■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急な予定は無理だった。
今週は仕事で疲れた。
2日連荘では早出はつらかった、もう足腰痛い。
そのおかげで、7月31日休めることになった。
じゃあ、東京国立博物館に石棺を見に行こうか考えた。
昇寛の情報によるといきなり行っても見れないかもしれないし、交渉するのは大変そうなので電話で問い合わせてみた。
対応してくれた方は良くわかっていないらしく、確認してまた電話しますを3回くりかえして結果NG!
仕事の合間に電話をしているので面倒になった。
それで分かった情報。
石棺は東洋館の横にあり、耐震工事中で入ることができない。
8月までは現在の場所にあるが、9月に移動し保管される。(突撃するなら8月までか?)
工事は3年間かかり、石棺の再展示も3年後になるそうです。
3年間まつとするか。
別の場所で教育委員会に頼まないといけないところを聞いてみる。
1箇所はいい感触だったが、結果NG
ネットには鍵を貸してくれると書いてあったんだけど、市町村合併後にルールが変わってしまったそうだ。
とどめは、論文を書くとかの理由があるならまだしも個人の為に時間を割くのは難しいとのことだった。
大ショック!、サイトの情報を更新しといてくれよだめならだめと。


スポンサーサイト


日記 | 20:05:34 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
東京国博の石棺
東京国立博物館の東洋館の建物横の軒先に装飾石棺としては小谷山古墳の石棺が放置されています。(2月の時点では見ることが出来ました)持主が寄贈したとの説明がありますが扱いが悪過ぎるように思います。その他にも立派な石棺が並んで置かれています。考古館?の中の展示では長迫古墳の装飾石障は見ごたえがあります。
2009-07-29 水 20:28:17 | URL | カンタロー [編集]
東京国博の石棺(訂正)
先に書きました東洋館横の軒先にある装飾石棺は福井県「小山谷古墳出土の石棺」です。間違って「小谷山」と書いてしまいました。訂正します。
2009-07-30 木 09:52:15 | URL | カンタロー [編集]
石棺の保存状況
カンタローさん情報ありがとうございます。
8月いっぱいなら工事が休みの日に現地で交渉すれば見れる可能性はありますが、面倒なことはしたくないので3年間待つつもりです。
どこも石棺の保存状況は良くないところが多いですね。
軒下や屋根があるところはまだいい方と思います。
長迫古墳の石棺材も東博へ持っていった残りだと思われる石材は神社境内に野ざらし、国指定史跡の造山古墳でさえ身は屋根があるものの蓋は野ざらし状態。
でかいし、重いし保存は大変かもしれないけど、屋根はほしいね。
逆にアクリルやガラスで覆うのはやめてもらいたいね。
汚れて中が見難くなるからね。
2009-07-30 木 12:49:39 | URL | oobuta(管理人) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。