■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地下式横穴墓
まだ、後悔の日々が続いている。
あ~、ためいきが出るがそれはそれ。
12月4日、鹿児島県鹿屋市の立小野堀遺跡の現地説明会に参加してきました。
地下式横穴墓の現地説明会ということで珍しいので行ってしまいました。
地下式横穴墓は宮崎県中南部から鹿児島県の大隅半島側の地域限定の古墳です。
実物を見れるところがほとんどありませんし、装飾が描かれていたり切妻型の玄室も多いらしい。
静岡県美術館でトリノ・エジプト展でみた古代エジプトの墓とつくりが似ている気がした。
ただ、掘り込む深さが違うけどね。
いろいろ期待しながら、現地へ向かう。
まず見たのが、「復元!地下式横穴墓」
IMG_0979a.jpg
地表部分、小さい塚が盛られていたと想像される。
IMG_0980a.jpg
断面、何か小さいぞ、イメージと違う。
いざ、調査現場に入ってみる。
IMG_0989a.jpg
IMG_0999a.jpg
IMG_1010a.jpg
妙に細長くて短いトレンチがいくつもあるがどこが横穴?
このトレンチは調査用のトレンチではなくゴボウトレンチャー(ゴボウ栽培用の耕うん機)で掘られた跡でした。
まず、ここに埋まった土を取り除いてから遺構を確認していく。
ほとんどがまだこの状態、まだ早かった。
それでも平成20年度に調査された分と今回玄室が調査されているものもあった。
IMG_1017a_20101208202934.jpg
写真中央付近が2号墓底部、右が1号墓、左が3号墓(半掘)
IMG_1025a.jpg
1号墓:調査員のおじさんがいるところが玄室、手前が竪抗
狭そう。
IMG_1019a.jpg
3号墓:調査中、影で分りにくいが羨道がめちゃ狭い!どうやって入ったの?
IMG_1020a.jpg
3号墓の鉄ぞく
今回の調査でかなりの数の横穴が確認できたが未調査部分を含めると100基以上ありそう。
こんな大規模の地下式横穴墓群は他にはないそうです。
調査はまだ続くそうですが、次回は行けるかな?
行く前に、状況を確認してからにしよう。
次回は地下式板石墓を見たいな。

まだ終わらないよ。
さて、この日は近くの高塚古墳をいくつかみて宮崎市へ移動。
次の日に宮崎市内でレプリカを見てきました。
IMG_1606a_20101208205439.jpg
生目古墳群19号地下式横穴墓、う~ん これだけ?
DSC01844a.jpg
なんか、僕のイメージと近づいてきた。
DSCN1825a.jpg
これだよこれ、こんなのが見たかった。
人骨は復元してくれなくても良いのですが、いや無いほうがいいです。
おわり。
スポンサーサイト


史跡探訪(九州) | 20:40:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。