも組合箱型木棺

埋葬施設4
DSCN2738a.jpg
これは舟底状木棺です。

埋葬施設5
DSCN2736a.jpg
これも組合箱型木棺

32号墳から下に6基の方墳が調査されましたが、元々墳丘が低いのか削平されたせいか分りにくい。
35号墳と9号墳からも舟底状木棺らしき痕跡が見つかっています。
DSCN2730a.jpg
DSCN2726a.jpg
上:35号墳、下:9号墳

史跡探訪(関西) | 20:53:06 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪府池田市:池田茶臼山古墳現地説明会
8月22日(土)、大阪府池田市の池田茶臼山古墳の現地説明会に行ってきました。
ちょいと資金繰りがきびしいのでやめようかと思ったけど、葺き石・埴輪列(自分の勘違いでした)が見れるのなら何とか行きたい。
運よく高速バスの予約がとれてしまったので行ってきました。
午前中は大阪城で時間調整して午後からだったのですが、おそろしい程の人の少なさ。
20人いなかったかもしれません。関西の現説なのでもっと大勢いるかと思ったけどあまりのすくなさにびっくりです。
説明もシンプルで15分程度で終了
今回の調査は近年、墳丘が風雨により侵食されてきたので整備をふまえたうえでの墳丘の確認調査です。
池田市と関西大学の協力により調査が行われました。

前方部から
PANO_20150822_124543a.jpg

第1トレンチ後円部南側
IMG_4891a.jpg
第2トレンチクビレ部南側
IMG_4895a.jpg
第3トレンチ 前方部南側隅
IMG_4970a.jpg
大きめな石材が基底部
第3トレンチ前方部先端
IMG_4910a.jpg
葺き石とその先に落ちたと思われる円筒埴輪片
基底部の下に1mほどのテラスがあります。

第4トレンチ 前方部先端
IMG_4974a.jpg

第5トレンチ前方部北側
IMG_4905a.jpg
葺き石は見られません。

第6トレンチ クビレ部北側
IMG_4917a.jpg
ここからも埴輪片が多数でてます。

第7トレンチ 公園部北側
IMG_4913a.jpg
葺き石があるところが基底部

埴輪列があると思って行ったのですが、私の勘違い。
先日見た発掘現場と今週末の現説で埴輪列があるので、葺き石・埴輪と書いてあったので勝手に埴輪列があるのと思い込んでしまった。

あまりにも早く現説がすんだので歴史民族資料館へ行こうかと思ったが、池田城で休憩して帰りました。
帰りのバスは6時間半、安いけどつらいな。


史跡探訪(関西) | 23:04:01 | Trackback(0) | Comments(0)
加西市の石棺材
玉丘古墳の現地説明会へ行った時に加西市の石棺をいくつかさがしてきました。
その中でちょいと紹介

玉野薬師堂内の石棺底石
IMG_1853a.jpg
現説の後、玉野薬師堂へいきました。
先客がいて(たぶん現説にいた人)、挨拶したら外の石棺材を教えてくれた。
ついでに、中にもあるよと言ってお堂を開けてくれました。(鍵はかかってないようです)
ラッキー


西剣坂農村広場石棺近くの石棺材?
IMG_2041a.jpg
西剣坂農村広場石棺を見て薮宮神社へ行く途中の道の脇に五輪塔があり、そこに石棺材?

薬師堂阿弥陀種子石棺板碑?
IMG_1932a.jpg
普段は施錠されているそうですが、中に人がいたので入れさせてもらいました。
えっ!どこ?
違う薬師堂か?いやいや建物は「大和國古墳墓取調室」の写真で確認してますので間違いありません。
聞いてみたら真ん中の仏像の下らしいです。
さすがに前掛けを取らせてとは言えませんでした。


史跡探訪(関西) | 23:34:09 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad