■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

福島:庚申壇古墳 第6次調査 現場説明会
8月23日に庚申壇古墳の現説へ行ってきました。
福島大学考古学研究室が調査を行っていて、6回目の調査となります。
規模としては墳長約35.5m、後円部径約32m、後円部5m、前方部長約5.4m、前方部前端幅約17m、前方部高約2m
IMG_8313p.jpg
(手前が前方部)
前方後円墳とされてますが、造り出し付き円墳とも考えられます。
葺石は後円部のテラス上部のみにあったと思われます。
埴輪は円筒埴輪と朝顔形が見つかっています。
主体部は後円部に2箇所みつかってます。
IMG_8405a.jpg
第一主体部:全長約5.8mの石槨、舟形木棺(長さ5m程度)があったと思われる。
鉄剣、鉄鏃が出土してます。
IMG_8402a.jpg
第2主体部:粘土槨で今回は規模の確認だけ(写真中央部)
今回の現説は大学生が調査しているので、説明も大学生が行いました。
女学生の説明は、初々しく良かったね。
次回、第2主体部の調査を期待します。
スポンサーサイト


史跡探訪(東北) | 21:51:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad