■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

モニターバスツアー「天草」
3月3日に熊本県立送装飾古墳館主催のモニターバスツアーに参加してきました。
このバスツアーは普通のツアーとちょいと違います。
装飾古墳の啓発と一般公開するためのテストの為のツアーです。
今回は天草エリアで、天草の砂岩がメインテーマです。
天草では大きな砂岩板が取れ、それが八代などに運ばれました。
まずは宇土市図書館にある宇土城石垣石材
P3033559a.jpg
線刻がある石材があり古墳の石材が転用されたと考えられてます。
この石材は安山岩で、石材の違いの説明の為きました。

続いて宇賀岳古墳
P3033574a.jpg
ここには阿蘇凝灰岩が使われています。

次は国越古墳
P3033600a.jpg
ここは安山岩、凝灰岩、砂岩の三種類使われますが、石室内はみれません。

昼食、なんと今回は昼食つき、それもちゃんとしたお店で食事です。
休憩時間中に近くの梅殿古墳も案内してもらいました。
P3033614a.jpg
砂岩の箱式石棺です。
この辺はこのような石棺が多いようです。

午後は大戸鼻古墳群から
南古墳は箱式石棺状石室内に装飾があるおですが、雨漏りの修復工事中のため見学できませんでした。
P3033628a.jpg
P3033632a.jpg
P3033662a.jpg

天草ビジターセンターによりその後に奥にある上の鼻古墳群を見学
P3033791a.jpg
P3033804a.jpg
P3033821a.jpg
8基ありいくつかは石室がみれました。
2年前に熊本大学が調査を行い、その後は放置状態だったそうですが、今回の為に草刈してくれたそうです。
しばらくは見やすくなっているかと。
これで終了です。
帰り道、バスの中から小良田古墳
P3033838a.jpg
ここは現在は埋め戻されてますますが、理由が雲仙普賢岳の噴火による津波で流されたからだそうです。

超簡単なレポートでした。
今回のツアーの説明の中で感心したことは
埋蔵文化財保護法は「保存と活用する為の法律です、保存するだけではだめなんです。」
各市町村と協議しているそうです。
今後も一斉公開には今まで以上に公開す場所が増えるかもしれません。
大いに期待しています。
スポンサーサイト


史跡探訪(九州) | 23:59:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
阿蘇凝灰岩→ピンク石→大好きです。
2013-04-01 月 19:45:05 | URL | とまと [編集]
ピンク石でも、ピンク色に見えたことはない。
2013-04-02 火 22:04:21 | URL | oobuta [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad