■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

GW:2日目(植山古墳)
前回の続きです。
駐車場にバイクを入れるとと後から「oobutaさんですか?」と声をかけれた。
まったく知らない人にこの名前で声をかけられたのは初めてでちょっとびっくりしました。
話をしたら、oh!史跡探訪の読者で静岡県在住で奈良の古墳を研究されているそうです。
いっしょに植山古墳を見学することになりました。
うれしくなり、足の痛みなど忘れてしまいました。
今回の植山古墳の公開は平城遷都1300年記念事業の一環として行われ、事前申し込みで約1300人の中で約800人が当選とのことでした。
発掘されてから20年近く経ち、前回奈良に来たときに近くを通った時にだいぶ整備は進んだと感じていたので今回は一般公開前のプレオープンだと思っていたが。
受付でパンプをもらいました。
IMG_9964a.jpg
表紙です。石棺の色が他のと違うのがはっきり分ります。
専用バスで現地へ移動。


現地に着き、墳丘へ行くとビニールシートがかかっています。
DSC01187p_20100507012823.jpg
右側が植山古墳、柱列が復元されています。
左側が名も無き古墳、帆立貝型前方後円墳ですが植山古墳が作られた時に破壊されてしまったそうです。
まだ整備途中のようですね。
DSCN0522a.jpg
中に入ってみる。
まず、推古天皇の改葬前の石室を言われている西石室。
DSCN0455a.jpg
足場だらけでした。
まだ、保存方法が決まっていないで、発掘当時からそのままの状態になっているとのことでした。
DSCN0533a.jpg
石扉のしきみ石ですが全貌は見えません、残念。
DSCN0464a.jpg
東石室、足場が掛けられ上からのぞく形です。
DSCN0497a.jpg
この時代には珍しい、阿蘇凝灰岩製の石棺
パンフのように赤っぽい色には見れませんでした。
次回は秋に公開されるそうです。
たぶん今回抽選にはずれた方が優先されるらしい。
その後の公開は未定だそうです。
これでこの日は終了したいところだったが、この日3回目の秋殿東古墳へよることに。
南か東古墳のどちらかに2箇所石室があるとは知っていたが分らなかった。
東古墳に2箇所あると聞いたので帰りによってみた。
確かにありました。
もう1回は忘れ物を取りにもどりました。
帰りもたいした渋滞もなかったが日が落ちると寒かったな。
スポンサーサイト
史跡探訪(関西) | 02:50:05 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
奈良にいらしゃったのね。それも植山古墳見学募集に当たって。次週もある場所で石室公開やりますよ。また、来られますか。
2010-05-07 金 22:47:24 | URL | たぬき [編集]
昨年の桜井茶臼山古墳の石室公開から奈良にはまりつつあります。
植山古墳の今回の抽選は遠方の人が優先だったとか?
15日は高井戸横穴へ行くつもりです。
他にもあるのですか?
時間があえば行きたいです。
2010-05-08 土 12:38:58 | URL | oobuta [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad