■カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

関西のマイナーな? 石棺 
マイナーと言ってもネットで検索すると結構でてきますが、有名サイトには出ていない石棺を紹介します。

京都大学総合博物館に長持型石棺に展示してありますが、他にも八幡茶臼山古墳の石棺が文学部の中庭にあると聞いていたのですが、大学には入りにくいと思って行ってませんでした。
でも、大学って意外とフリーに入れることが分ったので探してみました。
事前にグッグって、写真地図であたりをつけていたのですぐ見つかりました。
ちょうど総合博物館の裏側、旧展示室の前にあります。

P5190022a.jpg
阿蘇凝灰岩ですが黒石で舟形の刳り貫き式です。

もうひとつ
P5190039a.jpg
徳島市の論田小学校付近出土の箱式石棺

京都国立博物館の屋外展示にも石棺がります。
IMG_9485a.jpg
岡山県長船町(現瀬戸内市)出土石棺
竜山石製で小型ですね。
これを見るために1300円は大出費、京都市内で駐車場があるのはありがたい。

大阪府四條畷市、国中神社の石棺蓋
P5190225a.jpg
P5190228a.jpg
竜山石製です。
資料館で情報getしたのですが、帰ってきて調べたら身は正法寺にあるらしい。
このへんはもう終わりにしたかったのに、もう一度行かねばならんと思ったけど過去に行ってたよ。
IMG_7926a.jpg
もう記憶から消えかけてたけど、蓮を見て思い出しました。
グッグってると身と蓋は別物とあったりすけど、材質は同じようです。


大阪市四天王寺の石棺
IMG_9572a.jpg
宝物殿の前にある長持形石棺の蓋石
竜山石製?
もうひとつ、南門の前にある熊野権現礼拝石
P5190309a.jpg
これは阿蘇ピンク石、石棺材だと思うが。

この前、予定したけど行けなくなった誉田八幡宮の石棺財
昔、石材は見た記憶があったけど、スカイトレッカーさんの古跡探訪の長持形石棺材の記事を見て行きたくなったけど中止せざるえなくなったので、過去の写真を調べてみた。
あった。
P1020409a.jpg
P1020406a_20120528214845.jpg
この二つが石棺材のはずなんですけど、アングルが良くないね。

P1020411a.jpg
これは竪穴石槨の天井石と言われてるもの?

P1020414a.jpg
水に浮かぶ石材は竜山石
あるサイトには竪穴石室の天井石と書いてありましたが、大きさからも石棺材じゃないかと思う。

ついでに長持形石棺についてもうひとつ
奈良県天理市にある中山観音堂石棺仏
IMG_0938a.jpg
これも長持形石棺の長辺側石です。
突起が残っているはずですが、埋まっているようですね。

スポンサーサイト
史跡探訪(関西) | 01:04:44 | Trackback(0) | Comments(0)
あやしい石棺?
兵庫県たつの市の長尾薬師塚古墳へ行く為に三寶荒神社に向かったのですが、間違えて岳神社へ行ってしまいました。
そこで怪しい石材を発見!
IMG_8255a.jpg
加工された跡があります、う~ん。
P4150139a.jpg
(京田辺市:堀切6号横穴石棺)
この石棺の蓋石に似てないか?いや似てないか、でも石棺っぽいな。

たつの市歴史文化資料館の前にある箱式石棺
IMG_8456a.jpg
説明板なし、どこの物か資料館で聞けばよかったのだけど不愉快な思いしたので聞かなかった。
知ってる方がいらしたら教えてください。

大阪府枚方市の光善寺に走谷堂山古墳の石棺があるとのことで行ってみた。
これ?
P4150374a.jpg
お寺の方が居なかったの確認できてません。

神戸市埋蔵文化財センターの前にある石棺
P3310035a.jpg
どこの出土か聞いたけど忘れてしまった。



史跡探訪記 | 22:38:27 | Trackback(0) | Comments(0)
日本最北端の長持型石棺と
とんでもないところに長持型石棺があるんです。
数年前に存在を知り、東北大学にあることは分かっていたんですがどこか分らない。
最近見たことがある人に会ったので聞いてみたがはっきりした場所が分らない。
大学に電話して教授?に場所を教えてもらったがだけど、片平キャンパスの考古資料展示室の外あるとのことがそんな建物はあるの?
とにかく行ってみた。
見つけました。
文化財収蔵庫の外でした。
IMG_9308a.jpg
IMG_9312a.jpg
レンガつくりの建物が目印です。(ただ地震の影響で屋根が崩れれいるようで周辺は立入禁止になってます)

名取市の経ノ塚古墳からの出土したもので、たぶん収蔵庫にはここから出土した埴輪や櫛や刀が仕舞ってあるのでしょうね。
長持型といってもなにか違うね、普通は凝灰岩製が多いと思うのだがこれは粘板岩製。
亜種になるらしい。
亜種としては
IMG_5746a.jpg
これ、静岡の丸山古墳の石棺も長持型石棺の亜種らしいのだが?

経ノ塚古墳を見に行ってみよう。
場所は仙台空港の近くです。
津波被害を受けたところです。
仙台東部有料道路を降りてみて、道はしっかりいてるけど周囲は土色。
ちょっと走ると道の脇に漁船が残ってます。
何艘かありましたね。
P4290986a.jpg
周辺の古墳を見て経ノ塚古墳
P4291012a.jpg
周辺がさっぱりしてます。

岩手県から宮城まで山陸部ばかりだったので高速道路以外ではあまり震災を被害を感じませんでしたが、
最後にきて、被害のすごさを実感しました。
瓦礫の山を見ると被害を受けていない地域で力を貸すしかないのではないかと思う。
島田市で瓦礫の中からコンクリートの固まりが出てきたので焼却中止したとニュースになってるけど、そんなもん
かわいいもんだよ。
もっとすごいことになったことがあるよ。
さておき、今自分としては小額の寄付ぐらいししかできませんが、東北のみなさん頑張りましょう。

史跡探訪(東北) | 21:15:57 | Trackback(0) | Comments(3)
トホホな関西
今年はツキがないな、トラブルばかりだな。
先週末、夜行バスで大阪・京都へ行こうとしたけど出発寸前で行けなくなりました。
今週は高井田横穴群の公開と合わせて古市古墳群を廻ってみるつもりでしたが、京都で現説がありましたので
予定変更
まず土曜日、京都大学と国立博物館へ行き、大山崎町の白味才西古墳の現説に参加
P5190092a.jpg
ひさびさに小規模な現説でした。
交野市→寝屋川市→四条畷市→大東市→東大阪市→八尾市→藤井寺市と下っていく予定
寝屋川では第2名阪の横や上に遺跡がいくつか復元されてます。
P5190163a.jpg
P5190192a.jpg
上の2枚の写真、違うものなのですが分りますか?
上は太秦古墳群の小方墳
下は高尾遺跡の方形周溝墓
説明板がなければ違いが分りません。

大東市で4時半すぎてしまったので、宿泊先を探すと四条畷市しかない。
明日にして、四天王寺と門真市の古墳を見てホテルへ行きました。
高い割りには設備が古い、部屋は広いけど14インチブラウン管テレビ
損した気分、なので明日は出来るだけ頑張ろう。
朝、早めに出発、東大阪市をさまよい始め、9時すぎにバイクに異変が発生。
とりあえず郷土博物館まで行って、駐車場でいじってみるが無駄
山畑2号墳を見て、撤収
とりあえず、走れるけど一般道は出来るだけ避けたいのですぐ高速に乗る。
予定では奈良から名阪国道を通って帰るつもりだったのだが、阪神高速→近畿道→第2名阪→名神高速と走ったのので予定以上に金がかかちゃった。

新東名を走ったのですが、相変わらずSA・PAは混んでますね。
給油の為、浜松SAに入ったけどかなり混んでるのでお店へは行きませんでした。
次の森町PAに寄りましたが、バイク置き場にベンツが鎮座していてバイクは歩道に置いてました。
諦め次の掛川PAに入りました。
バイク置き場は開いてました。
P5200553a.jpg
建物は普通ですね。
昼飯を食べようかと思ったのですが、座るところがない。
ちょっと待てば空くのでしょうが、待てませんのでコンビ二へ行って外のベンチで昼食
目の前の自動販売機に新東名限定のお茶があるではないか、
P5200552a.jpg
コンビニでお~いお茶を買ちゃったばかりなので今回は買いません。
次回、買ってみましょう。

6月に九州へ行こうかと思ったけど、今月は予定以上に出費が多いしトラブルが多いからやめとこうかな。

日記 | 23:35:23 | Trackback(0) | Comments(0)
元日本最北端の装飾古墳
宮城県大崎市の山畑横穴群
P4290853p.jpg
(写真をクリックして見て下さい)
昭和47年に土砂取りで装飾横穴が発見され、この部分だけ残されました。
昭和48年に国指定史跡になってます。
装飾は6号、10号、15号の3基あります。
写真の左側のどれかが15号らしいです。
IMG_9299a_20120517224221.jpg
このあたりか?
右側のビニルシートがかぶっているところは史跡公園として整備する為の事前調査しているところだそうです。
現物はみれませんが展示室にレプリカがあります。
IMG_9230a.jpg
前に来た時は閉まってして見学したい方は電話してくださいと書いてあったので電話したけどだめでした。
今回はネットで確認して念の為、役所に確認したら休日でもインターホンで管理人を呼べば明けてくれるとのことでした。
行ってみると入口が開いてました、行くかもと言っておいたので開けてくれてるのかな?
入ってみたけど展示室は鍵が掛かってます。
インターホンで管理人さんに連絡したらすぐ来てくれました。
一安心
15号墓レプリカ
P4290859a.jpg
IMG_9289a.jpg
IMG_9279a.jpg
P4290865a.jpg
P4290875a.jpg
格子状のラインと奥壁に円紋があります。
なかなかの出来です。
10号墓の図柄
IMG_9238a.jpg
これもレプリカを作って欲しいね。


史跡探訪(東北) | 22:52:15 | Trackback(0) | Comments(0)
日本北限の装飾古墳?
宮城県にはいくつか装飾古墳があります。
その中で湧谷町の追戸横穴墓群のA2号墓が彩色装飾があります。

P4290816a.jpg
玄室床面が赤く染められ、羨道側面にラインがあります。
P4290818a.jpg
保護施設で守られてますがガラス越しに中を見ることができるはず。
その前に映像説明ブースを見ようとしたが、震災の影響で止めてると張り紙がしてあった。
しょうがないね。
それでは装飾を拝みましょうか。
人感センサーで内部照明がつくはずがつかない。
これもしょうがないね。
IMG_9141a.jpg
中は苔、雑草、白カビ、どうなってんの?
いつから、この状態なのか分りませんが、竣工時は苔などないはずと思う。
どうも電源が映像説明ブースだけではなく、全部切られているようだ。
そのため墓室内の温湿度管理が出来ていないのではないのか?
こりゃ大問題ではないのか?
文化庁が装飾古墳の一斉点検をするらしいが、ここも早く確認してもらいたい。
さらに困ったのが2重ガラスのようでうまく撮影できない。
IMG_9136a.jpg
これなら拡大すれば側面のラインと奥壁下部の朱が見れる。

ついでに、高松塚古墳壁画修復施設公開について
小学生向けの施設公開時には写真撮影がOKになってた。
それならば、春の公開時にバシバシ撮影してやろうかと思ったら中止だって。
理由は予算がないことと、予約をしても来ない人が多くなったからだって。
人が来ないのはアピール不足と公開方法に問題あるんじゃない?
予算がないのなら予約制をやめてフリーにして有料にしたらどうだろうかね。



史跡探訪(東北) | 21:03:45 | Trackback(0) | Comments(1)
たつの市:権現山古墳群
「古墳のお部屋」でたつの市:権現山古墳群がアップされてるので私も少々。
仮称:北群です、積石塚古墳があると言うので行ってみました。
皇子神社の裏か登っていくと突き当たりにでます。
ここを左に行くと50.51号墳方面に行きますが、右へ行へ行き頂上めざして登ります。
途中で1基、藪の中に石室がありました。
P4080596a.jpg
P4080601a.jpg

途中、岩場にでて道がなくなったりしますが何とか頂上まで登りました。
この辺に大きめな円墳があるはずですが見当たりません。
あきらめ東側へ下っていきます。
お目当ての積石塚の7号墳を目指します。
P4080616a.jpg
ここのはずですが積石塚かは分りません。
さらに下っていくと
道の途中に
P4080619a.jpg
箱式石棺かと思います。
P4080629a.jpg
石室跡?

他にもあやしいところがいくつかありました。
まともに残っているところはなさそう。
このまま下っていくとデンジャラスゾーンに突入。
下りだからまだ良かったけど、登りだったら大変なとこだったよ。
最後は皇子神社の横斜面に降りてきました。

アバウトな分布図でしたがスマホのGPSで確認しながらなんとか行けましたが
東・西群(ちょっとしか見てませんが)は森の中ですが、北群は薮だらけなので古墳探索は困難です。


史跡探訪(関西) | 00:28:38 | Trackback(0) | Comments(2)
GW後半戦
昨日からお休みです。
GW後半戦の始まりです。

今年のGWは鳥取・島根を計画したけどあっさり予定変更になったので前半で岩手へ行ってしまったので後半はお金がない。
北信から南信までツーリングを楽しみなら古墳めぐりをしようかと思ったら。
実家から連絡があり、4日に愛知県へ行くことになった。
ただでは行かんよ、大口町、犬山市の古墳を見て、岐阜の各務原まで足を伸ばした。
犬山では石棺情報を入手したので行ってみたが......
帰りは早めに帰ったの大した渋滞にはまらず助かった。
今日は南信を目指す。
5日は中川村の歴史民族資料館が特別に開館すると聞いたので行くことにした。
ネットで六万部古墳の存在が確認できたが場所がイマイチわからないので情報集もかねて。
9時開館にあわせて行きたいとこだが、寝坊した。
近くまで来たのが9時半
止められました。
原因はこれ
P5050061a.jpg
マラソン大会。
スタート地点が資料館の前だった。
別の道を行こうとしたけどそちらもだめだって。
1時間、いや30分待てば通してくれると言われたので待つことにしたのだけど、あれ歩行者は行けるじゃん。
歩いて行く事になった。(交渉中、こいつら頭悪いなと思ったけど、文句を言わずがまんしたよ)
そもそも、役所に電話で開館日と時間を確認したときに言ってくれればいいのにな、不親切。
P5050022a.jpg
これを見たかった。
村内に六万部古墳のほかにも現存古墳があるようなので探してきた。
このときも、マラソン大会がからんで面倒だったね。
六万部へ行くに面倒だったね、目と鼻の先に入口の看板があるのに知らないと言い遠回りしろと言うから腹がたつ。
松川町の資料館(図書館の2階にある)へ行く。
甲信越の資料館へ行くと縄文式土器や土偶が面白い。
それを目当てで行って見たら町内にも古墳が存在することが分った。(ネットではまったく見つからなかったのに)
図書館で資料を探すがはっきりとした地図はない。文章が頼りなんだけど読解能力が低いので心配だな。
ほかの地域の資料もコピーをしようとしたけど、一人 1日 10枚までだって。
その代わり無料。
有料でいいからもっと撮らして。
町内で主な4箇所見つけられた。
P5050166a.jpg
石室もあったりして。

次は豊岡村
ここの古墳は場所がわかっているで探しながら資料館へ行く。
資料館が空いていない?
土曜日は開館日のはずだが?よく見ると5月5日は臨時休館だって。
電話したときはそんなこと言ってなかったけどな。

やる気がなくなったよ。
高森町、飯田のマイナー古墳探しはやめだ。
バイクツーリングモードに切り替え。
152号線へ行きたいとこだけど、給油が必要だったので飯田市街で給油して151号線を南下
途中、県道に入って山道を楽しむ。
思ってた以上に整備されて物足りない気もするが、楽しみすぎると疲れるからこれくらいでいいかな。
愛知県設楽郡東栄町を目指します。
ここで大森古墳をみる。
P5050247a.jpg
たいした古墳ではないけど古墳なのでチェックしなければ。
場所が場所なんでなかなか行く気にはならない。
大森古墳があるのは花祭会館、民芸館、博物館があるところです。
折角なので博物館に入ってみたが大失敗でした、興味なしです。

東栄町に来た本来の目的は三遠南信道路を走ってみたかった。
引佐JCから新東名に入ります。
SA・PAはどこも混んでますね。
バイクなんでどこでも入っていけるとは思うのですが店やが混んでるのはやだな。
一番空いていそうな藤枝PAに入りました。
P5050253a.jpg
建物は宿場をイメージしたんでしょうか?
今日は渋滞にはまらず帰ってこれました、GodJob!
明日、体を休めつつ写真せいりかな。

日記 | 23:23:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad