■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宮城県亘理郡山元町:合戦原遺跡現地説明会
だいぶ遅くなったけど、7月25日に行われた合戦原遺跡の現地説明のレポート
細かいことは山元町のホームページの現地説明会資料をみてください。

合戦原遺跡はの防災集団移転促進事業及び災害公営住宅建設事業に伴い平成26年から調査が行われていて、平成26年度調査については今年の3月8日に行われてます。

今回は2回目の説明会になります。

A地区、平成26年度調査範囲
PANO_20150725_132309a.jpg
横穴群

A地区 平成27年度調査範囲
IMG_3750a.jpg
横穴群

C地区 
IMG_3770a.jpg
木炭窯、製鉄遺構

C地区の奥の合戦原古墳群
PANO_20150725_141238a.jpg
後から入手した資料では7基あるはずですが、現説資料では6基しか記載されてません。
もう1基はどうなったのか?
ここは開発の範囲から外れているので公園として整備保存されるそうです。


続きを読む >>
スポンサーサイト
史跡探訪(東北) | 22:41:35 | Trackback(0) | Comments(0)
弘前城
青森のたびのつづき
恐山から弘前へ移動、この日はドミーイン弘前に宿泊。
自分的にはちょっと料金が高いと思ったが、A君の要望で温泉つきで鍛治町、弘前城に近いここにした。
到着した時は落雷の為、露天風呂は閉鎖となっていた。
とりあえず食事にでかける。
弘前にくるのは十数年ぶりだが、鍛治町の雰囲気はあまり様子は変わってないね、その当時ドミーインはなかったけどね。
鍛治町は東北地方で2番目の飲み屋街です。
行きつけのスナックはなくなってのは残念。
お目当ては津軽三味線の生演奏が聞ける居酒屋、少々お高いですがね。
ホテルに戻って温泉に浸かる。
この時には露天風呂に入れるようになってました。
翌朝、まず温泉へ今日は天気は良さそう。
車はホテルの駐車場に置いたまま歩いて弘前城に向かう。

IMG_6080a.jpg

弘前城といえば桜まつりが有名です。
弘前には何度も来てるけどその時期はいない。
そのうち行きたいと思っていたら今年の桜祭りが終わったあとに本丸石垣修理の情報が入ってきた。
http://www.hirosakipark.jp/ishigaki.html

分っていればなんとか桜祭りにいったのにな、9月ごろまでは現状のままの姿が見れそうなのでそれまでに一度行こう。
A君を誘って、やっと休みの調整がとれて今回のたびとなtった。

IMG_6168a_20140910220929707.jpg

CIMG2823a.jpg
たしかに石垣が膨らんでいるね。

IMG_6108a.jpg
石垣の上は発掘調査中

今回の目的はもうひとつ、天守閣の中にはいること。
ここは冬場は入れなくなるので入ったことがない。
IMG_6148a.jpg
現存天守なのだが土足で入れるし、資料館化しているぞ。

城内を歩いていると雨
CIMG2819a.jpg
でも
IMG_6136a.jpg
各城門に貸し傘が置いてある、ありがたや。
退場するときにやんだので別の門で返却しました。

あと残念なことが
IMG_6129a.jpg
旧伊東家、旧梅田家が修理中で見れませんでした。

ついでに博物館にある猪形土製品「いのっち」
CIMG2830a.jpg
写真はレプリカです。現物も展示してあります。
いのっちクッキーなるものがあるそうです。

さて、ホテルの駐車場にもどり竜飛岬を目指します。

史跡探訪(東北) | 22:35:56 | Trackback(0) | Comments(0)
日本最北端の長持型石棺と
とんでもないところに長持型石棺があるんです。
数年前に存在を知り、東北大学にあることは分かっていたんですがどこか分らない。
最近見たことがある人に会ったので聞いてみたがはっきりした場所が分らない。
大学に電話して教授?に場所を教えてもらったがだけど、片平キャンパスの考古資料展示室の外あるとのことがそんな建物はあるの?
とにかく行ってみた。
見つけました。
文化財収蔵庫の外でした。
IMG_9308a.jpg
IMG_9312a.jpg
レンガつくりの建物が目印です。(ただ地震の影響で屋根が崩れれいるようで周辺は立入禁止になってます)

名取市の経ノ塚古墳からの出土したもので、たぶん収蔵庫にはここから出土した埴輪や櫛や刀が仕舞ってあるのでしょうね。
長持型といってもなにか違うね、普通は凝灰岩製が多いと思うのだがこれは粘板岩製。
亜種になるらしい。
亜種としては
IMG_5746a.jpg
これ、静岡の丸山古墳の石棺も長持型石棺の亜種らしいのだが?

経ノ塚古墳を見に行ってみよう。
場所は仙台空港の近くです。
津波被害を受けたところです。
仙台東部有料道路を降りてみて、道はしっかりいてるけど周囲は土色。
ちょっと走ると道の脇に漁船が残ってます。
何艘かありましたね。
P4290986a.jpg
周辺の古墳を見て経ノ塚古墳
P4291012a.jpg
周辺がさっぱりしてます。

岩手県から宮城まで山陸部ばかりだったので高速道路以外ではあまり震災を被害を感じませんでしたが、
最後にきて、被害のすごさを実感しました。
瓦礫の山を見ると被害を受けていない地域で力を貸すしかないのではないかと思う。
島田市で瓦礫の中からコンクリートの固まりが出てきたので焼却中止したとニュースになってるけど、そんなもん
かわいいもんだよ。
もっとすごいことになったことがあるよ。
さておき、今自分としては小額の寄付ぐらいししかできませんが、東北のみなさん頑張りましょう。

史跡探訪(東北) | 21:15:57 | Trackback(0) | Comments(3)
元日本最北端の装飾古墳
宮城県大崎市の山畑横穴群
P4290853p.jpg
(写真をクリックして見て下さい)
昭和47年に土砂取りで装飾横穴が発見され、この部分だけ残されました。
昭和48年に国指定史跡になってます。
装飾は6号、10号、15号の3基あります。
写真の左側のどれかが15号らしいです。
IMG_9299a_20120517224221.jpg
このあたりか?
右側のビニルシートがかぶっているところは史跡公園として整備する為の事前調査しているところだそうです。
現物はみれませんが展示室にレプリカがあります。
IMG_9230a.jpg
前に来た時は閉まってして見学したい方は電話してくださいと書いてあったので電話したけどだめでした。
今回はネットで確認して念の為、役所に確認したら休日でもインターホンで管理人を呼べば明けてくれるとのことでした。
行ってみると入口が開いてました、行くかもと言っておいたので開けてくれてるのかな?
入ってみたけど展示室は鍵が掛かってます。
インターホンで管理人さんに連絡したらすぐ来てくれました。
一安心
15号墓レプリカ
P4290859a.jpg
IMG_9289a.jpg
IMG_9279a.jpg
P4290865a.jpg
P4290875a.jpg
格子状のラインと奥壁に円紋があります。
なかなかの出来です。
10号墓の図柄
IMG_9238a.jpg
これもレプリカを作って欲しいね。


史跡探訪(東北) | 22:52:15 | Trackback(0) | Comments(0)
日本北限の装飾古墳?
宮城県にはいくつか装飾古墳があります。
その中で湧谷町の追戸横穴墓群のA2号墓が彩色装飾があります。

P4290816a.jpg
玄室床面が赤く染められ、羨道側面にラインがあります。
P4290818a.jpg
保護施設で守られてますがガラス越しに中を見ることができるはず。
その前に映像説明ブースを見ようとしたが、震災の影響で止めてると張り紙がしてあった。
しょうがないね。
それでは装飾を拝みましょうか。
人感センサーで内部照明がつくはずがつかない。
これもしょうがないね。
IMG_9141a.jpg
中は苔、雑草、白カビ、どうなってんの?
いつから、この状態なのか分りませんが、竣工時は苔などないはずと思う。
どうも電源が映像説明ブースだけではなく、全部切られているようだ。
そのため墓室内の温湿度管理が出来ていないのではないのか?
こりゃ大問題ではないのか?
文化庁が装飾古墳の一斉点検をするらしいが、ここも早く確認してもらいたい。
さらに困ったのが2重ガラスのようでうまく撮影できない。
IMG_9136a.jpg
これなら拡大すれば側面のラインと奥壁下部の朱が見れる。

ついでに、高松塚古墳壁画修復施設公開について
小学生向けの施設公開時には写真撮影がOKになってた。
それならば、春の公開時にバシバシ撮影してやろうかと思ったら中止だって。
理由は予算がないことと、予約をしても来ない人が多くなったからだって。
人が来ないのはアピール不足と公開方法に問題あるんじゃない?
予算がないのなら予約制をやめてフリーにして有料にしたらどうだろうかね。



史跡探訪(東北) | 21:03:45 | Trackback(0) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。