■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
GW:2日目(桜井市、天理市)
4月30日は橿原市に宿泊、また足がつりそうになる、痛い。
二日目の5月1日は植山古墳の公開に参加するのだが最終組なので桜井市の古墳を巡る。
まずは磚槨墳で有名な花山東塚・花山西塚古墳へ行く。
地図に出ているのだが辿り着くまで大変そうでバイクで行けば少しは歩かずにすみそうなのでやめていた。
今回はバイクなので体力がある朝一に行くことにした。
国道166号線を大宇陀方面に向かう。
ネットで調べた情報によると「笠間辻」のバス停から、来た道を50mほど戻りコンクリートの道をのぼるとある。
バス停を発見!ただし時期によって場所が変わるらしい。
今は先の方にあるようだが、ちょっと戻るとコンクリ道があったが車両は入れない歩いて登ることにして左側への分岐を探すがコンクリ道は終了。
その先は斜面をよじ登るような道?しかない。
バス停を間違えたか?地図を見るともうちょっとまだ東になる、やっぱ間違いだね。
先のバス停を探し戻ってみるとコンクリ道がありました。
IMG_9342a.jpg
(バス停から見て、右側に道があります)



入口にはチェーンが張られてました。(簡単にはずせそうだったけどやめました)
しばらくいくと左側への分岐にでました。(バイクで行くほどの距離でもなかった)
IMG_9299a.jpg
分岐の所に赤いリボンがあり花山塚古墳とかかれています。
このあとも赤いリボンがあり迷わずいけました。
まず東古墳から。
IMG_9304a.jpg
入口がせまい
DSCN0418a.jpg
石室には漆喰も残っている。
IMG_9301a.jpg
奥に赤い目印が「←東塚古墳へ」と書いてあるが、ここが東塚なので西塚古墳の間違えだあろう。
矢印の方向に進むと西塚古墳が見えてくる。
IMG_9315a.jpg
檻のようだね。
IMG_9317a.jpg
東古墳にくらべてまだ羨道が残ってます。
DSCN0432a.jpg
奥室、漆喰がかなり残ってます。
気になったのがこれ。
IMG_9326a.jpg
なんかホームベースみたい、帰ってきてから調べたら石扉の扉石のようだ。
軸穴も残っているはずだが、写真をみるとその部は?
穴と言うより凹みと言った感じだね。
この後はメジャーなところを巡り、天理市に向かうつもりだったが。
前に慶雲寺へ行き石棺仏を見たが石室を見忘れたので寄る事にした。
ついでなので、ホケノ山古墳、箸墓、珠城山古墳群による。
さすがこの辺は観光地。
何人も見学者がいました。
ホケノ山古墳を松葉杖とつきながら登ってくる人には驚きました。
こんどこそ天理市へ向かうのですが疲れた、足が痛い。
昼飯は抜きにするつもりだったが予定を短縮して食べることにした。
「天下一品」の看板を見たら食べたくなってしまった。
和爾下神社古墳へ行く。
説明板に石棺材があると書いてあるが、いざ行ってみると石室の天井石と書いてある。
たぶん、後者が正解でしょう。
IMG_9639a.jpg
次に赤土山古墳
最近、整備完了したとのことなので寄ってみた。
DSC01153a.jpg
DSC01149a.jpg
墳丘はあまりいじらず、祭祀遺構が復元されたました。
そろそろ橿原市へ戻る時間だ。
足が痛い帰りて~、でも帰るわけには行かない。
昨晩宿泊した旅館にバイクを置かしてもらうことになっていたので駐車場へ行くと.....
次回につづく
スポンサーサイト
史跡探訪(関西) | 22:21:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。