■カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長野県をドライブ
先週の土曜日、福井と奈良で行きたい現説があったけど金欠なのでがまん。
会社の若い衆が松本城へ行くと言うので便乗させてもらった。

男3人旅のスタート、まずは白馬村へ向かいます。
PA270008a.jpg
長野オリンピックが行われたジャンプ台

次はどこへ行く?どこでもいいですよ。
う~ん、スマホで名所をチェック
大峰高原七色カエデに行きなさい。
PA270018a.jpg
PA270021a.jpg
混み始める前に着けて良かった。

次はちょっと早いけどそばを食べに行きましょう。
山形村の唐沢しょば集落を目指します。
ここで、運転を頼まれました。
人の車を運転するのは怖いけど、ちょっといい車も運転してみたいのでOK!
山を下って、しばらくしたら静かになりました。
二人とも気持ち良さそうに寝てる。
静かに運転してあげないとね。
山形村に入って昔着た事がある気がした。
そうだ竹田穴観音古墳を見に来た。
石室が開口していると思って行ったら土嚢で塞がれていたとこだ。
そんなことを思っていたら、唐沢の集落に到着。
9軒のそば屋さんがあり、どこに入る?
決まりません、一通りみて車が一番多く入っている店に入ることにした。
まだ、お昼には早い時間だったようで、どこもガラガラ。
2台車が止まっていた、根橋屋さんに決定。
ひさびさにまともなそばを食べました。
のんびりしてたら混んで来たので退散。
外に出たらどこも駐車場はいっぱいでした。
ここも良いタイミングで入れました。

次は目的の松本城
駐車場に入るのに2台待ち、その間に後ろがえらく繋がってました。
またまた、goodタイミング。
IMGP0956a.jpg
IMGP0952a.jpg
IMGP0949a.jpg
IMGP0941a.jpg
IMGP0945a.jpg
いつ見ても美しい。
天守閣に登ったのですが、中は渋滞。
現存天守閣の階段は狭くて急なんでね。
最後に月見櫓から出たら、天守入口に長蛇の列。
またまた、いいタイミングで中に入れた。
残念なのが、北アルプスが雲で見れなかった。

次をどうするか、諏訪の高島城を見に行こうとしたけど道路が渋滞して止め。
帰りましょう。
いつもなら、このまま家までぶっとばして帰るのですが、諏訪湖SAで休憩。
このSAに入るのは初めて。
PA270035a.jpg
SAからの諏訪湖

このまま自分が運転して帰っても良かった、ドライバーチェンジをなった。
しばし睡眠をとる。
晩飯に若い衆の行きつけ鉄板焼き屋へ行った。
スープ仕立ての豚骨が絶品。

Good Dayでした。


スポンサーサイト
日記 | 21:25:06 | Trackback(0) | Comments(2)
福岡県筑紫野市:五朗山古墳
今回で3回目のチャレンジ
いつでも事前予約で見れるので、当初は予定してなかったけど、今年は良く見えると情報を得たので行ってみました。

IMG_3794a.jpg
麓の古墳館にあるレプリカ
今回は入りませんでしたが、実に良いレプリカです。
奥壁だけでなく、全体の装飾が石室内に入って見れるのがすばらしい。

本物は
IMGP0542a.jpg
毎度のガラス越しに遠くに奥壁が見えるだけ。

今回は望遠レンズでチャレンジしたけど、なかなかうまく写らない。
他のお客さんもいるので三脚を立てるわけにもいかない。

まともに写ったものを2枚だけ公開
IMGP0565a.jpg
馬と旗付近

IMGP0576a.jpg
黒いゆきと弓付近
もう一度チャレンジしたい。


史跡探訪(九州) | 20:06:17 | Trackback(0) | Comments(2)
福岡県筑前町:砥上観音塚古墳
ひさしぶりに登ってきました。
ここはいつでも入室できます。
IMGP0632a.jpg
奥壁と右袖石に装飾があります。

PA200668a.jpg
PA200638a.jpg
IMGP0651a.jpg
IMGP0641a.jpg
よく見えます、近づくと白カビが気になるす。

さて、左袖石には装飾はないことになってます。
念の為見てみましたが、やはり見当たりません。
1枚だけとってきた写真に薄っすら赤色が見えたので簡単な画像処理をしてみたした。
IMGP0657a.jpg
下に船? 上は人かな? よく分りませんが何かが描かれているのは間違いないと思います。

史跡探訪(九州) | 22:14:30 | Trackback(1) | Comments(2)
福岡県朝倉市:湯の隈装飾古墳
湯の隈装飾古墳
名前の通り装飾古墳です。
朝倉市のHPでは「奥壁と側壁の一部が彩色されている。しかし、風化のために肉眼では文様等はほとんどわからない。」とある。
でもでも、出来る限り見てみいので何度も来てる。

ここの石室は一般公開されていない。
PA200592a.jpg
ここから覗くしかない。
PA200581a.jpg
狭いので一般公開しないのかもしれない。

まず、後室玄門左側
IMGP0440a.jpg
(画像補正あり)
なんなのか良く分りません。

奥壁
IMGP0448a.jpg
下段に同心円紋3個、右側に同心円紋が1個あるように見えます。
その上ににも、もうひとつありそう。
左側中段に1個ありあそうな感じ。

左側を探ってみた。(写真をクリックすると大きい画像がでま。)
IMGP0461a.jpg
(画像補正あり)
木の葉のようなものと四角がでてきたよ。
なんだろうね

史跡探訪(九州) | 21:26:26 | Trackback(0) | Comments(2)
酔っ払いの主張
「装飾古墳31基で劣化確認 文化庁作業部会」の記事をみた。
金がないないなら、竹原古墳のように有料にしたらどうだろう。
ただ、管理人経費より収入のう方が少なかったりして。


「敦賀に古墳時代の横穴墓か 3基、全国でも異例の構造」という新聞記事をみた。
珍しい構造とのことだが、レーザー測量図をみると南九州の地下式横穴墓と同じではないかと思った。
南九州の場合は平地にあるが、今回は山中のようである。
10月27日に現説があるが、行けんな。
まあ、地下式横穴墓と同じ構造だとしても、敦賀で発見されたことは面白いと思う。

う~ん、眠い。


日記 | 22:10:39 | Trackback(0) | Comments(0)
酔っ払いのたわごと。
最近、部署は違えど七輪パーティーや鍋会に呼んでくれる後輩ができた。
基本、単独行動好きなんだけど。
呼ばれるとうれしいので、行っちゃうよ。
今日もいい気分。
富士山の先っぽが白くなってきて、冬が近づいてきたね。
こんな良い日が続くと反動が怖い。
そんあネガティブ考えはやめ、ポジティブにいかなきゃね。
で、夜空を見上げると唯一分る星座のオリオン座が見えない。
ちょっと、テンション下がるな。

もういっぱい酒を飲むか。


日記 | 21:34:10 | Trackback(0) | Comments(0)
2012 装飾古墳公開と唐津
今年も秋の装飾古墳一斉公開へ行ってきました。
この為に新しいカメラと照明を導入しました。
バカバカ撮りまくってたのでかなりの量で、困ったことにHDDの空きもない。
写真整理はちょっと時間がかかりそう。

今回は文章だけで旅の記録を書いておきます。

10月18日木曜日、仕事が終わってから最終の新幹線に乗り込みます。
今回は余裕で乗れました。
24時ごろ博多に到着、今回は博多駅前のホテルに宿泊
10月19日金曜日、朝一で博多駅にレンタカーを借りにいきます。
前に一度利用したことがあり、4階の駐車場に事務所があったはず。
事務所へ行ったら受付は駅の総合案内だって、失敗した。
出直して車を借りて、佐賀県の唐津市へ向かいます。
都市高速に入って、有料道路を通っていつの間にか西九州道に入ってました。
ナビにはでてないけど、1区間料金を取られるのかまた失敗したと思ったら無料でした。
10:00に古代の森会館で役所の方と待ち合わせなのですが、時間があるので谷口古墳の石室レプリカがある浜玉中央公民館へ寄ってみました。
残念ながら展示室は10時からとのことであきらめました。
まだ時間があったので玉鬘古墳を見て古代の森会館で展示を見て役所の方と合流
島田塚古墳、樋野口古墳、横田下古墳の石室に入室させてもらいました。
最後に谷口古墳の見学でしたが、残念ながら扉の鍵が壊れたようで開きません。
ここはレプリカがあるからあきらめがつきました。
浜玉中央公民館へ行きレプリカを見学。
こいつらの写真は公開するには申請が必要とのことなので、記事にはしません。
見てみたい方は連絡ください。
前園古墳へいったら、石室開口部は閉鎖さえれてました。
玄室上部が開口しているのですが、フェンスで囲まれ鍵がかかってました。
こんな状態と判っていたら、ここも見学申請したのに、あきらめて久里双水古墳へ行きました。
次は菜畑遺跡・末盧館と思ったらひとつ忘れてました。
葉山尻支石墓群、また前園古墳の近くまで戻りました。
ここに行く道が狭い、車へ入ってきちゃたけどバックも出来ないし、路肩が崩れてるところもあった怖かった。
こんな時はバイクなら楽勝なのに。
菜畑遺跡・末盧館を見て次は唐津城の予定でしたが、結構予定より早い。
唐津城は次回にして仕込みをしてある糸島市へ行く手もあるが、宿泊地の久留米市に向かいます。
ひさびさに浦山古墳、日輪寺古墳でこの日は終了。
翌日は急遽、筑後国造さんが同行してくれることになり、下馬場古墳からですがその前にマイナー古墳をちょこちょこ見て時間調整。
公開は9時からだったのですが、9時半か10時だと思い礫山古墳も寄り道しましたけど、これが失敗。
9時半に下馬場古墳に到着してしばらくしたらバスが到着。
久留米市主催のツアー客がどっと来ました。
混み合うので寺徳古墳に逃げることにしました。
寺徳古墳のあと前畑古墳をみて下馬場古墳に戻り、今度はだれもいません。
貸し切り状態です。
つぎはうきは市へ行きます。
珍敷塚古墳も公開になってますが、今回はパスして日岡・月岡古墳に向かいます。
まてよ、時間的に先ほどのツアー客とかち合うのではないかと思ったら、やっぱりいました。
今度は団体にまぎれこんで見学。
ここで、OBITOさんに遭遇。
五朗山古墳の装飾が良く見えたとの情報を得たので予定変更。
朝倉の狐塚をやめて五朗山古墳に向かいます。
途中、湯ノ隈装飾古墳と仙道古墳に寄り道して五朗山へ行きました。
もどることになったのですが、花立穴観音古墳を見学して焼ノ峠古墳でまだ時間があるので砥上観音塚古墳を登って、鬼の枕古墳の再検証して終了。
夜は蕨手さんも合流して楽しい時間をすごせました。
最終日、単独行動です。
なぜか朝4時前に目が覚めました。
早めに出発と行きたいとこですが、昨日の酒が残っているようで頭がすっきりしない。
テレビを見てたらまた寝てました。
それでも6時に出発です。
一気に宇城市まで行きます。
まず国越古墳と周辺の塚をみて鴨籠古墳へ行きます。
日が低く逆光になるし、草が夜露でぬれて足がびちょびちゅになるわ、分っているけどこの時期の早朝はつらい。
塚原平古墳を探すのだが、場所を特定できていなかったのでとりあえず第1候補の場所へ行くがない。
第2候補へ向かう途中で地元の方に尋ねたらまったく別の場所だった。
行ってみたら塚原1号墳でした。(昨日、蕨手さんから話を聞いていたところなのでラッキーでした。)
第2候補地付近に塚原平古墳はありました。
宇賀岳古墳に向かいます。
写真を撮るがうまくない、レンズを変える為に駐車場に戻ったら。
バスが来た、ツアー客だ!出直しすることにした。
松橋町付近の古墳を探索、2か所見つからない。
もどる途中でさっき松橋町の文化財マップをもらったのを思い出したけど、一旦宇賀岳古墳に戻ります。
見つからない2か所を尋ねると1カ所は現在市でも場所を確認できていない、もう1箇所は民家の庭にあるとのことであきらめ、宇城市内の古墳探索を続けます。
途中、宇土市の楢崎古墳があったので寄り道。
やばい、だいぶ予定をオーバーしてしまった。
あわてて城南町の塚原古墳群に向かいます。
お目当ては石ノ室古墳ですが、他の古墳もじっくり見てつもりでしたが時間がなく適当にみて井寺古墳に向かいます。
なんとか予定時間に到着
ここも予定より早く切り上げ、和水町の穴観音古墳へ行きます。
鍵を借りる為に手前の図書館へ行ったら開いてるとのこと、たしかに開いてました。
残り時間を考えると塚坊主へ行くか大坊・永安寺東古墳へ行くか石貫ナギノのへ行くか悩んで一斉公開の大坊・永安寺東古墳へ行くことにしました。
永安寺東古墳に行くとバスツアー客に遭遇、最後の組だったようでそれほど待たずに見れました。
大坊古墳へ行くと先ほどバスツアー客がいました。
あまり待つようならやめようかと思ったが、受付へいくと先に行って良い、階段の人の指示したがってくれと言うので登りかけたら、おばちゃんが「お兄さん順だから、下でまたなけきゃだめだよ」と呼ばれてしまった。
ちょっとムットしたけど仕方がない。
次に来たツアー客の方に聞いた話だと一般客を優先させて見学させてくれるはずだけど、あのおばちゃん達は知らなかったようだね。

4時近くなったのでこれで終了、新玉名駅に向かいます。
レンタカーを返すのですが周辺にガソリンスタンドが見当たりません。
一旦、駅レンタカーへ行って場所を確認しようかと思ったが、博多駅でもらった地図だと駅北口となってるけど見当たりません。
駅の中に入って探すと、総合案内所が駅レンタカーの窓口をかねているようですね。
ガソリンスタンドの場所を聞いて給油して駅にもどります。
ちょっとだけ時間があまったので南口に電気屋が見えたので行ってみたら建設中でした。
これで後は新幹線に乗って帰宅。

今回は行く途中でスマホがおかしくなっていつ壊れるか心配だったけど、何とか持ちました。
結果的にはSDカードがぶっ壊れたようです。
壊れかけのときは不安定だったのですが、2日目には完全に壊れて安定してきたみたい。

余談ですが、例の駅レンタカーのレール&トレインの価格ですが、元々の価格設定が変?
切符の割引がありますが、レンタカー代が通常のネット予約より割高になるみたい。
レール&レンタカーは免責料金込み表示で駅レンプランは免責料金は別表示、紛らわしい。
切符が割引になっても日数が増えるとレンタカー代で損するみたい。
11月からレール&レンタカー料金変更になるけど短時間は良いけど1日以上は割高になる。
よく確認しないと安いつもりが高くなる。
もうだまされないぞ、JRグループ駅レンタカーよ!



日記 | 12:54:17 | Trackback(0) | Comments(4)
帰還
帰りの新幹線の中、無事乗り込めました。
あとは乗り換えに注意するだけ。
非常に良い旅でした。


日記 | 18:09:34 | Trackback(0) | Comments(0)
移動中
博多へ移動中。
新幹線の中です。
暑くて、後ろのやつが座席を叩くので、ねれない。



日記 | 21:49:04 | Trackback(0) | Comments(0)
東京都狛江市:緒方小川古墳現地説明会
10月13日(土)、14日(日)に名古屋市の中社古墳の現説があった。
ぬかった、情報をキャッチできなかった。
14日(日)は午前中は用事があって、午後から東京へ行くのはどうかと思ったが行ってみた。
あわてて出かけたので、天気予報を確認せず、バイクにリヤBOXもつけず最低限の装備で出発。
途中で雨がぱらついてきたので、ここで天気予報チェック、にわか雨のようなので突っ切ります。
川崎に入る前にやみました。良し良し。
目的の緒方小川古墳に到着。
住宅街の片隅の現説、時間が遅かったからか、あまりアピールしていなかったのか空いてました。
20人も集まったらえらいことになりそうな現場でした。
IMGP0069a.jpg
PA140016a.jpg
PA140031a.jpg
複室構造の切石積石室です。
今後は保存されて、古墳公園になるかもしれません。
石室は埋めないで公開してもらいたいです。
10月21日(日)にも公開されます。

今週末は九州へ行きます。
金曜日は春に計画して中止した佐賀県へ、土曜日は筑後川流域の装飾古墳公開へ遠賀川流域へは時間があれば行くかも。
日曜日は熊本県内装飾古墳一斉公開の一部を廻ります。
なので今週末は他にイベントがないことを祈るのだけど。
21日に広島県福山市で「二子塚古墳フェスタ」があり、このときに石室が公開になるようです。

気になることがひとつ、昨年で第9回目となった別府市の「鬼の岩屋古墳祭り」
今年は情報がでてこない、今年はないのか?
ここも石室公開となるので今年は無理だがまた行ってみたいんだけどね。

史跡探訪(関東・信越) | 22:06:53 | Trackback(0) | Comments(1)
装飾古墳?
ちょっと前に岡山県の造山古墳の石棺から線刻が発見され装飾古墳に認定のような記事がでていた。
ならばこれはどうでしょう?

岐阜県各務原市の大牧1号墳の石棺
IMG_1201a.jpg

IMG_1187a.jpg

IMG_1214a.jpg
ちょっと赤いのが残っているのが分りますか?
石材の接合部分付近に朱が塗られていたようです。
IMG_1199a.jpg
蓋の底の接合部も塗られてますね。

史跡探訪(東海・北陸) | 23:21:30 | Trackback(0) | Comments(0)
JRと戦ってみた。
愚痴です。
怒りがおさまらない。
はけ口がないので書いてみた。



続きを読む >>
日記 | 19:48:01 | Trackback(0) | Comments(0)
天理市の古墳をちょっと
お盆休みの山陽遠征の最後は暑さに負けて最後は大きく予定変更で奈良県天理市へよりました。
井の端遺跡を寄り道して、木虎谷2号墳でさまよい、かなり時間がないのに大雨と雷でペースが落ちたけどなんとか天理市文化センターまでたどりつけました。

目的は小墓古墳の家型埴輪
P8180973a.jpg
こういうのを見ると、復元作業を行う人は想像力豊かだなと思う。

ついでに現地
P8180996a.jpg

さらについでに西乗鞍古墳
春ごろに立入禁止になったらしい、理由はネットのNews記事で分っていたけど現地確認
P8180985a.jpg
地主さんが変わったとたんに、こんなことになったようで、もう花見はできないのか?

史跡探訪(関西) | 21:59:30 | Trackback(0) | Comments(0)
兵庫県赤穂郡上郡町:井の端遺跡
上郡町では丸尾古墳で現地にある陶棺を見たかった。
おおよその場所は分っているが進入路が分らない、すぐ捜索中止。
そばに郷土資料館があるのでここで聞けば良いと思ったからだ。
資料館に入ってみたけど誰もいない、空調は節電の為か扇風機、ここで休憩したかったんだけどな。
展示室を眺めてると、井の端遺跡の展示があり公園整備されているようだ。
寄り道したくなってきた、これがあるからこの時は資料館は行かないようにしたんだけどね。
自力で丸尾古墳へ行き
P8180839a.jpg
陶棺をみる。
ここまで着たので井の端遺跡も行ってみるか
山野里にあるピュアランド山の里(たぶん温泉施設)の北側に7,8号墓、12号墳が整備されてます。
ピュアランド建設の際に調査されたようです。

8号墓
P8180846a.jpg
円形の弥生時代の墓、墳丘墓ですね。

7号墓
P8180851a.jpg
方形の墳丘墓で主体部は3箇所、木棺墓・竪穴式石槨・箱式石棺
P8180854a.jpg

箱式石棺
P8180856a.jpg
竪穴式石槨
P8180858a.jpg

奥に進むと12号墳
P8180865a.jpg
円墳です。

12号墳から下を眺めるとあやしい塚が見えた。
P8180870a.jpg
公園内にあやしい塚が3個
説明板は見当たりません、塚ばかりの公園というのはあやしいな古墳じゃないのか?
たぶんちがうだろうね。

史跡探訪(関西) | 21:58:19 | Trackback(0) | Comments(0)
岡山県の石棚
岡山県には石棚を有する石室が6箇所ある。
瀬戸内市:キリギリス4号墳、備前市:惣田奥12号墳、岡山市:磯部1号墳、弥勒堂古墳、佐太郎塚1号墳、矢掛町:橋本荒神塚古墳
この中、いったことがあるのはキリギリス4号墳だけ、惣田奥12号墳はチャレンジしたけど見つけられなかった。
今夏に制覇しようと出かけたが、一部しか行けなかった。

見つけられたとこだけ報告

矢掛町:橋本荒神古墳(橋本15号墳)
橋本公会堂の裏山にあり、案内板もあって分りやすかった。
IMG_0907a.jpg
棚としては低い位置にあり、棚も岩を割っただけのようですね。
下に支柱があります、棚が重すぎたのか?

岡山市:佐太郎塚1号墳
最上稲荷の北側山中にあります。
地図では道があるのでナビでも案内してくれましたが、龍泉寺の敷地内を抜けろとでます。
途中、チェーンで封鎖されてます。
別の道を探しましたがいけそうになかったのでお寺の方にお願いしたら古墳は知らないけど通ってOK。
龍王池の脇を通りその先は車では無理そうだが、バイクなので突入。
最後の分岐で草ぼうぼうの道になったので徒歩で行くことにしたが正解。
バイクで行ったら帰って来れなかったかも知れない。
地図では立派な道だと思ったのだけど。
P8170668a.jpg
IMG_0986a_20121007093954.jpg
玄室内はまだ埋まっているのか?石棚はかなり低い位置にある。
石屋形風に両脇に支えがあるが、後世のものかもしれない。
バイクのところまで戻るには別ルートで帰ったのだがこちらは道はきれいだけど坂がきつい。
15分程度だったけど、もうへろへろになった。


岡山市:磯ヶ部古墳
宗形神社北西300mくらいのとろの墓地裏にあるのですが、地図の道を信じて行ったのが大間違い。
途中で道はなくなるしマークしてた所がすれていたようでなかなか見つからない。
北側に地図にない墓地へ行く道を行けば良かった。
この日はその前に佐太郎塚だったのでもうふらふらなので諦めてホテルにむかうことにしたのが、デジカメがないことに気が付いた。
移動するたびに確認していたのだけど、忘れた。
疲れてくるとろくなことがない、佐太郎塚は翌日朝一に行ってデジカメをサルベージ
また磯ヶ部古墳に来て今度はあっさり見つかりました。
IMG_1009a.jpg
床はだいぶ埋まってます2枚の石材で分厚いですね。

岡山市:弥勒堂古墳
苫田温泉の近くにあるはず。
ここの為に苫田温泉に宿泊しました。
安かったので宿泊したけどみんな家族連れで一人で宿泊したのは私だけだったようだ。
平家蟹さんはかなり苦労したようだが、ここも地図では道があることになっているので楽勝ではと思ったが、途中で途切れていたというか進入できるような状態ではなかった。
やっぱ栗園の方から行かなければだめか、この時期は無理と判断して断念。
惣田奥古墳も草ぼうぼうなのは分っているし、3日目で疲れてきてるし奈良へ行きたくなったので次回に持ち越し。



史跡探訪(四国・中国) | 10:23:44 | Trackback(0) | Comments(2)
広島県三原市:黒谷暮坪1号墳
石棚があるのでちょっと遠いけど行ってみた。
P8160378a.jpg
バイクだと近くまで行けるけど、あとでUターンが大変。
石室に入ってみます。
IMG_0861a.jpg
おお!分厚い石棚を思わせるのですが、違うのです。
上から
P8160388a.jpg

IMG_0867a.jpg
石棚の手前に縁を付けた感じ。
珍しいです。

ついでに「古墳のお部屋」の見学記にあった2号墳を探してみました。
P8160404a.jpg
夏場に来るようなところじゃないね。
P8160408a.jpg
見学記の通り石室もありました。


史跡探訪(四国・中国) | 22:33:39 | Trackback(0) | Comments(2)
尾道市の古墳 その3
塚尻古墳(市指定史跡)
浦崎町にあるのですが、半島の先っぽにあるので下組古墳から行くとすごい遠回り。
近道は向島へ渡ってフェリーで半島へ行くのが近い。
時間がもったいないのでこのルートで行くぞ。
まず、向島へ渡る。
しまなみ海道を1区間だけ乗るつもりで進んでいくと尾道大橋有料道路だった。
安いけど、ETCが使えないので面倒、歌フェリーに乗ります。
P8170468a.jpg
フェリー乗り場にも誰もおらず、フェリーに人が居たのでそのまま乗船。
バイクはどこに置くか聞くとそこで良いとのこと。
すると出港準備を始めた。
時刻表が随時とはこのことか、出港してから料金徴収。
5分間の船旅です。
目的地はすぐ見えてますから。
塚尻古墳を目指します。
県道365号線の近くにあるのですが県道が海沿いから内陸側に入ったところにある。
曲がるところが分りにくかったね、後で地図を拡大してわかったのだけど曲がるところから道が狭くなってる。
県道からさらに奥に入る道がさらに狭い。
バイクなのでつっこんでいくとOUT!
人しか通れない道になっちゃた。
すぐ古墳は発見できました。
P8170470a.jpg
P8170475a.jpg
石室入り口に祠が祀ってあり中へは入りませんでした。

史跡探訪(四国・中国) | 21:53:23 | Trackback(0) | Comments(0)
尾道市の古墳 その2
下組古墳群
竜王山の東側に分布してます。
石室があるはずなので行ってみた。
潮見町の妙見神社の前を通って山を上がって行き、突き当りを右に折れてすすむのですが、車は通れません。
バイクでもUターン出来ない狭さ、落ちたら大変なことになるよ。
民家があるところまで舗装されています。
その先は林の中に道が延びていて右下を探していくとありました。
P8170451a.jpg
P8170460a.jpg
竹に浸食されてます。
古墳群なのでまだあるかもしれませんが、今回の目的はこの石室だったので他は探さず撤収。
日比崎中学校の上に前方後円墳があるようで、地図で見ると道があり割と簡単に見つけれそうなので行ってみたけど道が途中でとぎれてたので諦めました。
今回はこんなのが良くあったね。


史跡探訪(四国・中国) | 22:00:09 | Trackback(0) | Comments(0)
尾道市の古墳 その1
尾道美ノ郷町の尾道流通団地建設に先立ち進入道路の建設に伴い調査され、流通団地内に移築復元されました。
P8170436a.jpg

2号墳
P8170448a.jpg
墳丘の大きさは分っていません。
半壊状態でしたが人骨3体分と太刀・勾玉など多量の副葬品が出土してます。

1号墳
P8170443a.jpg
盗掘をうけてましたが、鉄ぞく、人骨片、人歯が見つかってます。




史跡探訪(四国・中国) | 21:45:25 | Trackback(0) | Comments(0)
愛知県犬山市:東之宮古墳 現地説明会
9月29日に東之宮古墳の現地説明会へ行ってきました。

国宝犬山城近くの成田山名古屋別院大聖寺の裏、白山平山山頂にある全長72mの前方後方墳です。

昭和48年に盗掘された時に発掘調査が行われ、後方部に竪穴式石槨から銅鏡11面、石製品、玉類、鉄製武具などが出土し、国の重要文化財に指定されました。
古墳自体も国指定史跡になりました。
近年、墳形の調査を行ってきましたが、今年度は竪穴式石槨の現況調査として39年ぶりに掘り出されました。

現説は10時からですが、なぜか説明は10時30分となってましたので余裕を見て9時半前に到着
P9290200a.jpg
9時半から受付のようですが、すでに20人程度います。
ここから5分くらい坂を上り到着

DSC03921a.jpg
P9290204a.jpg

今回は25人づつで竪穴式石槨の見学時間は8分でした。
IMGP0021a.jpg
足場の通路を通り1周して終了です。
それでは行ってみましょう。


続きを読む >>
史跡探訪(東海・北陸) | 12:37:17 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。