■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
横穴について
蕨手さんからの質問の回答です。
関東の横穴についてですけど、無知な私の個人的な見解ですのでご了承ください。
神奈川県は平面が羽子板状の物が多いです。
複室の物もいくつかあるようです。
特に多摩川流域には複室の石室がいくつかあり3室あるものも見つかっています。
ただ、見れるもの加瀬台3号墳くらいのようです。
家型もいくつかあります。
意外と線刻画が多く見つかっていますが、ほとんどみれません。
湘南の方で高棺座のものがあるようです。
埼玉県では吉見百穴や黒岩横穴群(500基以上あるといわれている)しか知りません、あまりないのかも。
吉見百穴は穴の形状、棺座のバリエーションが豊富だそうです。
群馬はあまり横穴がありません。
栃木は那須地方の横穴を見た限りではかまぼこ型(天井アーチ型)が主流で箱型(天井のカーブゆるいもの)がちょっとあって、家型も2基ありました。家型とアーチ型の中間のようなものもありました。
千葉の横穴は見ていないのでなんとも、茨城南部は横穴は少ないようです。
十五朗横穴が外観が石貫ナギノに似た感じでした。
北部に行くと多くあります。
静岡は横穴が多く、いくつか見てきているが形状は気にしていなかったのであれなんですが、西部は天井が三角形状、東部はかまぼこ型、ドーム型が多い気がします。
横穴や石室の形を気にしだしたのは最近なのでこんな感じでしか書けなく申し訳ない。
それにしても、横穴も奥が深いですね、縁の有無、穴の形状、棺座の種類など地域ごとに特色があるので今後はしっかり見ないといけないと思ってます。
そういえば、山梨県・長野県・愛知県でも横穴の情報はないな。
よく考えると本州でも西の方は横穴が少ないのかな?
東は太平洋側は福島県は多くあり、宮城県まである。
日本海側は石川県までか知らない。
意外と普及した範囲が狭いのだな。
スポンサーサイト


史跡探訪記 | 22:37:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。