■カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

栃木県足利市:行基平山頂古墳 現地説明会
9月6日に行われた現地説明会
IMG_6910a.jpg IMG_6922a_20140925222648a09.jpg
前方部前のテラス状の突起、人物埴輪などの形象埴輪が多数出土


IMG_6947a.jpg IMG_6943a.jpg
くびれ部から前方部の円筒埴輪
IMG_7017a.jpg


IMG_6933a.jpg IMG_6961a.jpg

IMG_6962a_20140925222728424.jpg
IMG_6965a_20140925223310956.jpg IMG_6966a_20140925223312137.jpg

IMG_6969a.jpg

IMG_6971a.jpg

IMG_6999a.jpg


スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 22:42:58 | Trackback(0) | Comments(0)
11年ぶりの米子
11年ぶりに鳥取県米子市周辺へ行ってきました。

目的は妻木晩田遺跡仙谷8号墓の現地説明会
IMG_7576a.jpg

周辺の古墳も探索してきました。
IMG_7229a.jpg

IMG_9850a.jpg

IMG_9985a.jpg

IMG_7308a.jpg

IMG_7609a.jpg

IMG_7434a.jpg

前回同様時期が悪い、次回は春先に行きたいな。

史跡探訪(四国・中国) | 12:32:52 | Trackback(0) | Comments(0)
記事が消えた
昨日書き込んだ記事をスマホで修正して。
保存したが、消えちゃいました。
操作ミス?


インフォメーション | 08:36:31 | Trackback(0) | Comments(0)
テレビで古墳
先ほどテレビで「今夜くらべてみました 号泣美女に密着&怪しい女の家くらべSP」を見てました。
つちやかおりが三点倒立するシーンで、後に塚らしきものが写っている。
じっくり見ていると埴輪が写ってる、古墳のようだね。
じっくりみてて、分りました。
IMG_5663a.jpg
東京都世田谷区の野毛大塚古墳でしょう。


日記 | 23:19:44 | Trackback(0) | Comments(0)
青森の最後は三内丸山遺跡
青森のたびのつづき。

弘前城をあとにして竜飛岬に向かう。
途中、十三湖でしじみラーメンをたべたいので道の駅によりました。
CIMG2839a.jpg
味はそれなり。

竜飛岬に到着、ここだけしかない階段国道をみる。
CIMG2853a.jpg
いまだに紫陽花がさいている。

これで青森の旅は終了です。
新青森駅をめざす。
A君に運転をまかせ、景色を楽しみます。
津軽の人と下北の人は仲が悪く、半島の先っぽで石を投げ合うと聞いたことがある。
なんとなくわかる気がする、下北半島が良く見える。
北海道新幹線が建設中であることを知る。
あと数年で開通のようだね。

ムフフ、帰りの電車まで時間がだいぶあるね。
三内丸山遺跡によってちょうだい。
IMG_6179a.jpg
駐車場に車を置いて、遺跡はどこだ?
遺跡に行くには建物の中を通らなければいけないようだ。
普通の遺跡公園と違うね。

復元住居群
IMG_6191a.jpg

大型掘立柱建物
IMG_6234a_201409152142470b7.jpgIMG_6232a.jpg
復元された建物もすごいが、現物がみれるのがすごい。

大型竪穴住居跡
IMG_6185a.jpgIMG_6242a.jpg
とにかくでかい!
長さ32m、幅10mもある。

整備区域外では発掘調査中。
IMG_6226a_20140915214243476.jpg

これで青森のたびは終了。
弘前城へはまた行きたいね。

日記 | 22:04:56 | Trackback(0) | Comments(0)
弘前城
青森のたびのつづき
恐山から弘前へ移動、この日はドミーイン弘前に宿泊。
自分的にはちょっと料金が高いと思ったが、A君の要望で温泉つきで鍛治町、弘前城に近いここにした。
到着した時は落雷の為、露天風呂は閉鎖となっていた。
とりあえず食事にでかける。
弘前にくるのは十数年ぶりだが、鍛治町の雰囲気はあまり様子は変わってないね、その当時ドミーインはなかったけどね。
鍛治町は東北地方で2番目の飲み屋街です。
行きつけのスナックはなくなってのは残念。
お目当ては津軽三味線の生演奏が聞ける居酒屋、少々お高いですがね。
ホテルに戻って温泉に浸かる。
この時には露天風呂に入れるようになってました。
翌朝、まず温泉へ今日は天気は良さそう。
車はホテルの駐車場に置いたまま歩いて弘前城に向かう。

IMG_6080a.jpg

弘前城といえば桜まつりが有名です。
弘前には何度も来てるけどその時期はいない。
そのうち行きたいと思っていたら今年の桜祭りが終わったあとに本丸石垣修理の情報が入ってきた。
http://www.hirosakipark.jp/ishigaki.html

分っていればなんとか桜祭りにいったのにな、9月ごろまでは現状のままの姿が見れそうなのでそれまでに一度行こう。
A君を誘って、やっと休みの調整がとれて今回のたびとなtった。

IMG_6168a_20140910220929707.jpg

CIMG2823a.jpg
たしかに石垣が膨らんでいるね。

IMG_6108a.jpg
石垣の上は発掘調査中

今回の目的はもうひとつ、天守閣の中にはいること。
ここは冬場は入れなくなるので入ったことがない。
IMG_6148a.jpg
現存天守なのだが土足で入れるし、資料館化しているぞ。

城内を歩いていると雨
CIMG2819a.jpg
でも
IMG_6136a.jpg
各城門に貸し傘が置いてある、ありがたや。
退場するときにやんだので別の門で返却しました。

あと残念なことが
IMG_6129a.jpg
旧伊東家、旧梅田家が修理中で見れませんでした。

ついでに博物館にある猪形土製品「いのっち」
CIMG2830a.jpg
写真はレプリカです。現物も展示してあります。
いのっちクッキーなるものがあるそうです。

さて、ホテルの駐車場にもどり竜飛岬を目指します。

史跡探訪(東北) | 22:35:56 | Trackback(0) | Comments(0)
恐山
青森のたびの続き
仏ヶ浦から最短コースをぶっとばしてきて、舗装道路にでて一安心
恐山はすごそこだ。

わりと早く到着した、雨もやんだ。
ラッキーだね。
恐山と言うのは宇曽利湖を中心とした外輪山、霊場の総称であるだそうで、見に行くのは恐山菩提寺。
入山料をお支払いしていざ入ります。
IMG_6010a.jpg
恐山と言えばイタコを思い出す。
A君もすごく期待したようだが、イタコは7月の恐山大祭/例大祭と秋詣りしかこないらしいと言ったらがっかりしていたが
門を入って左側の建物にイタコの看板があり中に入るといらっしゃいました。
A君が口寄せしてもらい、私も同席させてもらい貴重な体験をさせてもらいました。

地蔵殿に進むと小さい小屋がいくつかあるが温泉施設です。
IMG_6013a.jpg

IMG_6014a.jpg
こちらは女湯

源泉賭け流し
IMG_6020a.jpg
硫黄成分が強いようで、お湯で顔を洗わないようにとか、長湯しないようにとかいくつか注意事項があります。
無料です。
タオルを持って行かなくても近くのお守りの売店で買えます。

それでは地獄をめぐりましょう。
IMG_6025a.jpg

IMG_6057a.jpg

IMG_60277a.jpg

賽の川原の向こうには
IMG_6036a.jpg

極楽浜が広がってます。
IMG_6050a_201409022209014a1.jpg


ムム!仏ヶ浦にいたパンツ姿のおじさんが来た!
よく見たらマラソン用の短パンのようだった。
紛らわしい格好しているな。

最後にはし塚
IMG_6064a.jpg
この日の予定終了です。
宿泊地の弘前に向かいます。
また、ここからが遠い。
でも2人できたので運転を変わってもらえるから助かる。
ナビはずっと一般道を走れとでたけど途中でみちのく有料道路→青森自動車道→東北自動車道にルート変更だ。
時間は金で買う。
途中で雨が降り始め青森市内あたりから大雨、落雷ピカピカ、
とらえず安全運転で弘前に向かう。


日記 | 22:53:38 | Trackback(0) | Comments(0)
西高椅遺跡現地説明会から東京へ
8月31日(日)は栃木県小山市の西高椅遺跡現地説明会へ行ってきました。
この日は三重県の北山C遺跡でも現説がありましたが、今回はこちらをチョイス。

開始時間にぎりぎりで到着です。55番目でした。
その後何人か来られて60人の参加者となりました。(現説これくらいがいいですね)
20人づつ3班に分かれての説明でした。
CIMG2858a.jpg
CIMG2873a.jpg
私の班は最初に出土品の説明から現地へ行く。

石枕のある竪穴式石槨
IMG_6536a.jpg

丁寧に説明してるれるので時間が....、他の班は終了したのだけどわが班は、開始から1時間半経過12時を廻ってしまったのでお先に失礼します。
この遺跡は調査は途中なので今後の成果に期待しましょう。


帰り道に寺野東遺跡の看板を見つけたので寄ってみた。
縄文時代の環状盛土遺構が復元されてます。
木積遺構が見つかっていてガイダンス施設内にレプリカがあります。
CIMG2888a.jpg
外には本物もありました。
CIMG2902a.jpg
水槽の中にあるのですが、ブクブクをやっているし光の反射で写りませんが、なかなk面白い展示だと思いました。

高速道路に入るため久喜市に向かい昼食、そこでふと思い出しました。
玉敷神社に石棺底板がある、近くまできたいので寄道
意外と時間がかかったな、本来の目的地へ

江戸東京博物館へ
CIMG2968a.jpg
スカイツリーの近くを通って両国へ、住所は墨田区横綱です。
この博物館は入口から展示室までめちゃと遠いので嫌になるのだけどしかたがない
「思い出のマーニー×種田陽平展」ではなく企画展「発掘された日本列島2014」を見たい。

国宝:合掌土偶
IMG_6567a.jpg
自分だったら「すわる人」命名したい。

今城塚古墳の埴輪や応神陵の埴輪など展示されてました。
私が見たかったのは
IMG_6605a.jpg
弥生時代の再葬墓の骨壷
真ん中の壷の顔
IMG_6609a_20140901220416d95.jpg
知り合いの顔にそっくり。
ほかいろいろあるのですが、お勧めは
IMG_6671a_20140901223039d11.jpg
高松塚古墳・キトラ古墳の壁画レプリカ
同じような物は関西大学に高松塚古墳の物がありますが、遠い方は是非見て下さい。

上野の東京国立博物館へいくのですが、途中で隣りのタクシーを見ると乗客はお相撲さん。
さすが両国だなと思っていたら、乱暴運転するから頭にくる。

東京国立博物館ではいつもの考古資料展示をみてきました。
ちょっと展示の入替えがありました。
IMG_6819a.jpg
山梨の大丸山古墳出土の鎧
東洋館も見たいけど帰るのが遅くなるのでやめた。

屋外の石棺は相変わらず、入口の総合案内で聞いてみたが存在すらしらない、まあそんまもんでしょう。
さてガソリンを入れて帰るか。
ムム、閉まっているよ開いているところは満車。
秋葉原周辺をうろちょろしてなんとか給油して、秋葉原まできたからメイド喫茶へ行ってみたいな~
でも帰ろう。




インフォメーション | 22:58:04 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad