■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

平成25年度大室古墳群見学会 第235号墳

この前、昇寛さんに大室古墳群の第241号墳の石室が見れると聞いたのでの行ってきました。
いつも貴重な情報をくださる昇寛に感謝。

11月19日 平成25年度の大室古墳群の見学会に参加しました。
大室古墳群に来るのは3回目、最初に来たのは5年前ですが、年々整備が進み状況が変わっています。
その整備状況等を説明してくれる見学会です。
参加者は20名程度でちょっと少なめでしたね。
長野市教育委員会と大室古墳群保存会の方々が案内してくれました。
大室古墳群は100年以上の歴史があり大正時代から続いているそうです。

まず最初に案内してれたのが第235号墳
IMGP6977a.jpg
5年前に比べて雑草が増えました。
墳丘の廻りのコンクリート部分は元の墳丘の位置を示しています。

ここの特徴は
IMGP6970a.jpg
封土の半分ありません。石室側面露出
調査前の状態のままです。
IMGP6972a.jpg
側壁の押さえがなくて危ないんじゃない?
IMGP6974a.jpg
強度の調査をして、震度5弱までは崩れないそうです。
石室側面露出古墳は他にもありますが、整備してこの状態の物はここだけだそうです。
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 22:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad