■カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
江田穴観音古墳
今回の熊本行きのメインターゲット!
江田穴観音古墳
ここはネットで探しても羨道部の写真しか見つからない。
ということは、中に入った人はいない?
それが今年の菊池川流域装飾古墳公開は江田観音古墳が対象となったのでちょいと無理してでも行ってみた。
さて入ってみようか。
IMG_9301a_20101031171350.jpg
羨道部、よく見る光景です。
ここの左右に装飾跡?紋様は分りませんが赤色顔料残ってます。
奥に進みます、未知なる領域
IMG_8694a.jpg
前室、後室の玄門は刳貫式です。
左右に屍床があります。
さらに奥に進みましょう。
IMG_8697p.jpg
IMG_8670p.jpg
コの字屍床があります。
天井が丸くなってます。
IMG_8659a.jpg
奥の屍床も刳貫式
IMG_8701p.jpg
玄門の裏側どうでしょう天井が丸くなっているのが分りますか?
IMG_8702a.jpg
これでどうでしょうか?
戻りましょう
IMG_8686a.jpg
前室玄門裏側ですがひび割れが気になります。
IMG_9306a.jpg
羨道を中から
IMG_8706p.jpg
外にでました初めて草が刈られた状態で見ることができました。
係員さんと話をしていて驚きの事実を知りました。
今回特別に公開したわけではなく、実は前から中に入ることができたそうです。
中央公民館で鍵を貸してくれるそうです。
日曜日でも管理人さんにお願いすれば良いそうです。
ついでに塚坊主古墳も事前に教育委員会にお願いすれば見せてもられるそうです。



スポンサーサイト
史跡探訪(九州) | 17:44:48 | Trackback(0) | Comments(0)
裏まで見れる石屋形
今回の熊本行きの目的のメインは江田穴観音古墳、サブテーマが石屋形巡りでした。
いくつかの石屋形をみてきましたが今日はその中の一つを紹介します。
熊本市上高橋にある高坊古墳
ここへたどり着くまでが大変でした。
熊本城から向かったのですが、ナビの地図が古いようで変形交差点で道を間違えもとの道に戻るにもナビと合わない。
なんとか陸橋を渡れば一直線のはずがカーブしている。
ここもナビと違うぞ!ここからリカバリーするのが大変だ、ナビ通りに進めないよ。
よく見ると、先の陸橋は九州新幹線にぶつかるので曲げてしまったようだ。
そこまでするかね。
やっと本題です。
IMG_9276a.jpg
住宅街の中にぽつりと祠がある。
いや違います、石屋形です。
※(10/28追記)側壁が道なりに傾いてますが微妙なバランスを保っています。
奥壁が崖に埋め込まれ固定出来いるのかもしれませんが倒れないのが不思議に感じます。
ひょっとして熊本地方は地震がすくないのでしょうか?
普通は玄室の奥にあるのですが、ここは石室が無くなっています。
なので
IMG_9280a.jpg
裏側が見ることができます。
本当に石屋形?と疑いたくなりますが
IMG_9274a.jpg
中には赤色顔料が残ってます。
間違いないでしょう。
熊本では赤い物がたくさん見れて大満足。

史跡探訪(九州) | 20:56:10 | Trackback(0) | Comments(0)
棚から牡丹餅?
最近、古墳の位置情報がネット地図で公開されているがありがたいのですが、微妙な物も多い。
前回の四国では資料の文面から探しだしたり面倒なところあったけど、今回はすべてピンポイントアタック!のはずが微妙にずれている。
100mのずれが命取り?通らなくても良い狭い農道を通る羽目になったり、暗くなったら古墳センサーも働かないので諦めて次の日に出直しになったりして。
1箇所は最終手段の住民リサーチでなんとかなったけど、期待しすぎた。
でもそのおかげであやしい古墳を発見できたりして。
今日はそんなあやしい古墳を紹介します。

まずは山鹿市の黄金塚古墳近くの菊池氏古墳(仮称)
IMG_8261a.jpg
石の配置、ロープの範囲からみて石室跡ではないか?
墓石も菊池氏としか掘られていないので普通の墓石とは違う。

木柑子横穴群(仮称)
木柑子石人を見に熊本県のHPにある地図で行ったのだが見つからない。
(あとから調べたら菊池市観光協会の地図を間違っていた。)
周辺を探しているたらあやしい横穴群を発見
IMG_9051a.jpg
とりあえず穴の中をのぞいてみるがほとんど破壊されている。
そんななか小さい穴にカメラを突っ込んでみたら
IMG_9065a.jpg
でた!コの字形の屍床、横穴墓確定。
入りたいけど今回は汚れたくないのでやめ。
石人には写真をみて感でたどり着けたが驚いた。
位置が結構ずれているぞ!
公共機関や観光協会の地図がずれているとは勘弁してほしいぜ。

和水町萩原の横穴墓群?
IMG_8854a.jpg
和水町から熊本市へ高速道路で移動中にセンサーが反応!
県道3号線わきに横穴かある。
標柱もあるし横穴墓群か?
高速を降りて行ってみたが標柱がない。
勘違いだったか?

五社宮神社下横穴
津袋古墳群の五社宮古墳をさがして目的地につくと横穴が?
IMG_8389a.jpg
ちょっと飾縁っぽいものがある、ここは場所以外の資料がなかったが津袋古墳群はすべて高塚だったはずだが?
入ってみた。
IMG_8390a.jpg
そこそこ広い防空壕でした。
残念、あま戦争遺跡ということでそれなりに面白い。
肝心の五社宮古墳はこの上にありました。

山鹿市頭合横穴(仮称)
頭合古墳へ行く途中の道、写真ではわかりにくいがぽつぽつと穴があいてます。
でもいるんな物がつめられてます。
横穴墓かな?違うのかな?
IMG_9107a_20101026205726.jpg

この前、福島へ行った時も怪しい横穴群をいくつか見つけたが、まほろんの遺跡データベースでは該当するものがなかった。
今回はとりあえず調べる手段がない。(ないわけではないけどね)
知っている方がいたら教えてください。

史跡探訪(九州) | 21:05:18 | Trackback(0) | Comments(4)
驚きの連続
今回は驚きの連続でした。
最後に驚いたのは飛行機の登場時間を間違えていたこと。
帰りの高速道路が渋滞しているのが分っていたので最後に八角目古墳群へ寄ってあと1基あるのだが時間切れであきらめた。
かなり余裕をみたつもり、レンタカーを返し時間は十分あるので一服してから空港カウンターへ行ったらもうすぐフライトの時間だ、25分も勘違いしていた。
やばかった。




日記 | 22:54:17 | Trackback(0) | Comments(2)
菊池川流域古墳公開
今日は熊本県に来てます。
菊池川流域古墳公開に合わせて周辺の古墳を廻ってます。
なかなかうまくいかんね。
場所がわかっているのにナビに道が出てこない。
通らなくても良いのに狭い農道を探し回ったりして.....
とりあえず江田穴観音に入れたし、津袋古墳群を制覇(したはず)できて満足。
意外なところに石棺があったりして面白かった。
津袋古墳群は古墳探訪を始めたころ行ったけど一本松公園にある2基しか見つけられなかった。
今回行ってみて、何で大塚古墳に気がつかなかった不思議に思う。
当時は古墳センサーの感度が鈍かったのだろう。
明日はどこへ行こうかな天気がわるそうだし資料館へ行ってまた江田穴観音へ行ってみようかな。

史跡探訪(九州) | 21:44:57 | Trackback(0) | Comments(0)
さぬきのマイナー古墳(石室)
九州へ行く準備が概ね終了。
時間ができたのでこの前に四国へ行った成果のうちマイナー古墳の石室+αを簡単に報告

DSC01699a.jpg
さぬき市:川東古墳 積石塚の前方後円墳ですが雑草が多くて近づかないと分りません。

IMG_7691a.jpg
さぬき市:八剣神社1号墳(仮称)

IMG_7732a.jpg
さぬき市:蓑神古墳 この辺も玄室?

IMG_7774a.jpg
さぬき市:大末2号墳

IMG_7589a.jpg
三木町:かんかん山古墳 ここでたどりつくまでが大変だった。(分ってしまえばちょっと面倒程度なのだが)
            帰りにえらい目にあった。

IMG_7579a.jpg
三木町:羨道からですが、狭い通れません!でも玄室天井が開口

IMG_7543a.jpg
高松市:瀧本神社古墳 3度目です。今回は石室の周りがきれいになってました。
           T字型石室ですが小さいですね、その答えは高松市歴史資料館にあり。

IMG_7978a.jpg
東かがわ市:藤井古墳 じゃらんなどの観光サイトにMAPが住所と地図が載っているのですが大間違い。
           とても行ける所じゃない!あきらめきれずなんとか見つけました。
           入口は柵がありますが、アルミ製で丈夫です。
           よく見ると奥壁に開口が....

IMG_8029a.jpg
徳島県鳴門市:大代古墳 高速道路上に保存されてます。

このほかににも塚だけともありますが機会があったら紹介します。
それにしても大アクシデントがあった割には多く見れたのはよかった。
ただ、高松市の瘤山1号墳の石室が見つけられなかったのが心残り。

史跡探訪(四国・中国) | 22:52:47 | Trackback(0) | Comments(5)
けぼ山古墳 現説
10月16日 香川県さぬき市のけぼ山古墳の現地説明へ行ってきました。
けぼ山古墳は全長55mの前方後円墳で、竪穴石室の天井石が露出してます。
この天井石には縄掛突起が付いているのが珍しいです。
IMG_7625a.jpg
石室は昭和5年の一度掘られてます。
そのときはそのまま埋め戻されて、家型石棺があったとの話です。
昨年、測量調査が行われその時に後円部の裾の石仏の基壇に縄掛突起に露出しているのが見つかりました。
今年度に基壇を解体してみると舟形石棺の一部がでてきました。
IMG_7647a.jpg
IMG_7614a.jpg
IMG_7611a.jpg
これは蓋か?身か?は不明です。
中側だけでなく外側のも赤色顔料が残ってました。
次回は竪穴石室の調査してほしい。


史跡探訪(四国・中国) | 01:11:15 | Trackback(0) | Comments(0)
まる、さんかく、四国
10月16日、17日は香川県へ行ってきました。
今回は、けぼ山古墳の現説がメインです。
ついでに高松・三木町・さぬき市・東かがわ市の古墳を見てきました。
今年最大のピンチに陥りましたがなんとか無事帰ってこれてほっとしてます。
昨日は5時にはホテルに入って今日も昼前に撤収したけどひさびさに数はこなした。
ちょっと余裕があったので大阪の池田市で寄り道したんで、渋滞にはまったよ。
来週末は熊本に出没する予定です。

日記 | 23:22:09 | Trackback(0) | Comments(0)
フクシマへ
昨日、福島県までバイクで行ってきました。
今回は三連休の最終日ですが、渋滞にはまりたくないので真夜中に出発!
たしかに道路は空いているが寒い。
それは承知でウィンタージャケットを着ていったから大丈夫。
まいったのは霧、メットのシールドから水滴が垂れてくる。
IMG_7192a.jpg
いわき市で朝日を拝む。(ここには横穴墓があるんです)
ちょっと古墳をみて南相馬市へ移動する。
やっぱバイクはいいな、狭い道でも気にせずすすめると思ってちょうしこいてるとコケました。
また坂道ユーターン失敗。
IMG_7501a.jpg
ブレーキレバーがこんなに曲がってしまいました。
幸い運転に問題は無かった、助かった。
夕方まで頑張りたかったが、急用ができて昼過ぎに帰ることにした。
連休最終日のSAは混んでる、入っても休むどこではないな。
問題は渋滞だ、首都高で渋滞にはまった。
渋滞情報は電光掲示板頼りなので迷ったけどC2の山手トンネルに入ってしまった。
ここで渋滞にはまった、サウナですよバイクではめちゃ暑い。
3号線合流手前のループでは目が廻る。
それでも無事来れたからOK。
さてナビにFMVICSが付いているでのこれを使うためにFMアンテナを付けてみた。
IMG_7500a.jpg
マグネットで付くのでタンクに付けてみた。
結果、惨敗。
ほとんど受信しません、大失敗でした。
別のアンテナを探します。


車・バイク | 21:09:38 | Trackback(0) | Comments(0)
茅林遺跡
10月2日鳥取県倉吉市で行われた茅林遺跡の現地説明へ行ってきました。
どんな遺跡かわからず、はっきりとした場所も分りませんでしたけど近くまで来たついでに寄ってみたのですが探すのに苦労しました。
なんとか見つけたのましたが遅刻です。
IMG_6913a.jpg
駐車場に辿り着いたときにはもう説明がはじまってました。
資料をもらいみると縄文時代の落とし穴、弥生時代・古墳時代の住居跡や掘立柱建物跡です。
IMG_6938a.jpg
↑縄文時代の落とし穴
IMG_6930a.jpg
↑弥生時代後期の住居跡
IMG_6922a.jpg
↑古墳時代の住居跡、真ん中のキャタピラのあとは近年に重機が通った跡です。
とくに珍しいものはなくありふれたものばかりと思っていたらあやしい遺構がありました。
IMG_6949a.jpg
↑直径2mほどの円形周溝墓?、掘っていないところがたくさんみられます。
IMG_6952a.jpg
↑これは前方後円形の周溝墓か?
住居跡の説明が終わり、円形周溝墓かと思ったら、前方後円形遺構へ移動。
じつはこの円形の遺構は近年まで梨畑だった時の溝でした。
円形の中央部に梨の木が植わっていて廻りに溝を堀り堆肥を埋めていた跡でした。
じゃあ、前方後円形は?
四角い部分が古墳時代の住居跡の可能性があるが梨の木でつぶされてしまった状態でした。
がっかり。
梨の木の畑でも近代の遺跡には違いないね。
今回の鳥取での成果を確認したが、ひどい。
線刻画はむずかしい。
さらに線刻画ばかりきにして石室全体を撮り忘れたりした。
鳥取は思っていたよりは時間がかからなかったので、次回はバイクで行きたいな。

史跡探訪(関西) | 22:48:56 | Trackback(0) | Comments(0)
鳥取最大の石室
梶山古墳へ行ったとき山陽の古墳の冊子を頂いた。
それに小畑5号墳が載っていたが、気が付いたのは最後に行った小畑古墳群です。
5号墳は鳥取市のコカ・コーラ ウェスト スポーツパーク(鳥取県立布勢運動公園)に移築されているとのこと。
今回も同じところを行ったり来たり効率が悪いです。
公園に到着するもどにあるか分らないので適当にあるき廻ったらテニスコートの近くにありました。
IMG_7104a.jpg
一辺23mの方墳です。
IMG_7127a.jpg
天井石の重量31t!
IMG_7108a.jpg
石室内に入ります。
IMG_7110a.jpg
幅の割りに高さがあります。
IMG_7116a.jpg
奥から見て、袖石がわかりますが前からみたらきがつきまでした。
この石室は全長12mあり鳥取一の大きさです。

史跡探訪(関西) | 20:15:20 | Trackback(0) | Comments(0)
梶山古墳
梶山古墳の公開が新聞記事に出てました。
そこには壁画もばっちり写っています。
こちら
この写真は妙だ。
ここの石室は玄室手前まで入ってそこから直に奥壁を見ます。
ガラス越しではなく直です。
ただ、羨道には照明がありますが玄室にはありません。
入口からの太陽光が頼りです。
なので天候が悪いと見えにくいそうです。
それを考えると妙に明るすぎ、まして中央付近に立つと光をさえぎってしまうので暗くなっていうはず。
まさか、照明を使ったのか?
もしそうだとしたら、卑怯!いや話が違う!
まず一般人の玄室内の写真撮影はNG、報道関係に許可は納得できる。
照明に関しては、他の見学者で前回来たときに懐中電灯を持って来た方が良いと言われ今回は持参してきたが使用禁止と言われていたよ。
当然のことながら壁画の保護の為と言ってましたが、もしもあの写真が照明を当てているならかなりの光量になるのではないかと思うので破壊行為になるのではないか?
カメラマンのテクニックがすばらしいと思いたい。
IMG_7136a.jpg
これはレプリカの写真です。

日記 | 22:05:20 | Trackback(0) | Comments(0)
トットリーニョ
10月2・3日は鳥取へ行って来ました。
今回の目的は梶山古墳の一般公開です。
中国地方唯一の彩色装飾古墳です。
バイクで行きたかったけど日曜の天気が悪くないそうなので車で行きました。
一部予定変更してやばそうなところは中止したのですが、つらい。
何度か泣きたくなるようなことになったりして。
さらに予定変更して倉吉市の遺跡の現地説明会に参加しました。
日帰りしようかと思ったけど天気予報が変わったので宿泊することにしました。
今日は宮下19号墳を探しに山の中にいたら雨が降ってきた。
肝心な19号墳も見つからずじまい。
山から下りてきて、梶山古墳へ。
昨日の朝一で見学したのですが、雨が降ると見えにくいとのことだったので確認してみることにしたが雨がやみました。
それなりに見えます。
ここで思いがけない人に逢いました。
知り合いの友人ですが、オフ車に乗っていて愛知県での現説で2回ほどバイクを見かけましたが本人とあったことはありませんでした。
駐車場に愛知県ナンバーのオフ車が置いてありもしかして思ったら、やはりでした。
まだ1,2箇所いけるところですがここで終了。
近くの図書館に寄り道してお昼には鳥取をでました。
夕方になると高速道路が渋滞するから避けたい。
おかげ渋滞なし、ノンストップで帰ってこれました。
おかでげ予定より早くついたけど疲れた。
鳥取道が全線ではないが開通していたのがラッキーだったね。
でもナビに出ないからどこで降りたらいいかわからないから迷ったけどね。


日記 | 22:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。