■カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

富津市:西谷古墳
2月4日に行われた富津市の西谷古墳の現地説明会

DSCF3305a.jpg
明治に調査され横穴石室から13体分の人骨が検出されてます。
今回は道路工事に伴い記録保存のために調査されました。
IMG_5581a.jpg
IMG_5575a.jpg
房州石の狭い石室
DSCF3292a.jpg
残存していた3枚の天井石

IMG_5593a.jpg
出土品:説明前の状態

DSCF3288a.jpg
説明を聞いた後、もう一度覗いてみると、横瓶が割れてます。
この状態で出土していたんです。

ここの石室は富津市が移築を計画しているそうです。
内裏塚古墳群ではまともな状態でみれる石室はありませんので、計画倒れにならないことを祈ってます。


スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 22:25:41 | Trackback(0) | Comments(0)
☆ぐっさんへ、昼飯大塚現説資料
DSCF5075a.jpg
(画像をクリックして大きな画面で見て下さい)
築造時期は4世紀末となってます。
大垣市のHPに過去の現説資料がアップされてますが最近のものはまだのようです。

余談ですが、大垣市のHPにこの前の現説の写真がでてました。
そこには私が写ってました。

史跡探訪(東海・北陸) | 23:01:50 | Trackback(0) | Comments(2)
さきたま古墳群の鉄砲山古墳現説他
2月19日、埼玉へ出動!
鉄砲山古墳の現説です。
前日は東京へ行ったの泊まろうかとも思ったけど、時間がかかるし行動範囲が限られるのやめ。
いつもの圏央道経由で行けば距離も短いのだが、問題は富士山の麓を通らなきゃいけない。
天気予報をチェックして、雪は大丈夫そうなのでバイクで出動しようかと思ったけど寒そうなので車にしました。
正解です。
富士宮を抜けて河口湖までがめちゃ寒い。
行きは-7℃、帰りも遅くなってしまったので-5℃、寒すぎ。
遅めに出発したつもりでしたが、早めに着きそうなので帰りに予定していた吉見百穴に寄り道。
DSCF4611a.jpg
ここは珍しくお金を払わないと入れません。
しかし、ありがたいことに8:30開園です。
9:00に到着したらもうお客さんが居ました。
ひさびさにきたいのですが、意外な発見がありました。
敷地内に埋文センターがあって展示室があるのですが。百穴の出土品はお土産屋さんに展示してあります。
IMG_6674a.jpg
IMG_6667a.jpg
いや~、前来た時にはまったく気が付きませんでした。

本題の鉄砲山古墳
埴輪列が見つかったとのことで、奥の山古墳の時のように墳丘に登れるのかと思ったが
DSCF4662a.jpg
上の方に鏡があります。
今回は登れません、埴輪は下から鏡越し見るスタイルです。
DSCF4694a.jpg
今回は5個見つかってるはずですが、4個しか見えませんね。
向きを変えてみました。
DSCF4697a.jpg
ちょっと分りにくいのですが土の中から側面がちょこっと出てます。
あとは、埼玉県立さきたま史跡の博物館のHPに現説資料が出てますのでそちらを見て下さい。(いつまで公開してるか分りません)

このあとさきたま古墳群を見て廻って、FINEPIX F600EXRの360°パノラマを試したけどうまくいかない。
この機能がいいなと思って買ったのに難しいね。
最近ソニーも360°パノラマできるようになった様なので買い換えたい気分。

あとはどうするか?吉見百穴は行ったし、コストパフォーマンスをあげる為に群馬県の太田市まで足をのばすことにした。
スマホがあるので場所探しも簡単かと思ったが、ブラウザの問題か?サイトによってはうまく見れないんです。
タブレットPCが欲しくなるな。

それでもいくつか有名どころを見みならが、渋滞覚悟でお富士山古墳まで行っちゃいました。
ここに長持型石棺があるのですが、保護施設がありアクリル板で囲われているので反射でうまくとれない。
今回はCPLフィルターをつけたからどうかと思っていったけど。
失敗、フィルターでも駄目でした。
DSCF5057a.jpg
おまけにアクリル板のキズが増えた気がする。
掃除の仕方がまずいんじゃないの?
この日は後の予定がないので17時までがんばってしまったが、案の定、関越道で渋滞にはまりました。
しょうがないね。



史跡探訪(関東・信越) | 22:35:05 | Trackback(0) | Comments(0)
雪で惑わされる
今日は千葉・東京の博物館めぐりの予定でした。
高速バスの切符も買っちゃいました。
日を追うごとに現説の発表されてまして、京都・奈良で1日で4箇所現説が行けそうになりました。
でも効率悪いし疲れるし日曜日は埼玉の鉄砲山古墳の現説があるしお金もきびしいので諦めようかと思ったけど
まあ坊さんのブログで「前期古墳現説祭り」のワードを見た瞬間、やばい脳内スイッチが入ってしまいました。
バスの切符代はもったいないけどバイクで行くことにしました。
今朝はちゃんと早起きして、準備して出かけようとしたときに天気予報を確認することを思い出しました。
見てみたら、あちゃー!
京都はアウト!、奈良も雪は朝だけのようだけど鈴鹿あたりからやばそう。
だめだこりゃ!
時間を見たら、まだバスに間に合いそうなんであわてて予定変更。
バス停に向かう途中、高速道路情報で御殿場周辺で除雪の為渋滞してそう。
多少遅れても行くしかなかいか、バスに乗り込んでみた。
御殿場周辺では渋滞はなかった、だいじょうじゃんと思ったら首都高で渋滞。
高速を降りて皇居周辺を走ってるときに日影に雪が残ってる。
雪を乗せたまま走ってる車も結構いたので東京も雪が降ったのかと思った。
東京から千葉へ総武快速で向かったのだけど、途中外を見てると屋根が真っ白だった。
結構降ったようだね。
雪の影響かわからないけどダイヤが乱れているみたい。
途中の停車駅で「先の電車が点検の為しばらくここに停車します、お急ぎの方は各駅停車にお乗換えください」
てなことを言ってたので乗り換えることにした。
各停のホームに着いたら快速が動き出してたよ、だまされた。
東京に戻るときもダイヤの乱れで乗り継ぎ失敗するし、も~!
千葉市中央博物館へ行ったのですが、千葉駅からバスで行くのですがバス停からちょっと歩かなけらばならない。
ここの歩道も凍っている危なかった。
この後、明治大学博物館、東京国立博物館、
東博では講演会をやっていて拝聴しようかとも思ったけどやめて國學院大學博物館へ行ってきました。
東博は新展示があるので行ったんですけど、そのうちのひとつ。
IMG_6429.jpg
家型陶棺ですが、これだけじゃありませんよ
IMG_6420a.jpg
装飾陶棺なんです。

日記 | 22:19:21 | Trackback(0) | Comments(0)
雪古墳2012
2月5日 岐阜県大垣市の昼飯大塚古墳の現説へ行って来ました。
午前中の部へ行ったのでまだ雪がだいぶ残ってました。
DSCF3553a.jpg
DSCF3589a.jpg
DSCF3563a.jpg

ついでに大塚1号墳
IMG_5650a_20120216223919.jpg
なにやら工事をしてます。
聞くとフェンスと表土の入れ替えをするそうです。

大塚2号墳
IMG_5653a.jpg

ちょっと近くの古墳を見てきました。
粉糠山古墳
DSCF3594a.jpg

堅田古墳
DSCF3614a.jpg

若宮古墳
DSCF3690a.jpg
他もちょっと見てきたけど雪が残っていて近づく気にはなれませんでした。

史跡探訪(東海・北陸) | 23:23:42 | Trackback(0) | Comments(2)
鹿児島の旅のまとめ
最近デスクワークはさぼりぎみで、ネタが溜まってしまう。
フィールドワークは思うようには行かないものの、ぼちぼちやってます。
2週続けて千葉の富津市へ行ったりしてました。
今回は昇寛さんのおかげで良い物が見れました。
まあ、体力不足で消化不良になってしまったところもあったけど、いい日でした。

二原遺跡の件でひとつ書き忘れた。
保護施設は普段はお役所にお願いしてあけてもらわなければなりませんが、昨年の秋より毎月第3日曜日に公開になりました。
時間は午前9:30から午前11:30までです。
行かれる際は念のため、小林市社会教育課文化財グループに確認することを勧めます。

本題です。
今回は珍しく早めに計画を立てましたので安い切符が買えました。
日曜日の朝一のソラシドエアーの便にしました。
前日に新幹線で品川にでて蒲田に泊まりましたが、それでも新幹線で行くより安い。
蒲田には何年か住んでいたことがありますが、あまり変わり栄えしないですね。
京急蒲田駅の高架化は終わっているかと思ったがまだのようですね、同じ行き先なのにホームが1階と2階に別れていて紛らわしいね。

鹿児島空港に到着してスカイ氏とべんがらさんと合流
各所廻って、食事はべんがらさんにご馳走になりました。
宿は温泉の宿泊施設、温泉に入れて安い。
難点は温泉に入る為に一旦、外へでなければならないところ。
2日目
DSCF2751a.jpg
宿の玄関でお迎えを待つ時にストーブのそばにいた猫
ものそごく気持ち良さそう、自分も猫になりたい気分だった。

高速道路の料金所でこんなものを配布してました。
DSCF2776a.jpg
なかなか、良いサービスです。

最後に嘉例川駅に寄り道
DSCF2873a.jpg
DSCF2877a.jpg
建物は明治に建てられ物、ノスタルジック~!

帰りはスカイマークで羽田まで。
ケチって高速バスで帰る手もあったのですが、新幹線で帰りました。
こだま号にのるからわざわざ指定席を取る必要ないと思ったが大間違い。
めちゃ混んでた、なんとか座れてよかった。
鹿児島へ新幹線+飛行機で往復しても、福岡へ新幹線で往復より安くすんだ。
早めに計画すればいいんだけど、なかなかうまくいかない。
今月末に熊本へ行こうかと思ったけどだめそう、怖くて格安切符は買えないよ。

ベンガラさん、今回は大変お世話になりました。
お礼申し上げます。

日記 | 20:34:33 | Trackback(0) | Comments(2)
地下式横穴墓(その2)
宮崎県小林市:二原遺跡公園(東二原地下式横穴墓群)
全国で唯一地下式横穴墓が見学できるということで、いつかは行ってみたかったところです。
DSCF2828a.jpg
15基の地下式横穴墓が見つかっていて2基見学できるようになってます。
見学できると思っていきなり行っても窓から覗くだけ、今回はベンガラさんが事前にお役所に連絡してくれていたので中を見学させていただきました。

11号墓
DSCF2777a.jpg
DSCN6417a.jpg
うまい具合に玄室の天井部をあけてあります。
DSCN6418a.jpg
人骨はレプリカです。4体見えますね、壁面も赤く塗られているのが分ります。

DSCN6424a.jpg
違う方向から見るともう1体ありました。
奥壁は棚状になってますね。

8号墓
DSCN6437a.jpg
玄室がそっくり残ってます。

DSCF2807a.jpg
DSCN6432a.jpg
DSCF2809a.jpg
ここも赤く塗られていて家型になってます。
ここからは3体の人骨が見つかってます。
右側の側壁棚(下写真)には直刀がおかれてました。

ここには円墳も1基あります。
DSCF2822a.jpg
未調査とのことですが、特別な人の為の墓かも?

地下式横穴墓の特徴として、金属製品(刀、鏃など)は副葬品とて見つかるが土器類がなかなかでてこないそうです。
立小野堀遺跡でも、竪坑の上から少量でてくるだけなので盛土の上に置かれていたのではないかと見られてます。



史跡探訪(九州) | 21:42:42 | Trackback(0) | Comments(0)
地下式横穴墓(その1)
地下式横穴墓は南九州(宮崎県から鹿児島県の大隅半島あたりかな?)にのみ分布する古墳です。
名前の通り地下にある横穴墓です。
DSCF2756a.jpg
よくある模式図では盛土が書いてありませんが、上写真の説明用レプリカのように掘り出してあまった土で盛土を作っていた所もあるようです。

地下式横穴墓は見れるところが少なく、今回はベンガラさんのご尽力により立小野堀遺跡の発掘現場を見学させていただくくとになりました。
期待して行ったのですが残念ならが雨でした。
調査は休みでしたが、それでも数基見学させていただきました。
DSCF2763a.jpg
100基以上見つかっていてそれぞれテントで保護されてます。

29号墓
DSCF2758a.jpg
真ん中が竪坑で左右に玄室があります。
これは珍しい。

DSCF2768a.jpg
DSCN6393a.jpg
DSCN6388a.jpg
DSCN6402a.jpg
普通のタイプ
玄室は横長です。

これだけたくさんあって切り合いがないそうです。
やっぱ盛土で位置の確認をしていたのではないのでしょうか?

ここで、近くで見れる地下式横穴墓があることを教えていただきました。
大崎町の鷲塚古墳です。
DSCF2771a.jpg
保護施設がありますが、だいぶ年季がはいってますね。
なかをのぞくと
DSCN6407a.jpg
なんだかわからない状態となってます。





史跡探訪(九州) | 22:45:15 | Trackback(0) | Comments(0)
静岡:丸山古墳石棺蓋
今日は静岡市埋蔵文化財センターへ企画展示を見に行ってきました。
毎度の外にある丸山古墳の石棺を状態を確認しました。
IMG_5739a.jpg
蓋にビニルシートがかぶせてありました。
IMG_6077a.jpg
前の状態、屋根もなく徐々に風化しているようで気になっていましたがとりあえず処置をされたようです。
センターの方に真相を聞こうかとしましたが、今日居た方はガードマンの代わりの様なもんで話しになりませんでした。
静岡県内では見ることができる数少ない石棺のひとつなので、早く再度展示してもらいところです。

静岡探訪 | 23:09:29 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad