■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成25年度大室古墳群見学会 鳶岩単位支群
平成25年度大室古墳群見学会のつづき
IMGP7125pa.jpg
昨年くらいに調査・整備が終わったところ
3基整備されてます。
ここの特徴はすべて盛土墳です。
積石塚が多い古墳群で支群ですべて盛土墳はここだけだそうだ。
元々、果樹園だったので石垣が組まれたり改変さていてその後、杉林になっていたそうです。
調査の状態は「古墳とかアレ(仮)」にあります。
このエリアの整備のポイントは段々畑の状態をのこしつつ、杉の残しつつ土地の変化の様子を分るようにしたそうです。

第33号墳
IMGP6980a.jpg
IMGP6992a.jpg
IMGP6997a.jpg

第32号墳
IMGP7130a.jpg
開口があります、ここは盗掘口で本来の入り口は埋まってます。
盗掘口から石室内を覗くことになります。
IMGP7007a.jpg
埋まってます、内部は未調査

第31号墳
IMGP7012a.jpg
IMGP7016a.jpg
この石室は入室OK!

第37号墳
IMGP7003a.jpg
整備エリア外にあります。
積石塚?そうならすべて盛土墳ではなくなる?
聞いてみたら国指定史跡の範囲外のため、調査していないのでまったく分らないとの回答でした。
さらに奥に36号墳があいるはずですが、藪で行けません。

第30号墳
整備範囲外にもう一基
IMGP7024a.jpg
入って行くのはやだなとあきらめた。
つづく
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 22:08:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。