■カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

天文台構内古墳 現説
9月6日に東京都三鷹市の天文台構内古墳の現説へ行ってきました。
R1036084p.jpg
上円下方墳で28.5m×27.1mの方形の上に径18.2mの円丘が乗った感じです。


詳細は省略して、感想を書きます。
ひさびさに人が多い現説でした。
墳丘をみて、ほんとうに上円下方墳?と思ってしまいましたが、調査の結果南側の1辺は未調査ですが方形の周溝が確認されています。
R1036118a.jpg
石室ですが、天井石が落下していたりしていて危ないので中には入れませんでした。
その代わりに後室内が見えるようにビデオカメラが設置されていて、モニタ画像を見ることができました。
ただ、これも一部だけです。
R1036129a.jpg
ただ全体が見えないのが残念。
完全な形で須恵器が見つかっており、これにより年代特定されました。
7世紀後半だそうです。
おっと、そうだ!ここで歓心したのは受付の横に出土した須恵器の破片展示の横にどこか別の場所で出土した完全な須恵器が置かれていて、おさわり自由でした。


スポンサーサイト
史跡探訪(関東・信越) | 22:34:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad