■カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大室古墳群エントランスゾーン2
記事を書く順番が前後してしまった。
見学会は241号を見て一旦終了。
希望者のみ168号墳の見学があるので行ってみた。
積み石塚の合掌石室です。
IMG_4821a.jpg

ここの見学で終了なのですが、私は残って周辺の古墳を見てきた。
まだ時期が早かったね。

降りてきて資料展示室からさらに下ると呼ぶ声がする?
振り返ってみても誰もいない、しばらくするとまた声がする?
はて?どこから?
IMGP7365a.jpg
写真では分りませんが、崖面に人がいて叫んでいました。
ロッククライミングをやっているようで、下の人呼んでいたようです。

241号周辺をもういちど見て回ります。
IMGP7451a.jpg
芝生のところは古墳時代の地面を表しているそうです。

26号墳
IMGP7083a.jpg
墳丘横に見学スペースあり。
上がってみると
IMGP7084a.jpg
石室が上部から見学できます。

あとE号墳が調査して整備してあるはずですが、忘れてしまいました。

今後も整備工事を進めていくそうでが、今のペースで行くと40年かかるそうです。
さらに、周辺指定史跡範囲を拡大していくと100年以上かかるそうだ。
そんなに生きていらませんわ。

スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 12:45:53 | Trackback(0) | Comments(1)
秋を感じた、飯山探訪
24日(日)またもや長野県へ行ってきました。
今度は北のはての飯山市・木島平村です。
木島平村に合掌石室があることが分かり行きたくなっちゃいました。
で、昇寛をお誘いして行ってきました。

多くの古墳を見ることができてよかったです。
今回は先週よりも秋を感じました。

IMGP7680a.jpg

IMGP7729a.jpg

IMGP7873a.jpg

IMGP7877a.jpg
カモシカに遭遇、はじめて見たよ。

IMGP7869a.jpg
立派なイチョウなんですけど
IMGP7862a.jpg
下の敷石住居跡が葉っぱで埋まってしまってまして、足ではらおうとしたら腐った銀杏がたっぷりあって、くっさ~!

日記 | 22:48:37 | Trackback(0) | Comments(0)
大室古墳群 エントランスゾーン1
大室古墳群のエントランスゾーン

整備がぼぼ終了だそうだ。
ここ数年で変わったところを紹介します。
IMGP7391a.jpg
手前が移築された23号墳
前まで石室入り口に扉があったのですがなくなってます。
IMGP7395a.jpg

244号墳(将軍塚)
IMGP7416a.jpg

IMGP7435a.jpg
墳丘は特殊コンクリートで復元されてます。
石室内にもはいれます。

243号墳
前は側面の封土がなかったと思う。
そこに見学施設ができた。
IMGP7437a.jpg

IMGP7440a.jpg
これは盗掘坑からの見学となる。
IMGP7442a.jpg
こちらが正面

246号墳
前は草ぼうぼうだったけど整備されました。
IMGP7386a.jpg
つづく

史跡探訪(関東・信越) | 12:52:04 | Trackback(0) | Comments(0)
平成25年度大室古墳群見学会 第241号墳
今回のお目当ての第241号墳
2年ほど前の発掘調査で合掌石室が見つかりました。
その時の現説には行けませんでした、去年も公開がありましたが行けませんでした。
今回が最後のチャンスだと言うことなんとか行ってきました。

IMGP7095a.jpg

IMG_4801a.jpg
積み石塚で上部の石材をとってあるせいか高さがあまりありません。

さて合掌石室
IMG_4807a.jpg

IMG_4797a.jpg
天井石はなく短辺側壁から合掌式と判断されてます。
発掘調査によって検出された合掌石室はここだけ。
石室と言っても小さい、木棺が納めらた形跡はないようです。
資料にも石棺の文字が、じゃあ合掌石棺では?
聞いてみました。
いままで慣例的にすべて合掌石室と言っているのでここも石室と言っているが、学術的には石棺になる。
呼び方は今後の検討課題だそうです。

IMGP7134a.jpg

IMGP7103a.jpg

長辺側壁上部に赤色顔料が見られます。
天井石は赤くぬるられていたと思われます。

IMGP7139a.jpg

これから中を埋めて復元天井を乗せる工事を行う予定なので来年度には公開になるそうです。
次回は整備が終わったエントランスゾーンの古墳をいくつか紹介するつもり。

史跡探訪(関東・信越) | 12:17:53 | Trackback(0) | Comments(0)
天竜峡から恵那峡へ
17日は紅葉を見に出かけました。
目指すは長野県飯田市の天竜峡。
新東名→三遠南信道路を通り佐久間ダムに向かいます。
ここから天竜川沿い北上しますが、紅葉はいまいち。
狭い道をひたすら走っていたら同乗者が酔ったようなので阿南町でR151にでます。
近くに石室があったので寄ろうかと思ったが霧がすごい、気温が2℃!寄り道せずに目的地に向かいます。

天竜峡
IMGP7480a.jpg

IMGP7486a.jpg
ちょっといまいち、舟に乗ればもっと楽しめたのかもしれません。

次に恵那峡に向かいますが、その前に中津川市で古墳タイム
大したものはありませんでした。

恵那峡
IMGP7537a.jpg

IMGP7542a.jpg
ここもいまいち、思ってたイメージと違う。
夕方には実家に着きたいのでもう寄り道はなしのつもりでしたが
帰り道で岩村城が出てきた、ちょっと寄らして。
本丸の近くまで車でいけるはずだったのですが、陥没しているところがあり途中までしかいけません。
それでも、大急ぎで本丸だけ見てきました。

岩村城
IMGP7580a.jpg

IMGP7577a.jpg

臨時駐車場はいっぱい、それでもまだ客はきます。
そんなに山城に人気があるのか?どこか紅葉スポットがあったのかな?

おまけ
椛の湖の鴨
IMGP7527a.jpg
IMGP7528a.jpg
こいつら、寒いのかかなり近づいても逃げませんでした。

日記 | 21:14:33 | Trackback(0) | Comments(0)
平成25年度大室古墳群見学会 鳶岩単位支群
平成25年度大室古墳群見学会のつづき
IMGP7125pa.jpg
昨年くらいに調査・整備が終わったところ
3基整備されてます。
ここの特徴はすべて盛土墳です。
積石塚が多い古墳群で支群ですべて盛土墳はここだけだそうだ。
元々、果樹園だったので石垣が組まれたり改変さていてその後、杉林になっていたそうです。
調査の状態は「古墳とかアレ(仮)」にあります。
このエリアの整備のポイントは段々畑の状態をのこしつつ、杉の残しつつ土地の変化の様子を分るようにしたそうです。

第33号墳
IMGP6980a.jpg
IMGP6992a.jpg
IMGP6997a.jpg

第32号墳
IMGP7130a.jpg
開口があります、ここは盗掘口で本来の入り口は埋まってます。
盗掘口から石室内を覗くことになります。
IMGP7007a.jpg
埋まってます、内部は未調査

第31号墳
IMGP7012a.jpg
IMGP7016a.jpg
この石室は入室OK!

第37号墳
IMGP7003a.jpg
整備エリア外にあります。
積石塚?そうならすべて盛土墳ではなくなる?
聞いてみたら国指定史跡の範囲外のため、調査していないのでまったく分らないとの回答でした。
さらに奥に36号墳があいるはずですが、藪で行けません。

第30号墳
整備範囲外にもう一基
IMGP7024a.jpg
入って行くのはやだなとあきらめた。
つづく


史跡探訪(関東・信越) | 22:08:58 | Trackback(0) | Comments(0)
平成25年度大室古墳群見学会 第235号墳

この前、昇寛さんに大室古墳群の第241号墳の石室が見れると聞いたのでの行ってきました。
いつも貴重な情報をくださる昇寛に感謝。

11月19日 平成25年度の大室古墳群の見学会に参加しました。
大室古墳群に来るのは3回目、最初に来たのは5年前ですが、年々整備が進み状況が変わっています。
その整備状況等を説明してくれる見学会です。
参加者は20名程度でちょっと少なめでしたね。
長野市教育委員会と大室古墳群保存会の方々が案内してくれました。
大室古墳群は100年以上の歴史があり大正時代から続いているそうです。

まず最初に案内してれたのが第235号墳
IMGP6977a.jpg
5年前に比べて雑草が増えました。
墳丘の廻りのコンクリート部分は元の墳丘の位置を示しています。

ここの特徴は
IMGP6970a.jpg
封土の半分ありません。石室側面露出
調査前の状態のままです。
IMGP6972a.jpg
側壁の押さえがなくて危ないんじゃない?
IMGP6974a.jpg
強度の調査をして、震度5弱までは崩れないそうです。
石室側面露出古墳は他にもありますが、整備してこの状態の物はここだけだそうです。

史跡探訪(関東・信越) | 22:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
大室古墳群第421号墳
IMGP7039a.jpg
IMGP7041a.jpg
IMGP7101a.jpg
ちょいと忙しいので、後日書き直します。
合掌石室です。

史跡探訪(関東・信越) | 18:20:25 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。