■カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
掛川城
静岡県掛川市の掛川城
木造復元天守閣のはしりです。
DSC01054a.jpg

三日月堀
DSC01075a.jpg

IMG_6268a.jpg
桜がきれいでした。

大手門
IMG_6331a.jpg
大手門駐車場というのがあるが、近くに大手門が復元されているとは知らなかった。

IMG_6340a.jpg
大手門近くからの眺め

スポンサーサイト
静岡探訪 | 21:30:59 | Trackback(0) | Comments(0)
ガンダム 見納め
3月27日(日)で静岡ホビーフェアが終了しました。
私は土曜日に1/1 ガンダムの見納めに行ってきました。
IMG_6406a.jpg
次はどこの都市へ行くのかな?





日記 | 00:21:28 | Trackback(0) | Comments(2)
浜松市博物館
3月26日(土)は休みだった。
本当は3連休とって島根県へ行きたかったけど、1日しか休みが取れないので断念。
おまけに遠くへ行くなと言われてるし。
無視して岐阜か三重まで行こうかと思ったけど寝坊したのでやめ。
最近リニューアルした浜松市博物館へ行くことにしました。
バイクで出動です。
ちょっと寒くて風が強いがきもちいい。
博物館に入ってみてたが、多少展示物が変わったがリニューアルというほど変わった気がしない。
はっきり変わったのは石室のレプリカがなくなったことだ。

イメージキャラクター
IMG_6234a.jpg
シジ丸、蜆塚貝塚遺跡がモデルですね。
もうひとつ
IMG_6235a.jpg
ナウミン、ナウマン象がモデルです。

つぎは浜松城
IMG_6247a.jpg
天守閣の建替え計画があるそうです。
今のままも良いと思うのですけど。
IMG_6254a.jpg
若き日の家康公像



静岡探訪 | 22:20:03 | Trackback(0) | Comments(0)
やっと
会社の地震による被害の対応が概ね片付き、計画停電もだいぶ回避されてきたので明日は休めることになった。
地震が起きる前に胃カメラをのんで胃炎と食道炎が分っていたが、先週末は悪化したけど今週は治まってきた感じ。
地震酔いも治まってきたし、ストレス解消の為にバイクで出動したいな。

地震のことに関してひとつ。
あるCMで「東北地方太平洋沖地震および長野県北部を震源とする地震により被害を受けられたみなさま」と表現されているが、3月15日の富士宮地震でも東北地方に比べて少ないが被害がでている。
家を失った人はいないけど、いまだ復旧できていない工場もあるし、多くの家屋に被害がでていること知ってもらいたい。


日記 | 21:03:35 | Trackback(0) | Comments(0)
近況
心配していただいたコメントがあったので、近況を。
先週および15日の地震では、幸い私は被害がありませんでした。
しかし、会社のほうで被害がでてましてちょっとばたばたしてます。
帰ってきてもまた呼び出される日々、寝不足気味。
体は元々ポンコツなんでちょっと不調気味ですがなんとかやってます。
時間があけば更新してきまよ。


インフォメーション | 23:48:50 | Trackback(0) | Comments(0)
薬師寺
奈良の薬師寺
30年ぶり
DSC00939a.jpg
左から西塔、金堂、東塔

DSC00936a.jpg
西塔は通常の拝観料だけで入れるのですがこのひとだかり、待ってられません。

DSC00943a.jpg
東塔は現在特別公開中(1階だけです)、別途500円必要ですが4月から解体修理にはいるので見れなくなってしまいます。
良いタイミングに来れた。
3月21日まで公開中です。


史跡探訪(関西) | 20:36:41 | Trackback(0) | Comments(1)
奈良から帰る

まだ、2時前ですか帰ります。
今回は西大寺赤田横穴、唐招提寺、薬師寺、平城京を見学
薬師寺では東塔に入れて良かった。

日記 | 13:56:17 | Trackback(0) | Comments(0)
奈良に向かってます
現在、奈良に行くべく新幹線に乗ってます。
そろそろバイク出動したいのですが、体調不良、寝不足、時間の制約で断念。
それと東日本大震災の影響です。
当日は出張で駅で足止めされるアクシデントにアクシデントに合いましたが何とか帰れました。
駅で何時間か待っている間、携帯ではたいした情報はなく町はいつもどおりでした。
日も暮れるころになって携帯にワンセグが付いていることを思い出しみてみました。
東北地方の被害が甚大ではないことを知りました。
住処はなにもなかったのですが会社が長時間停電となってしまったので対応で寝不足。
家に帰ってからテレビを見て改めて被害の甚大さを知りショックを受けました。
東北地方は何度も行ったことのある地域です。
特に福島・茨城は昨年秋から何度も足をはこんでいる地域なのでその近く現状の姿をみると恐怖すら覚えます。
地震はまだ完全収束しておらず、遠出はすべきではないとも思いましたがそれでも行きたい。
お金がかかっても少しでも安全性を優先するために電車移動としました。

今回地震で被害に遭われた方々にはお見舞いを申しあげるとともに、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

日記 | 07:21:42 | Trackback(0) | Comments(0)
福岡市:寺塚穴観音古墳
花粉症がつらい。
薬を飲むと副作用で眠い。
意識があるうち書きましょう。

先週の日曜日はスカイトレッカーさんの案内で福岡市内の古墳をいくつか見てきました。
そのうちのひとつ寺塚穴観音古墳を紹介します。

場所は福岡市南区寺塚の曹洞宗補陀山興宗寺の境内にあります。
DSC00298a.jpg
お寺に入り本堂前を右側へ行き階段を上るとあります。

DSC00305a.jpg
横からみて、建物があるところが石室の入口
DSC00304a.jpg
直径は約20mで複室構造の石室があります。
この辺は百塚古墳群がありましたが、福岡城築城の際にほとんど壊されて石材を持ってかれてしまいました。
そのときに黒田長政が供養の為にお寺を建立したそうです。

羨道部は改変されてます。

DSCN3140a.jpg
前室になります。袖石がありますが正面から撮れなかった(撮り忘れた?)ので後から
IMG_5268a.jpg
後室へは入れません。宗教施設ですから。
IMG_5260a.jpg
床面は改変されてますが巨石を用いた玄室、奥壁には仏様(中が阿弥陀如来、左右が観音、勢至両菩薩)が彫られてます。
すばらしい。
普段ならここで満足して帰ってしまうところですが、今回はスペシャリストが同行してくれてます。
後室の袖石にも
IMG_5264a.jpg IMG_5263a.jpg
左右それぞれに仁王像が彫られてます。
気が付きませんでした。

余談ですが、このお寺には赤穂浪士四十七士のお墓があります。

史跡探訪(九州) | 21:09:58 | Trackback(0) | Comments(0)
また今年も九州へ
先週末、九州へ行ってきました。
今回は熊本の八代市と天草方面と福岡市です。

まずは小鼠蔵古墳群です。
ここへ来るのは3回目、過去2回はなぜか近くへ行くと雨が降って断念しました。
今回は一人ではじゃないので、運気もUP? 雨は降りませんでした。
冬にしては暖かい1日で花粉が飛びまくり、花粉症がきつい!

IMG_5091a.jpg
この山頂に古墳があります。
登るにはいろんなルートがありそうですが、正攻法で登ります。
とは言ってまともな道ではありません。
おまけにこの時期でも緑々してるから大変。
なんとか登りきって、尾根筋を歩くと1号墳発見!
IMG_5056a.jpg
石室上部が開口してます。
覗いてみましょう。
DSCN3112a.jpg
石障を3室に分けてような構造?箱式石棺?
中に入ってみます。
DSCN3103a.jpg
DSCN3120a.jpg
赤色が結構残ってます。

3号墳を探します。
西側にあるのですが、道がありませんでしたので切り開きました。
IMG_5088a.jpg
箱式石棺です。
円紋が掘り込まれてます。

1号墳は得意な石室で、3号墳は装飾石棺ですが、難しいこと苦手なので
蕨手さんのリンクにある「装飾古墳今昔紀行」を見て下さい。
このあとの分もこちらで見て下さい。


史跡探訪(九州) | 22:40:28 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。