■カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

続・横穴について
前回、個人的見解で書いてみたが、いい加減すぎた気がするのでちょっと調べてみました。
古本を探すと横穴墓地名表なるものがあった。
全国版は少々お高い。
最近、衝動買いばかりしていたので、安めの「関東地方の横穴墓地名表」を購入してみました。
1980年の資料なので古いけど傾向は変わっていないでしょう。
神奈川県が558箇所、大磯周辺の丘陵、鎌倉周辺、横須賀周辺、東部に多い。
つまり丹沢山地と箱根方面をのぞく全域に分布している。
海が近いのでわざわざ高い山には人が住まないということか?
大規模なもにはあまりなく10基から30基程度の規模が多いようですね。
やはり複室構造のものがそれなりにあるようです。
東京都は154箇所
西部方面に集中して分布して中部にぼつぼつとある。
東京自体が近世に開発されて都市だからか?
千葉県540箇所
君津市周辺から海岸線に沿って南側にちょぼちょぼと、白浜町を廻り北上するとすくなくなって茂原市、長生郡周辺に集中してます。
東部にぽつぽつとある感じ。
ここも100基を超えるような大規模なものはないですね。
埼玉県は18箇所、やはり少ない。
そんな中、吉見横穴が228基、黒岩横穴が78基(吉見横穴より多いといわれている)がある。
ほかは2,3基程度。
不思議?
茨城県は84箇所、鹿島浦にはほとんどない。
霞ヶ浦にちょっとある。
日立那珂市にちょっと出てきて、久慈川流域に集中して、北は海岸線沿いに分布している。
十五朗横穴他、100基以上の物が何箇所かある。
すごい。
栃木県は20箇所(現在の資料では29箇所はある)
ほとんどが那珂川の支流にある。
そういえば十五朗横穴も那珂川の近くにあるな。
なぜか長岡百穴だけが単独に50基以上ある。
群馬県は5箇所、ほとんどが1、2基
海に近いほど多い気がするね。
西の方よく分らないが、京都は多いらしい。
隼人が移住した為と聞いたことがある。
1月30日に京都府八幡市の女谷・荒坂横穴群の現地説明会があります。
http://www.kyotofu-maibun.or.jp/
このへんのことを聞いてみたいが行けない。
誰かレポートして欲しい。
ついでなので30日は千葉県成田市で台方宮代遺跡で現地説明会がある。
http://www.inba.or.jp/
ここの古墳から石枕が出土している。
隣の船形手黒遺跡現地説明会は行ったので今回も行きたいが行けない。
誰かレポートして欲しい。
しばらく、行きたい現説にいけないがもうしばらくの辛抱。
がまん、がまん。



スポンサーサイト
史跡探訪記 | 20:29:28 | Trackback(0) | Comments(0)
横穴について
蕨手さんからの質問の回答です。
関東の横穴についてですけど、無知な私の個人的な見解ですのでご了承ください。
神奈川県は平面が羽子板状の物が多いです。
複室の物もいくつかあるようです。
特に多摩川流域には複室の石室がいくつかあり3室あるものも見つかっています。
ただ、見れるもの加瀬台3号墳くらいのようです。
家型もいくつかあります。
意外と線刻画が多く見つかっていますが、ほとんどみれません。
湘南の方で高棺座のものがあるようです。
埼玉県では吉見百穴や黒岩横穴群(500基以上あるといわれている)しか知りません、あまりないのかも。
吉見百穴は穴の形状、棺座のバリエーションが豊富だそうです。
群馬はあまり横穴がありません。
栃木は那須地方の横穴を見た限りではかまぼこ型(天井アーチ型)が主流で箱型(天井のカーブゆるいもの)がちょっとあって、家型も2基ありました。家型とアーチ型の中間のようなものもありました。
千葉の横穴は見ていないのでなんとも、茨城南部は横穴は少ないようです。
十五朗横穴が外観が石貫ナギノに似た感じでした。
北部に行くと多くあります。
静岡は横穴が多く、いくつか見てきているが形状は気にしていなかったのであれなんですが、西部は天井が三角形状、東部はかまぼこ型、ドーム型が多い気がします。
横穴や石室の形を気にしだしたのは最近なのでこんな感じでしか書けなく申し訳ない。
それにしても、横穴も奥が深いですね、縁の有無、穴の形状、棺座の種類など地域ごとに特色があるので今後はしっかり見ないといけないと思ってます。
そういえば、山梨県・長野県・愛知県でも横穴の情報はないな。
よく考えると本州でも西の方は横穴が少ないのかな?
東は太平洋側は福島県は多くあり、宮城県まである。
日本海側は石川県までか知らない。
意外と普及した範囲が狭いのだな。


史跡探訪記 | 22:37:07 | Trackback(0) | Comments(0)
充電池
最近、現説は日曜日が多いな、秋津遺跡も24日の日曜日だよ。
そんな時に限って行けない、くやしいな~。
しかたがない。
今日はおもしろいものを見つけたので紹介します。
LEDでGENTOSのSG-500という物を持っている。
非常に明るくて良いのですが、問題は電池。
CR123Aを3個使用します。
このCR123Aが高い、1個500円くらいします。3個なので1500円もかかるのが難点。
安く買えないかなと思いネットでしらべると充電池がありました。
WAMAのRCR123Aです。
ただこれも難あり。
電圧の問題と形状が若干違うので使えないものがあるそうです。
さらに、一気に流せる電流が少ないようです。
SG-500に使えるかが問題。
肝心な問題は価格、電池4個と充電器で送料込みで5800円
4回使えば元はとれる、
使えると信じて買ってみました。
IMG_0636a.jpg
黒いのがCR123A、白いのがRCR123A
たしかにマイナス側の凹み具合が違う。
とにかく充電してみた。
充電器が1度に2個しか充電できないので2回充電することになる。
試してみました。
OKです。点燈しました。
あとは点燈時間、CR123Aを使った場合メーカー公称値では5時間だそうですが、1時間くらいしかもたないよ
しょうがないな、電池をもう2個追加購入しましょうが。
30時間以上つかえば元がとれそうだな。


日記 | 23:20:41 | Trackback(0) | Comments(0)
栃木県ツーリング
1月16日(土)は栃木県壬生町までツーリング
朝は早めに出かけようかと思ったけど、寒くてなかなか出かける気にならずやめようかとも思ったりして。
それでもなんとか出かける気になり7:30に出発。
バイクで東は神奈川の伊勢崎付近までしか行ったことがない。
首都高を無事に抜けれるか心配だった。
分岐に合流が多くやだな、途中で給油のタイミングを考えたらやばい!
海老名で給油しないと途中でガス欠になりそう。
そうすると2回給油しないと辿り着けないかもしれない、面倒。
ナビのルートを確認したら環八を通り外環を通るルートになっていた。
あれ?首都高を通らない?まあいいか、この方が1回給油でいるぞ。
環八の用賀から大泉まで通るのはひさしぶり、昔通ったころはあちこち工事だらけで大変だったけど今はすべて完了している。
案の定、首都高は渋滞していし、環八が意外と渋滞なかったせいかこのルートのうほうが楽に感じられた。
ただ、埼玉県に入ってから風が強くなってつらい。
栃木でちょろちょろ古墳を見て、昼はひさびさにらーめんを食べようかと思った。
なぜか、らーめん屋がみあたらない。
そば屋はたくさんあるのにな。
そんな感じで気が付けが15:00になったので撤収。
帰りはナビで首都高を通るルートになったが渋滞しているので環八ルートで帰る。
環八は途中にトンネルや陸橋がたくさんあるのだが、甲州街道と交差するとろろでうっかり側道に入ってしまった。
交差点を直進して戻ればいいやと思ったが、直進できない!
迂回したら変なところに入り込みかなりタイムロスをした。
渋滞もあったけど、首都高で渋滞にはまるよりかましかな。
おどろいたのは、この後。
なんと、東名高速道路の御殿場-裾野IC間で雪のため速度規制!
しまった、御殿場はときどき雪が降ることをすっかり忘れてた。
でも、速度規制ならまだいけるか突入。
結果、雪と言ってべちゃべちゃな雪、小雨とそんなに替わらない状況だったので助かった。
これからも東へいくので注意しないと。


車・バイク | 21:49:07 | Trackback(0) | Comments(0)
登呂遺跡、破壊!
昨日の夜、登呂遺跡の復元住居が破損しているのが見つかったとの記事をみた。(なぜか徳島新聞)
今チェックしたら、全国版の記事になっている。
腐っても鯛、さすが国指定特別史跡。
最近は吉野ヶ里遺跡におされ教科書の掲載が減りつつあり、観光客も減少しているのでテコ入れの整備工事の中起こった事件。
ここの復元住居内は年末年始を除き、毎日午前9時から午後4時半まで入れる。
遺跡公園自体は24時間いつでも入れる、非常にありがたい遺跡公園です。
こんな、心無いことをするやからがいると規制されてしま可能性がある。
とりあえず規制はしないようだがこういった問題が起こると規制せざる得ない事態となると思う。
現に放火されたが為に、入場規制された遺跡もある。
市民の憩いの場であり、観光地でもある、こんなことはやめてもらいたい。
過去にも放火で復元住居が焼かれたことがあった。
また、同じことがおきなければ良いが、心配。
あまり知られていないが登呂遺跡公園以外にも住宅地の中や高速道路の下に、あぜ道や森林跡が復元されている。
これらも含めて登呂遺跡です。
まだ整備工事途中ですが、静岡にこられる方は、ぜひ寄ってみてください。





日記 | 22:32:46 | Trackback(0) | Comments(1)
続LED照明
完全に狂ってます。
土曜日に長野県へ行って来ました、ノーマルタイヤで。(チェーンは持ってるけど7年くらい開けたことすらない)
穂高古墳群ですけど、LIVEカメラとか天気予報を見て行けそうなので決行しました。
前日の朝までバイクで行こうとしたけど、さすがにやばいと思い車ででかけました。(やばかった)
南から北上したのですが、良いのは最初だけでだんだん雪に埋もれている状態。
そんな状況でそこそこ見てきましたけど、また出直ししないと。
道も幹線道路はいいが、わき道に入ると凍っている。
歩くのも道路より雪のある林の方が安全か?
昨日は神奈川県の横穴巡りをしてきました。
予定外で中井町の横穴の資料を入手できたので寄り道して、大磯町を廻りきれなかった。
このへんは後日。
さて、本題
前回書いた、LPLのVL-300Cを購入。
それとPL120をもう一台購入しました。
価格はVL-300Cが約15000円、PL-120が約18000円(双方送料込)
IMG_0245.jpg
右がVL-300C(黄色のフィルタを入れていているけど、透明フィルターに換えられる)、左がPL120
VL-300Cは安いが乾電池仕様ででかい。
PL120の2台は期待していた。
ガンダムXがXXになってサテライトキャノンが強力になったように、ガンダムOOがツインドライブになって倍以上の効果がでたように。(わかりにくいたとえで、すいません。)
山梨県の姥塚古墳で試してきました。
カメラがG10でWBはAUTO、ISOもAUTOで、手持ちです。
まず、ストロボで
IMG_9815fl.jpg
IS0250 F2.8 1/60秒

次にVL-300C(黄色フィルター)
IMG_9804(Y).jpg
IS0400 F2.8 0.6秒

VL-300C(フィルターなし)
IMG_9805(F).jpg
IS0400 F2.8 0.5秒

PL120 1台
IMG_9806(PL1)
IS0400 F2.8 0.6秒

PL120 2台
IMG_9807(PL2).jpg
IS0400 F2.8 1/4秒

結果(私の素人の見解です)
写真では分りにくいがVL-300Cの方が暗く感じた。
VL-300Cのフィルターなしの写真をみると中央付近が明るい。
フィルターつきも同様でG10でははっきりでませんでしたがGX100では分ります。
PL120 1台だと手持ち撮影はつらい、すぐ手振れしてしまいます。
2台にするとシャッタースピードが半分くらいになるのでGood!
(OOのツインドライブの様にはいかないか)
石室全体撮影はPL120を使い、スポット撮影をするときにVL-300Cを使うようにします。
特に線刻画の撮影には調光機能があるVL-300Cのほうが便利。
ただ、VL-300Cはちょっと重い。(カメラにつけると手振れの元になる?)
3台で5万円近くかかった、これならPRO仕様のやつを買ったほうが良いかも。
MG-1000Dも試してみたいが大きいし、重いのでやめておこう。
自作という手もあるので今後検討してみよう。
私の今後の課題は照明に金をかけるより、撮影テクニックを磨くこと、めんどくさがらず三脚を使う、物を大事に扱うことに心がけなければと思うのだが、なかなかそうならない。

日記 | 21:06:42 | Trackback(0) | Comments(4)
LED照明
新年早々、激怒することばかりなのですぐ寝る。
今日も怒り心頭!
寝ようかとと思ったらコメントがありましたのでその回答をかねて記事にしました。
LED照明についてですが、明るさの表現が曲者で○○W相当やカンデラ、ルーメン、ルクスで表示されたりよくわかりません。
○○W相当と言っても基準になるのか白熱球なのか蛍光灯なのハロゲン灯(これはないか)など種類によって違います。
色も問題です。
LED型電球は白色や電球色などがありますが、ビデオライトやハンドライトはほとんど白色系です。
じゃあ、選ぶのにどうすればよいの?
使用記事を見るか、買って試すかなるか悩むところです。
私の経験を紹介します。
私が最近使用しているのはサンテックのPL-120です。
LED球120個使用してます。
ただ数が多ければいいものではない、1個あたりの明るさがちがうから。
白色LEDでサンテックの製品紹介に動画が追加されて60W相当と言ってます。(白熱電球のことか?)
過去に使用記事を書いたのでhttp://oobuta.blog20.fc2.com/blog-entry-563.htmlをご覧ください。
カメラ側のホワイトバランスの調整をすればもっと良くなると思います。
バッテリー内臓で軽いのがGOOD!
たぶん、連続で2時間くらい持つと思います。
残念なことは調光機能がないこと。
連結機能は面白そう。
もうひとつ、サンジェルマンのSG-500です。
明るさが500ルーメン照射角が45度というものです。
LEDハンドライトとしてはちょっと大きめ
電池がCR123Aを3個なので1500円くらいかかるのが難点。
非常に明るい、遠くまで明るく照らすことができます。
比較1
R1042765a.jpg R1042767a_20100106214843.jpg左がPL120で撮影、右がSG-500で撮影
PL120をカメラにつけて手持ちではピンボケしてしまいました、光量が足りない。
SG-500を片手に持ち、カメラを片手で撮影、明るいがスポットのみ。
比較2
IMG_4711a.jpg IMG_4709a.jpg IMG_4712a.jpg
一枚目がフラッシュ撮影
二枚目がPL120三脚固定
三枚目SG-500を当ててカメラは三脚固定
色の出具合はPL120SG-500と同じ傾向だが、SG-500は照射角がたらない。
SG-500は非常に明るいのだが全体照明としては物足りない、電池代がたかいので最近使っていない。
SG-500を購入するなら、本体価格は高いが充電式MG-700Rの方がいいかなと思ったが重そう。
別のものを探すとサンジェルマンにはSG-500の倍の明るさ1000ルーメンで照射角が60度と65度のものがあります。
MG-1000RW(充電式)、MG-1000D(単1電池6本使用)
詳細はこちら、メーカー製品情報
問題は重量と大きさ、両方とも2kgに近い、さらに全長40cm以上ある。
使用記事を見たけどとてもではないが持ち運びが大変そう、ショルダーストラップで背負うことになる。
山中に持って行くのは無理そうなので、私はやめました。
ライトパネルズ マイクロプロ LP-MICROPROという製品があります。
これはすごそうですが50000円以上します。
今日この記事を書く為に検索していたら面白いもの発見!
LPLのVL-300Cという製品です。
調光機能がついえ色変換フィルターつき。
購入しましょう。
後日レポートします。

日記 | 22:17:44 | Trackback(0) | Comments(1)
初仕事
今日から仕事でした。
もう、だめだめ。
今年もグッチーになりそう。
さて、昨日は実家にいて暇だったので磐田市の古墳を再訪してきた。
ひさびさに銚子塚古墳をみて静岡にも大型古墳があったことを再認識した。
米塚古墳群は1号墳以外の墳丘も見えた、ただ資料がないのでどれがどれかは分らないけど。
古墳探訪は冬に限る。
しかし、血松塚古墳と大当所古墳はひどい、前来た時より雑草が増えてる。
特に大当所古墳は小型の前方後円墳なんだけど写真に撮るとまったく分らない始末。
今回は写真はなし!

日記 | 22:11:13 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad