■カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

岐阜県:昼飯大塚古墳
9月25日(土)は京都、埼玉、岐阜の三箇所で現説がありましたが、何もしたくない病が発病して1日寝てました。
9月26日(日)は岐阜県大垣市の昼飯大塚古墳の現地説明会へ行ってきました。
ここは2日間開催されてまして、昨日のさぼった分もがんばらねばと思い周辺を探索したけど雑草だらけでまだだめだね。
本題です。
昼飯大塚古墳は保存整備の為の事前調査を行っており過去にも何回か説明会が開かれてます。
今回は後円部の断面の調査結果の説明とのことでした。
DSC01586a.jpg
後円部は住宅が建っていて墳丘が削られていたそうです。
そのおかげで今は断面がみられるわけです。
大型古墳で断面が見られるのは珍しいそうです。
IMG_6396a.jpg
考古学的には地層の変化で築造方法を判断しますが、今回は現代の土木工学の技術「針貫入試験」が行われました。
簡単に言うとたくさん針を刺してそこの硬さを調べる試験です。
その結果、最下層の地層(黒いところ)は考古学的には地表面と思われていましたが試験の結果、盛土がされていることが分りました。
全体の硬さから人が乗って踏み固めた程度であえうことも分りました。
DSC01590a.jpg
今回は整備方法の説明もありました。
現状で前方部の復元が行われていますが、元の大きさに復元するのではなく現状での大きさで失ったところ復元するそうです。
これは全国で始めての試みではないかと言ってました。
この方法でははっきりとした図面が書けず、元の大きさに復元するより難しいそうです。
何故そんなことにしたか?聞けませんでした。
当初のアナウンスにありませんでしたが、前方部の下段の埴輪棺が見れました。
IMG_6339a.jpg
あと説明にはありませんでしたが、くびれ部中段に円筒埴輪がありました。
IMG_6383a.jpg
調査範囲ぎりぎりのところで、もうちょっと範囲を広げてくれればたくさん出てくるのではないでしょうか?
盛り土を見てみると埴輪片がたくさんころがってます。
篩にかけるそうですが、掘るより大仕事かも知れませんね。



スポンサーサイト
史跡探訪(東海・北陸) | 21:11:31 | Trackback(0) | Comments(0)
山梨県:不老園塚古墳
先週に山梨学院大学が甲府市の不老園塚古墳の発掘調査をしたとの記事をみた。
調査は終了しているようだが場所が分らない、県史にも市史にも載っていない。
キーワードは”不老園”、”酒折宮”、”月見山”
調べて結果、酒折古宮にあり連歌発祥の地である。
不老園とは春季だけ開園になる庭園でその近くから山を登ればよさそう。
とりあえず不老園まで行ってみました。
IMG_6212a.jpg
すぐわかりました、しおれた紙に「不老園塚古墳調査現場」とかかれてます。
不老園の中を横切るような道で5分くらい進むとありました。
IMG_6201a.jpg
無袖式の横穴石室です。
IMG_6211a.jpg
調査終了のはずでしがスケールなどが まだ残っています。
ちなみに古墳時代後期7世紀頃に作られた無袖の横穴式石室を持つ約直径10mの円墳で甲府北山筋の氏族長クラスの墳墓と推定されたそうです。
このくらいで族長の墓なら、この付近には族長だらけですな。

史跡探訪(関東・信越) | 21:55:03 | Trackback(0) | Comments(0)
甲府鳥もつ煮
今日は雨が降っていましたが、甲府へ石室探しに出かけました。
目的は達したので図書館へ行き資料あさりをしてきました。
そこでコピーをして受付で確認してもらって社交辞令的な話をしてたらぜひ”とりのもつ煮”を食べてってくださいと言うので、「どこで食べれる?」と聞くとPCで”甲府 とりもつ煮MAP”をみせてくれてました。
甲府とりもつ煮とは最近テレビで紹介されたり先日行われたB-1グランプリで第1位となって話題のB級グルメです。
「おすすめは?」と聞くと”奥藤”をすすめてくれました。
この奥藤さんが元祖だそうです。
本店は観光バスが来るくらい有名らしく混むそうなので図書館の近くの分店を教えていただきました。
DSC01584a.jpg
こじんまりとしたお店です。
カウンターは3人分くらい、テーブルを3席だったと思います。
メニューを見てみる。
DSC01582a.jpg
もつ煮が無い?
”ウラモネ”とは何だろう?そうか”裏も見てね”ということだろう。
裏を見てもなにも書いてない、なんだよ。
おばちゃんに聞いたらあるよと言ってくれたので注文した。
DSC01583a.jpg
食べてみて、甘いたれは好きですが、レバーかハツが多い。
レバーは生が好き。
火を通したものは感触がすきではない。
このへんは好みの問題ということで。


日記 | 22:15:43 | Trackback(0) | Comments(2)
宮城県:桜小路横穴墓群現地説明会
9月18日、宮城県亘理町の桜小路横穴墓群で現地説明会があり参加してきました。
それにしても遠かった。
亘理町は横穴が多く分布してしておりここもその一つ。
昭和55年に26基が調査されてます。(消滅)
今回は道路工事に伴う調査で25基調査されました。
STA_5822a.jpg
その中で111号墓から蕨手刀が見つかりました。
IMG_5744a.jpg
まだ錆が多く残っていますが、反りからして蕨手刀でしょう。
蕨手刀の9割は東北地方から出土しているそうですが、仙台平野南部の沿岸部で横穴墓から出土したのは初めてなので貴重。
IMG_5831a.jpg
別のところから直刀もでてます。
前回の調査時の出土品が郷土資料館に展示してあるとのことなので行ってみました。
駅の横にお城があるからすぐ分るといわれましたが、その通りでした。
写真を撮ったつもりでしたがなぜかない?
肝心の出土品はちょっとだけでした。
おまけ
IMG_5847a.jpg
珍しい信号機、前にもどこかで見たことがあるがどこだったかな?

史跡探訪(東北) | 22:47:08 | Trackback(0) | Comments(0)
地獄の三連休
今回の三連休は疲れました。
本格的な古墳探訪にはまだ早いので関西の資料館めぐりをしようかと思いつつ時間がたってしまいだんだん面倒になってきた。
最近、西方面ばかりなのでたまには東の方へともおもうのですが、高速料金はかかるし、東京を抜けるが大変なので見送りに。
18日は三重県で20日は岐阜県で現説があるので三重・滋賀・岐阜で計画を立てました。
金曜日の夜にだいだい予定が決まり寝る前に現説情報のチェックをしたら亘理町で横穴墓の現説があり蕨手刀が出土したとある。
亘理町?どこ?、えっ!宮城県で仙台の近くじゃん、でも午後からだから行けないことはない。
朝起きてから決めよう。
朝寝坊、でもまだ間に合う、三重の方は大先生が行くだろうから宮城へ行くことにした。
バイクで出動です。
とりあえず、東名高速道路は順調でした。
この時、反対の下り線は渋滞してましたので東京を越したら自分も下りなるから嫌な予感が.....
予感的中!東京料金所から大渋滞!
電光掲示板を見ながらルートを考える、バイクだと全体の渋滞情報が見れないからつらいな。
いろいろルートを変えながら外環まで使って東北自動車へでたが、ここからがさらに最悪!
栃木県までずっと渋滞!このままでは間に合わん!休憩を減らすしかない!
給油は1回はしなければならないがサービスエリアへ入るのも大変。
なんとか先送りでタイミングよくすいているところに入れてラッキー。
ちょっとやばかったけど間に合いました。
帰りも渋滞だらけかと思ったが東北自動車道は順調。
これなら早く着くかとと思ったが首都高は全滅、どこを通っても渋滞!
泊って福島、栃木へ寄って帰ってくることも考えたが下調べなしで行くのはつらいの帰ることにしたのだがつらい。
この日往復で約1000km、14時間半バイクを運転しました。
19日、金曜日の夜に纏向遺跡の現説情報が分ってしまった。
全国的に有名な遺跡なので行ってみることにした。
10時から開始なので9時には着きたい。
しかし、また寝坊したので大慌てで出発。
案の定、四日市で渋滞にはまる。
しょうがない名阪国道を警察にお世話にならない程度に爆走。
でも予定より遅れたね。
現場の場所がはっきりわからない、巻向駅の西側で徒歩15分らしいのだが
駅周辺で道を間違えて箸墓まで行ってしまった。
また戻って案内人を見つけバイクが置けるか確認。
よっしゃ、駐輪場はあるって、ラッキー。
現場は駅の西側と言うけどすぐ隣でしたホームから丸見えです。
このまま岐阜の象鼻山古墳群へ向かえば現説開始に間に合うのですが、4時までとのことだったので途中より道をして今回は昼食を食べた。
のんびりしすぎた、あっちこっちで渋滞にはまった。
なんとか3時半前に現地に着いたが山登りがつらかった。
調査対象外の古墳から見て廻っていたら調査対象の古墳の片付けをはじめたのであわてて写真と撮って降りてきた。
下に降りた時点で4時ちょっと前だ、早く終わりにしたいのは分るけど時間通りにやってもらいたいな。
泊まって明日は岐阜巡りとしたいところですが、象鼻山で高い買い物をしたので予算切れ。
帰りましょう。
高速道路はいつも通り混み具合、渋滞するところは分っているとはいえやだな。
この日は約800km、12時間くらいバイクに乗ってたのかな。
今日は予算がないので浜松市の博物館を2箇所みてきて終了。
いや~疲れました、2日目はケツが痛かった。
でも、今回の実績を考えると1泊2日なら片道1000km、福岡あたりまで行けるか?
いや、無理だろう。
でも岡山か鳥取あたりまでチャレンジしてみたいな。


日記 | 20:42:45 | Trackback(0) | Comments(0)
飛鳥へ
9月12日(日)、バイクを直してのんびりしようかと思っていましたが牽牛子塚古墳の現説があるので行くことにしました。
バイク屋へ行かなければならないので朝一に行って夕方には帰ってきたい。
なので早朝に出発して、7時半に橿原神宮に到着。
ここに車を置いて電車で飛鳥駅に向かう、飛鳥駅では学生さんが多かったけど何人か古墳の見学者がいた。
まだ少ないなと思いつつ案内板に従い受付まで行くと臨時駐車場があるじゃん。
聞くと早い者勝ちで駐車させてくれるとのこと。
失敗したな、だめもとで一度現地まで来るべきだった。
そういえば、桜井茶臼塚古墳のときも駐車場はあったんだよな。
開始前に到着したので道の途中で待ってたけど暑かったね。
DSC01515a.jpg
切石の石敷きは見事な出来、歩道みたい。
折角明日香村まで来たのにこのまま帰るには勿体ない。
隣の壷坂山駅近くの「まちの駅 城跡」に高松塚古墳とキトラ古墳の石室の復元模型が出来たとの情報があったので行ってみることにした。
ただ、調べても詳細の場所が分らなかったので駅員に聞いてみたが知らないとのこと。
でも土佐街道を歩けばあるらしいので行ってみた。
IMG_5646a.jpg
歩いてみるがそれらしいところはないが所々に古い建物があり面白い。
IMG_5648a.jpg
現役の病院です。
さらにあるいて諦めかけた時に道から引っ込んだところに発見!
IMG_5649a.jpg
まちの駅などとはどこにも書かれてませんが?
気にせずなかにはいってみましょう。
IMG_5665a.jpg
こんな感じです。
壁画は被葬者からの視線で見るように高めに描かれています。
当時の色を再現したそうです。
橿原考古学研究所付属博物館へ寄って帰って、バイク屋へ行って、車を洗って(洗車機だけどね)、買い物に行ってとくたくたです。
今週末はゆっくりしたいところですが、三連休です。
じっとしてられません、どこへ行こうかな?

史跡探訪(関西) | 21:43:49 | Trackback(0) | Comments(0)
蛭子山1号墳の石棺
与謝野町古墳公園内にある蛭子山1号墳
IMG_5190p.jpg
ただ見れるのはここまで、石棺を見るためには入園料を払わなければなりませんがしかたがない。
ここに来るのは2回目ですが前回見落とした物があったので、近くまで来たので寄りました。
この古墳には舟形石棺があります。
IMG_5242p.jpg
額田大玉さんの「古墳とかアレ(仮)」の写真をみたら石枕があるじゃないですか!
自分の写真を確認したら確かにある!
ちゃんと見たいなと思ってました。
IMG_5256a.jpg
きれいに彫り込まれたΩ型の石枕がありました。
おみごと。

史跡探訪(関西) | 22:27:13 | Trackback(0) | Comments(0)
天橋立
9月4日は宮津市に宿泊しました。
9月5日の現説あ京丹後市の南部なので近いところで安いところを探しましたが素泊まりで6800円とか高い。
北部へ行けば食事付でそこそこの値段のところはあるが遠くなる。
ちょと奮発して食事付のホテルを予約しました。
一般的なホテルよりはちょっと安めなんですけどチェックインが17:00までの条件付。
たまにはいいかな。
ホテルの部屋から、食堂、展望風呂から天橋立が見えます。
IMG_5371a_20100907215707.jpg
食事もおいしかった。特にへしこがうまかった。
朝はのんびりして9時過ぎまでのんびりしてました。
現説は11時からなので時間はある。
丹後郷土資料館に寄って、そこから山を登って成相寺に向かいます。
ここからみる天橋立はいいらしいが、入山料500円だって、やめやめ。
笠松公園に行くことにするが、ここから県道616号線が通っているのだが一般車は通行禁止だ。
あとから分ったのだが、お寺と笠松公園の間を専用バスが行き来している。
しょうがないので一旦下って、笠松公園へ行く。
リフトかゴンドラで行くか歩いて登る方法がある。
いつでも乗れるリフトでのぼりました。
DSC01498a.jpg
IMG_5404a.jpg
帰りもリフトで、いい眺めですね。
IMG_5410a.jpg
また来たいですね。
 

日記 | 22:24:58 | Trackback(0) | Comments(2)
京都も暑かった。
9月4・5日は京都へ行ってきました。
メインの目的は大内北古墳群の現地説明会に参加するためです。
現説は5日なので4日は富山の杉谷古墳群の現説に行こうかとも思いましたが、さすがに1日で13時間以上バイクで走るのはつらいのでやめ。
京都市から石棚・資料館を巡りながら北上しました。
与謝野町古墳公園へ3時ころ行ったのですが暑い、いや熱い。
蛭子山古墳が日影があったあったからいいけど、作山古墳群はまったく日影がない。
おまけに園内には自動販売機もないのでドリンクも買えない。(なぜかごみ箱はあるけど)
古墳自体はきれいに整備されていて良かったけどとにかく暑かった。
もうふらふらです。
大内北古墳群の現説も暑かったや。
現地は集合場所からしばらく歩いて小山を登ったところ。
辿り着くまでに汗だく。
当然のことながら古墳はきれい木が刈られているので日陰はない。
暑い、宮津市丹後郷土資料館でうちわをもらってきてちょっとは助かったが耐えられません。
早めに下山して出土品を見に行くとエアコンが効いてました。
ここで十二分に休憩を取りました、生き返った気分です。
帰りは福井県敦賀市で石棚をちょっと見て帰りました。
この暑さはいつまで続くのか?
反動で寒冬になったらやだな。

日記 | 22:32:57 | Trackback(0) | Comments(0)
三陵墓古墳群:陵燈会
8月28,29日に奈良市の三陵墓古墳群で第1回陵燈会が開催されました。
古墳に燈篭が並べられ埴輪にも明かりが燈されるとのことで面白そうなので28日に行ってきました。
行くことに決めて場所を確認
あれ奈良市なので奈良公園の方かと思ったら名阪国道の針ICを降りてすこし南に下ったとことにある。
ここまで奈良市なのか、それにしてもよく通る道なのに整備された古墳があるとは知らなかった。
まだまだ勉強不足ですね。
時間を調整しながら行ったつもりでしたが17:30ごろに到着してしまった。
まだ、明るい夕焼けをみながら暗くなるのを待つ。
DSC01477a.jpg
DSC01475a.jpg
DSC01481a.jpg
日がくれてだんだん暗くなってきました。
楽しみにしていた埴輪の燈篭はというと
IMG_4709a_20100901201641.jpg
ちょっと暗いな、さらに暗くなると
IMG_4714a.jpg
写真では写りません。(テクの問題かも)
IMG_4710a.jpg
IMG_4728a.jpg
IMG_4723a.jpg
ミニコンサートをちょっと見て帰りました。
たこ焼きとかの食べ物が売っていたのはありがたいが、飲み物がしそジュースしかなかったのが残念。


史跡探訪(関西) | 20:24:11 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad