■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
千葉県の凝灰質砂岩の石室
三島での仕事あと、すぐに千葉県の柏・流山市へ移動して水曜日までいた。
1日休みがあったのと仕事が早く終わったりしたので近くの古墳を見てきた。
すぐに書きたかったが、酒を飲みすぎたり昨日は風邪で調子悪いしもう最悪。
で、いくつかの古墳のうち、貝殻が含まれるが凝灰質砂岩で作られた石室を持つ古墳を紹介する。
他はそのうちoh!史跡探訪で掲載するつもりだ。



まずは成田市の上福田岩屋古墳。
100_1519a.jpg
一辺32mの方墳です。
石室は奥行きが短くT字型になっている。
100_1513a.jpg
白い部分が貝殻です。
次に上福田13号墳。
「房総の古墳を歩く」と言う本に石室が保存されていると書いてあり、八生橋バス停の北側にあると
書いてあったので探してみた、周辺の谷間や藪の中を探し回ったが見つからない?
この日は暗くなってしまったのであきらめた。
後日、最探訪することにし市役所の教育委員会に電話してみたが、安食バイバスで見つかった遺跡はすべてなくなっていると言う。
広報に工法を変更して保存してあると書いてあると言うと、房総の村の資料館に電話してみてとのこと。市役所の管理では無いの?
資料館へ電話して聞いてみると八生橋の北西にあると言う。
判りにくいので資料館へくれば測量図をくれると言ってくれた。
時間がないので成田駅からバスで八生橋へむかう。
八生橋を渡るとあれだ!みえた!
P1050683a.jpg
バス停より東側にあった。
石室ですが残念ながら埋めてしまったそうです。
ここから、房総の村まであるく。
1回着た事があるので岩屋古墳へ近道していく。
岩屋古墳(龍角寺105号墳)
P1050719ajpg.jpg
一辺約80mの方墳です。
石室が2箇所あるのですが1っ箇所は崩れ欠けれいるので未公開、今回行った時にはさらに崩れてきたのでビニールシートが掛けてあった。
P1120324a.jpg
この写真は2007年のものです。
左側の石室が覗けます。
P1120340a.jpg
となりに104号墳があり、昨年は藪に覆われまったく見えなかったが、今年は藪が刈られていた。
おっと!石室があるではないか!
方墳らしいが、そんなかんじではない。
昭和40年ごろに調査されて石室の存在は確認されている。
写真はネット上では初公開かもしれないね。
P1050726a.jpg
玄室は2m四方もない。小型です。
でも石室が見れてうれしい。
龍角寺古墳群にはもうひとつみそ岩屋古墳がある。
これも方墳で、場所は非常に分かりにくいところにありまったく整備されていない。
今回は時間がなかったので行かなかったが、昨年の写真を掲載する。
P1120433a.jpg
最後に印西市の上宿古墳
良い石室が残っているのにあまりネット上で紹介されていない。
場所は印西市のホームページに載っている。
住所検索で地図で確認していくが、住宅だ。
周辺でリサーチした結果、やはりその住宅の敷地内にあるとのこと。
歴史を感じる旧家なのでちょっとびびりながら行ってみると留守だった。
あきらめたくないね、周辺をあること先ほどの住宅の裏側にでたとこに案内板があるがゲートが閉まっている。どうも隣の林の中のようだな、別の侵入口を捜してみるか。
ありました、石室には扉があるが鍵がないラッキー。
P1050785a.jpg
P1050761a.jpg
P1050780a.jpg
ここの石室の貝殻が良く判るね。
スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 20:35:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。