■カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

モニターバスツアー「天草」
3月3日に熊本県立送装飾古墳館主催のモニターバスツアーに参加してきました。
このバスツアーは普通のツアーとちょいと違います。
装飾古墳の啓発と一般公開するためのテストの為のツアーです。
今回は天草エリアで、天草の砂岩がメインテーマです。
天草では大きな砂岩板が取れ、それが八代などに運ばれました。
まずは宇土市図書館にある宇土城石垣石材
P3033559a.jpg
線刻がある石材があり古墳の石材が転用されたと考えられてます。
この石材は安山岩で、石材の違いの説明の為きました。

続いて宇賀岳古墳
P3033574a.jpg
ここには阿蘇凝灰岩が使われています。

次は国越古墳
P3033600a.jpg
ここは安山岩、凝灰岩、砂岩の三種類使われますが、石室内はみれません。

昼食、なんと今回は昼食つき、それもちゃんとしたお店で食事です。
休憩時間中に近くの梅殿古墳も案内してもらいました。
P3033614a.jpg
砂岩の箱式石棺です。
この辺はこのような石棺が多いようです。

午後は大戸鼻古墳群から
南古墳は箱式石棺状石室内に装飾があるおですが、雨漏りの修復工事中のため見学できませんでした。
P3033628a.jpg
P3033632a.jpg
P3033662a.jpg

天草ビジターセンターによりその後に奥にある上の鼻古墳群を見学
P3033791a.jpg
P3033804a.jpg
P3033821a.jpg
8基ありいくつかは石室がみれました。
2年前に熊本大学が調査を行い、その後は放置状態だったそうですが、今回の為に草刈してくれたそうです。
しばらくは見やすくなっているかと。
これで終了です。
帰り道、バスの中から小良田古墳
P3033838a.jpg
ここは現在は埋め戻されてますますが、理由が雲仙普賢岳の噴火による津波で流されたからだそうです。

超簡単なレポートでした。
今回のツアーの説明の中で感心したことは
埋蔵文化財保護法は「保存と活用する為の法律です、保存するだけではだめなんです。」
各市町村と協議しているそうです。
今後も一斉公開には今まで以上に公開す場所が増えるかもしれません。
大いに期待しています。


スポンサーサイト
史跡探訪(九州) | 23:59:03 | Trackback(0) | Comments(2)
横穴めぐり
なかなかブログを更新できず、やる気が出なくてね。
行きたい欲望はあるのだけど、約束事がなければ早朝出発できない。
でかけても予定を消化できない。
自分のことながら困ったもんだ。

先週、昇寛さんに誘われて千葉県の横穴墓を見てきた。
どこも丁寧に掘ってありますね。
横穴ついでに今週は土曜日に横浜市栄区の横穴、おまけで戸塚区の高塚古墳をちょいと見て終了
また出発が遅かったので鎌倉・藤沢方面へいけなかったよ。
今日はだらだらしながら大磯町へ行ってきた。
何度も行ってるけど、面倒な横穴墓行ってなかったので今回で終わりにしよう。
まず釜口古墳を目指すのだが、道を間違えたて王城山横穴群に来てしまった。
最後にするつもりだったんだけど。
思っていた以上に数があって、地盤の問題もあるかもしれないけど掘り方が荒く感じる。
ムム、造付け石棺があるじゃありませんか、想定外でラッキー!
P3244787a.jpg
こんどはちゃんと釜口古墳へ
ひさしぶりに来たけどフェンスに変なものがついてるぞ
P3244823a.jpg
写真では判りづらいけど、赤や青の符状の物がぶら下げてあります。
それに鈴がつけてあります。
フェンス乗り越え対策の為か?石室前もネットを張った形跡がありましたもうはずれてるけどね。
すき間を狭くしたり、頑張ってますね。

楊谷寺谷戸横穴墓群や石切場横穴墓群などをみて終了
ここへ行く道は荒れているとの情報があったり、地元の方と話をした時も最近人がいかないから荒れているんじゃなと行ってたけど、道はきれいでした。
ただ、ちょっと沢の中を登り降りするのが難点。

割と早く廻れたので二宮町の横穴を再訪してきました。
古屋敷横穴墓群で前回見なかった横穴を発見、中には
P3245102a.jpg
犬小屋!
いや~これは初めてです。
でも犬はいません。
母屋にいる犬の別荘か?



日記 | 21:03:41 | Trackback(0) | Comments(0)
岡山大学考古資料展示室
岡山大学文学部考古学研究室の関連施設として考古資料展示室があります。
事前申し込み制で、やっと3回目にして入ることができました。

入ってすぐに楯築遺跡の弧帯石レプリカ
P3043839a.jpg
東京国立博物館にもあります、岡山県立博物館にもあるらしい(記憶なし)

この弧帯石は本物
IMG_1586a_20130321220012.jpg
木棺を埋め戻す時の礫にまじっていたそうです。

特殊器台形埴輪(都月坂1号墳出土品)
P3043857a.jpg
特殊器台から円筒埴輪に移行する過渡期のものだそうですが、私には円筒埴輪にしか見えませんが。
P3043858a.jpg
紋様の有無が重要らしいです。

IMG_1599a.jpg
これは兵庫県たつの市の権現山51号墳の出土品で特殊器台形埴輪の一部
えっ!あんなところの調査を岡大でやっていたとは、お疲れ様でした。

他に陶棺など岡大が調査したとろの展示がたくさんあります。
IMG_1649a.jpg

ムム!あの陶棺は
IMG_1625a.jpg
装飾が施されています。定西古墳の陶棺です。
IMG_1630a.jpg
きてよかった。

本当は地下の収蔵庫や赤レンガの収蔵室も見てみたいけどだめだった。
見たことがある方の話だと陶棺があるらしい。





史跡探訪(四国・中国) | 22:27:57 | Trackback(0) | Comments(2)
伊都国の支石墓と大王墓
伊都国は現在の福岡県糸島市から福岡市西区付近といわれてます。
糸島市では支石墓が見ることができるところが多くあります。

支石墓とは縄文晩期から弥生時代にかけての数個の支石の上に大きい天井石を載せてある碁盤式の墓である
P3023047.jpg
こんな感じです。
新町遺跡のレプリカで木棺になってますが、甕棺のものあるです。

まず志摩新町の新町遺跡
P3023037a.jpg
建物内に遺構が保存展示されてます。
ちなみに志摩歴史資料館の前にも新町遺跡の遺構が復元されてます。
P3023157a.jpg
資料館の方は支石墓と言ってましたが、標柱には古墳時代前期の石棺墓となってます。

長野宮ノ前支石墓
川付の宇美八幡宮の境内にあると言うので行ってみたら麓にありました。
わざわざ登らずにすんで良かったと思っていたら実は神社付近が古墳群になっているそうです。
P3022932a.jpg
移築復元ですが下の石材も見えます。

曲り田遺跡の支石墓
曲り田スポーツ公園のなかにあります。
P3023083a.jpg
天井石がぽつぽつと見れます。
余談ですが、復元住居があるはずなんですが、柵しかありませんでした。
焼けちゃったのかな?

支登支石墓
東風小学校の近くにあります。
P3023172a.jpg

平原遺跡
平原歴史公園として整備されてます。
5基の墳丘墓が見つかってますが、1号墓の墳丘が復元されてます。
P3023204a.jpg
多く銅鏡などが見つかっていて王墓を言われてますね。
出土品は伊都国歴史博物館に展示されてます。
ここには主体部のレプリカもあります。

三雲南小路遺跡国内最大級の弥生王墓(説明板より)
三雲の細石神社の西方にあります。
P3023255a.jpg
東西32m、南北31mの方形区域となっていて、2つの甕棺が見つかってます。
銅鏡・銅剣が見つかってます。

幻の王墓、井原鑓溝遺跡
三雲南小路遺跡の南方に説明板がありました。
P3023262a.jpg
江戸時代に甕棺から多くの銅鏡などででてきた記録があり、井原村と三雲村の境界近くとのことなのでこの辺だと思われます。

ついでに三雲・井原遺跡で3月16日に現地説明会があるようです。
弥生後期初頭・国内最古級の小型仿製鏡が見つかったそうですが。あの辺で発掘調査をしてるとは気がつきませんでした。

石ヶ崎支石墓
平原遺跡の東方の森の中にあります。
資料館でもらった地図では見学困難とかいてありましたが、楽勝でした。
P3023210a.jpg
巨石の天井石がみれます。

井田用会支石墓上石
井田の三社神社境内にあります。
P3023352a.jpg
説明板も設置されてす。
もともとは北400mの水田から見つかりました。
重量は5tを超え国内最大級

井田御子守支石墓の上石
境内にもうひとつあります。
説明板はありません。
P3023357a.jpg
なかなかの巨石です。
こいつは神社から東に300mほどのところで発見されてます。

三雲加賀石支石墓
神社の南西にあるはずなんですが見つけられませんでした。
糸島市のサイトに「三雲加賀石支石墓がありました。」と書いてありました。
過去形?ってことはもうないのか?

これらの支石墓も石材の大きさ副葬品から当時の権力者の墓ではないかと。

史跡探訪(九州) | 21:55:46 | Trackback(0) | Comments(0)
今年、初九州
例年だと2月には九州へ行っているのですが、今年はちょっと遅くなりました。
1日の夜移動の予定でしたが、やはり帰り際にトラブル発生!
2日移動に変更かと思われたけど、なんとなく解決。
なんとかギリギリセーフで新幹線に乗れました。

博多で1泊して、2日は朝から糸島市に向かいます。
メジャーな遺跡をみて廻っていたのですが、資料館へ行ったら予期せぬ収穫があり同じ道を行ったりきたりしながらマイナーなところもちょっと見てきました。
そんなことをしていると時間がかかるので、福岡市西区の古墳を見てきました。

レンタカーを博多駅で返して、新幹線で熊本まで移動。
金はかかるけど早いね。

3日は熊本県装飾古墳館主催のモニターバスツアーの天草コースに参加。
このコースは非常に人気が高く、定員30名でしたが、募集開始から1時間で満席になり私はキャンセル待ちでなんとか入れてもらえました。
廻った箇所は少ないですが(それでも予定外のところもあった。)
いろんな話を聞けて良かった。
予定では17:00に熊本駅で解散ですが、遅れると静岡にたどり着けない。(高速バスを使えば翌朝つくけどね)
たぶん、定刻通り行かないので4日は休暇を取っておきました。
やはり、途中休憩を短縮して17:30着となりました。
やっぱね、休暇を取って正解。
この日は岡山まで移動

4日はレンタカーを借りてまず岡山大学の考古資料展示室を見学
3回目にしてやっと見れました。
岡山に来たらほぼ毎回立ち寄る造山古墳参り。
総社で石棺を見て、岡山市へ戻ります。
前回来た時に操山107号墳を探しに行って106号墳(湊茶臼山古墳)へ行ってしまう大失態をしたので今回は107号墳を見てきた。
その後、操山里山センターから操山古墳群めぐり。
前回も3時間ほど見たのだが、西側の一部だけなので今回はつづきで、前回同様、かまどねこさんの分布図のおかげで初めは順調にすすんでいたが、道からはずれた118,119号墳を探すのに手間取った。
途中で分布図にない古墳もあったりして。
だんだん嫌になってきた。
金蔵山古墳まできたあたりで前回同様にわか雨。
帰りたい気持ちを後押ししてくれる。
まだ時間はあるけど下山しちゃった。
今回も3時間くらいだった。
自分としては山歩きは3時間が限界なのか?

岡山から新幹線で帰った。
静岡駅にものぞみを停めてほしいな。
乗換は面倒だ。

今回も無事帰宅できて、予定以上の成果があったので大満足。

ただ、出社したらいろいろ面倒なことばかり、嫌になるな。


日記 | 21:48:45 | Trackback(0) | Comments(3)
岡山へ
今日は熊本にいた。
遅くなったので静岡までたどり着けない。
岡山へ宿泊して寄り道して帰ります


日記 | 18:41:14 | Trackback(0) | Comments(0)
熊本駅
今日は熊本駅のそばに宿泊。
駅周辺が寂しい。
前に来たこと有るけど夜中に到着したので気がつかなかっただな。
博多に宿泊すすればよかったな。




日記 | 19:43:11 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad