■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
筑北村の古墳
前回、筑北村の安坂将軍塚古墳を見に行きふもとで安坂中村古墳を見つけた。
他にもあるかもしれないと調べたらあったよ。
もう一度将軍塚にチャレンジした。
今回は廻りの雪は解けていた石室内は残っていた。
雪が解けても枯葉が埋まっているだけだろうけどね。
他の村指定史跡をさがす、
まずは山秋古墳。
詳細の場所がわからないのでとりあえず山秋の集落にむかい、山に向かう道を進んでみる。
ピンポン!ありました。
IMG_1387a.jpg
石室も開口しているぞ、覗いてみると天井の石材が落ちかけてるのが見えた。
どうする?危険な香りがするが自己責任で突っ込む。
IMG_1401a.jpg
玄室から見て、石材がわれて落ちかけてるぞ。危険!危険!
でも、入れてしまうのがおそろしい。
つづいて山崎古墳ぶす塚、なんかネーミングが変?
ここも場所が判らないので山崎の集落に行き山を目指す。
民家がなくなり畑だけになってきたところにありました。
IMG_1409a.jpg
標柱が墳丘の反対側にあった。
裏の道にきてしまったので古墳より高台の道路にいる。
このまま帰るかと思ったが一応標柱を確認することにした。
おっと、ここも石室が開口していたが狭いな。
IMG_1418a.jpg
中はこんな感じです。
このあと、麻績村の叶理古墳、筑北村の武士塚古墳を見てきました。
こちらは墳丘のみで、石室はなしでした。
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 21:22:53 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
早速掲載していただきありがとうございます。石室が残っているという情報だけでもありがたいのに写真まで。しかし、山秋古墳のほうは危なすぎますね。これはちょっと入りたくない。杉山古墳群の存在は知っていたのですが、以前近くまで行ってスルーしてしまいました。これなら行く価値ありですね。
2009-03-14 土 07:48:27 | URL | 昇寛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。