■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤磐市:東雲谷古墳群
GWネタですが、忘れてました。
茶臼山城へ行って、次の目的地に向うため山をを下ると説明板が出てきた。
気になります、行って見るか
CIMG1018a.jpg
一直線の道かと思いきや分岐だらけで間違えまして時間がかかった。
なんとか1号墳にたどりつく
CIMG1021a.jpg
写真では分りにくいが箱式石棺は確認できます。
CIMG1024a.jpg

CIMG1029a_20170511230316e44.jpg
1号墳の説明板はさびで読めません、2,3号墳は見る気なくなり撤収

スポンサーサイト
史跡探訪(四国・中国) | 23:04:25 | Trackback(0) | Comments(0)
しまなみ海道の古墳
しまなみ海道を走り伯方島に渡り、木浦城(伯方ふるさと歴史公園(資料館))を目指す。
途中でナビに古墳の文字が見えた。
ルートからちょっと脇にそれるだけなので行ってみた。
荒神山古墳
CIMG0969a.jpg
説明板によると直径20~30mの円墳で付近の島しょ部では最大規模とのこと

横穴石室が露出してます。
CIMG0961a.jpg
CIMG0954a.jpg

目的の木浦城に向かうと手前に案内板発見!
岩ヶ峯古墳
CIMG0992a.jpg
横穴石室の基底部だけが残ってます。
直径13mの円墳だったようです。
木浦城をイメージして作った資料館に出土品が展示されてます。
CIMG0974a.jpg

次は因島水軍城を目指し、因島に渡りました。
この島に古墳があるのでは?ググッてみたらありました。
それも積み石塚古墳です。
王子塚古墳
直径6~7mくらいかな?ここには説明板はなかった。
CIMG1007a.jpg
CIMG1009a.jpg

意外なところに古墳があるもんだな。
ちょいと寄り道しすぎた。

史跡探訪(四国・中国) | 23:00:15 | Trackback(0) | Comments(0)
愛媛県松山市:葉佐池古墳
今回、愛媛県へ行くので唯一予定していた古墳。
平成23年に国指定史跡となり、整備工事が行われ昨年から石室が公開になったと聞いていたので行って見たかった。
長さ41mの長円形の墳丘。
CIMG0895a.jpg

何を勘違いしていたか竪穴式石槨だと思っていた。
なので行ってびっくり!横穴石室でした。
CIMG0883a.jpg
ガラスがない。
CIMG0885a.jpg
公開されているのは1号石室です。
未盗掘でした。
追葬された状態、葬送儀礼が行われたことがわかります。
ただ、復元がリアルすぎ。
石室内にカメラが設置されており、石室保護施設へいけない方もガイダンス館でもモニタでみることができます。

あと2号、4号石室が横穴石室、3号、5号が竪穴式ですが現地では見ることができません。

ただし、2号石室(これも未盗掘)は松本市考古館にレプリカがあります。
DSC00275a.jpg
木棺とミイラのレプリカも置いてありました。


史跡探訪(四国・中国) | 22:29:44 | Trackback(0) | Comments(0)
妻木晩田遺跡:仙谷8号墓
NEWS記事に「妻木晩田遺跡:石棺の「石枕」実は人骨 被葬者の頭部と判明−−大山 /鳥取」

昨年9月に現地説明会があった仙谷8号墓のことだね。

IMG_7573a.jpg

IMG_7579a_20150315222408174.jpg

IMG_9939a.jpg

IMG_7591a.jpg

石枕にしては変な形と思ったけど、頭の骨だったとはびっくりだね。

史跡探訪(四国・中国) | 15:19:31 | Trackback(0) | Comments(0)
高松城跡内濠遊覧 和船「玉藻丸」
入城して本丸を見た後月見櫓に向かう途中の水門のあたり何かやっているようなのでみたら声をかけられた。
「乗る?」、「まだ間に合うよ」、ついつられて「はい」と言ってしまった。
お堀の中の遊覧船です。

緊急時の浮き袋を腰につけ、笠をかぶり餌が入った竹筒をもたさてれ、せかされながら舟に向かう。
前に乗っていたお客さんを待たしてしまったようだ。

さあ出航
CIMG3796a.jpg

天守閣が書かれたうちわを渡され、天守台の上にあわせてイメージするのですが
CIMG3788a.jpg
位置があいません。

なかなかいい眺め。
CIMG3797a.jpg

CIMG3803a.jpg

舟の廻りには鯛などの魚が寄ってきます。
CIMG3806a.jpg
天然の鯛が真近でみられることは滅多にないかと。
CIMG3783a.jpg

CIMG3805a.jpg
満潮時には水門より水位が上がる為に魚が入ってくるが、干潮になると外に出れなくなって居ついてしまう。
おまけに餌をくれるから快適?

CIMG3791a.jpg
この大きい鯛に食べさせてあげたいのですが、齢なのか動きが鈍い、近くに投げてあげても他の魚に食べられちゃう。

そもそも、この舟は高松城城主の松平家の子孫の方が寄付してくれたそうだ。

今年の営業はもう終わってしまった。
来年は3月1日からです。

http://www3.ocn.ne.jp/~madai/wasentamamomaru.html

史跡探訪(四国・中国) | 22:57:31 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。