■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

平成25年度大室古墳群見学会 第241号墳
今回のお目当ての第241号墳
2年ほど前の発掘調査で合掌石室が見つかりました。
その時の現説には行けませんでした、去年も公開がありましたが行けませんでした。
今回が最後のチャンスだと言うことなんとか行ってきました。

IMGP7095a.jpg

IMG_4801a.jpg
積み石塚で上部の石材をとってあるせいか高さがあまりありません。

さて合掌石室
IMG_4807a.jpg

IMG_4797a.jpg
天井石はなく短辺側壁から合掌式と判断されてます。
発掘調査によって検出された合掌石室はここだけ。
石室と言っても小さい、木棺が納めらた形跡はないようです。
資料にも石棺の文字が、じゃあ合掌石棺では?
聞いてみました。
いままで慣例的にすべて合掌石室と言っているのでここも石室と言っているが、学術的には石棺になる。
呼び方は今後の検討課題だそうです。

IMGP7134a.jpg

IMGP7103a.jpg

長辺側壁上部に赤色顔料が見られます。
天井石は赤くぬるられていたと思われます。

IMGP7139a.jpg

これから中を埋めて復元天井を乗せる工事を行う予定なので来年度には公開になるそうです。
次回は整備が終わったエントランスゾーンの古墳をいくつか紹介するつもり。
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 12:17:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad