■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
口開塚南古墳・馬越長火塚古墳現説
今日は肩と腰が痛い。
帰りの新幹線の中でPCをいじっていたせいだな、つらい。
今日は2月1日に行われた”口開塚南古墳・馬越長火塚古墳の発掘調査2009”の報告
IMG_1533a.jpg
(口開南塚は間違いです。口開塚南が正解でした。)
今回は上記写真の中の馬越長火塚古墳と口開塚南古墳の説明でした。
馬越長火塚は今回が5次調査で墳丘の南側の確認調査でしたが、前日の雨で水没でトレンチ内は見れませんでした。
IMG_1421a.jpg
ここはには、複室構造の石室があり今はフリーオープンです。
IMG_1428a.jpg
今は県指定史跡ですが、国指定への昇格を目指しいるそうです。
すおなっても、入口は閉鎖されないことを祈る。
口開塚南古墳は今回が初調査。
IMG_1480a.jpg
直径約23mの円墳であることが分かりました。
頂部は畑に開墾する際に削平されているようでが、割と形はのこっています。
IMG_1409a.jpg
横穴石室も検出されました、側壁の一部ですが。
IMG_1467a.jpg
奥の石と手前の石が側壁の一部です。
それにしても、果実樹を傷めないようね掘られてますね。
ここからは金銅製毛彫紋馬具というものが見つかってます。
IMG_1413a.jpg
上の写真ではなにがなんだか分からないほど小さいです。
1cm四方くらいしかありません。
調査員の方に「よくこんなに小さい物を見つけれれましたね」と尋ねると。
「あると判っていれば注意しますよ。言われなければ見つけられませんよ」とのこと。
隣接の馬越長火塚や、大塚南でも馬具が出土したので注意していたそうです。
それにしてもよく見つけられたもんだ、プロは違うな。
この日は、周辺の古墳をいくつか見てきた。
前に見つけられなかった権現山古墳群を見つけられたし、勝山古墳群4基確認できた。
他数基確認して浜松市へ寄ってきた。
でも目的の古墳が見つからないのでいやになって帰宅してしまった。
最近、近郊は根性がでなくてだめだな。
こいつらも、いつかは紹介したいと思う。
スポンサーサイト


史跡探訪(東海・北陸) | 22:47:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。