■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
静岡県沼津市の高尾山古墳について2
高尾山古墳のある場所は「都市計画道路沼津南一色線」の予定地内にある。
国道1号線交差点付近の渋滞解消と、付近住民の生活道路の確保のために昭和36年に決定し、そんなこなんで、平成になってから道路工事が始まった。
道路予定地に高尾山穂見神社があり、東側に移転することになった。
この神社は明治22年に建立、周囲の地形から不自然な方形の高台ににあったため、社殿の下に方墳があるのでは?と考えられていた。
昭和54年の沼津市の遺跡分布図には「辻畑古墳」として登録されていた。
そもそも、辻畑という地名は古墳より離れているらしい、なので神社の名前を取って「高尾山古墳」に改名したようですね。
平成17年に神社の移転先と北東側の第1次試掘調査が行われ、溝状遺構が検出され高台の周辺がめぐっていることが分った。
方墳の周溝と推定されていた。
神社が移転後、平成19年に第2次試掘調査が行われ南側にもトレンチを入れて前方後方墳の可能性がたかまり、出土した土器より3世紀まで遡ると考えれた。
この時点で重要な古墳と認識し現状保存を検討したが、北側にある新幹線の橋脚はこの道路を通す為に作られているので変更できない。
新幹線から国道1号線まで180mしかないく高規格道路として条件を満たす方法が見つけられず、記録保存を前提とした発掘調査が決定

平成20年から調査開始
平成21年3月20日に近隣住民と対象とした第1回現地説明会を実施
知らなかった、発掘調査をしていると情報が入ったのでこの後に現地を見てきた。
後方部
IMG_2162a.jpg

IMG_2160a.jpg
この土器が230年ごろのだろうね。

前方部の手前から
IMG_2182a.jpg
手前の溝は周溝じゃない
スポンサーサイト


静岡探訪 | 00:05:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。