■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相谷熊原遺跡現地説明会
6月6日は滋賀県東近江市の相谷熊原遺跡の現地説明会へ行ってきました。
ここから国内最古級の土偶が出土しました。
午後からの説明に合わせて移動したので昼時に到着したらちょうど説明を始めるところでした。
当初は午前と午後の2回の説明の予定でしたが来客者が多いので随時人数が集まり次第説明してくれました。
ありがたや。
DSCN0825a.jpg
今回の調査範囲では縄文時代草創期の竪穴式住居址が5基見つかってます。
調査範囲が狭い為部分的ですが直径8mもあり同時代としては大型です。
土偶が出土したの住居跡はすでに埋められてしまってます。
DSCN0826a.jpg
こちらは全体を調査してようです。
IMG_1863a.jpg
IMG_1870a.jpg
説明のあとケースに収めれた土偶と見学。
ちっちゃいです。高さ3cm程度です。
住居址から掘り出されというか、掘り出した土を振るいに掛けた中から見つかったのでどこに置いてあったのかは判りません。
よくぞ見つけてくれました。
同住居址から出土した土器を炭素年代測定をした結果、1万3千年前のものであることが判りました。
同時代の土偶としては三重県の粥見井尻遺跡から出土したものがありますが、そちらは貧乳こちらは巨乳です。
今回の現説がいつもと違っていたのは自転車で来る人がいなかった。(午前中はいたのかな?)
空き地を有料駐車場として開放し、地元の人が対応してました。
売店も出てました。
IMG_1872a.jpg
ラストの土偶ラスクを購入できましたが、荷物の中に詰め込んだので割れてしまいました。
なかなか商売上手ですね。
今回はバイクで行ったので有料駐車場には停めませんでしたが駐車場なしよりこの方がありがたいですね。
残念だったのは縄文時代以外の遺構も検出されているようですが説明なし、聞いてもはぐらかされてしまったのが残念。

スポンサーサイト


史跡探訪(関西) | 23:09:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。