■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

厚木市:高松山で前方後円墳発見?
6月25日に行われた高松山の現地説明会
一週間経ってしまって記憶が薄れてきてしまっている。
覚えているうちに書いておこう。

10年ほど前から高松山山頂は前方後円墳ではないと話がありこれまでも何回か調査されていた。
takamatu.jpg
今回の説明会資料の測量図、たしかに前方後円墳の形をしてますね。
全長60mくらいになるそうです。

高松山は高さ148.5mで現地はここの山頂
30分くらい歩くのを覚悟していきましたが、駐車場から10分くらいで済みました。
DSC05421a.jpg
まず、前方部と思われる方から墳丘に登ります。
説明会は2時からでしたが、ちょっと早めについたのですがもう始まってました。
後円部が狭いので10数人しか入れないので人が集まってきたので始めたそうです。
前方部でふらふらしてたらこちらでも説明がありあました。
DSC05423a.jpg
この場所の地権者が56人いて連絡取れたのが30名ほどで全員に連絡が取れていないので、困っているそうです。
前方部のトレンチは掘ってすぐ地山でてきたので人工的に造られたところではなさそう。
表土から平安時代の土器が出土しているが古墳時代のものは無いので、古墳とは断定できない。
ただ、遺跡あることは間違いないとのこと。

しばらく待って後円部へ上がれました。
DSC05439a.jpg
トレンチを東側から見て
手前から2箇所掘り込みがあのがあわかるでしょうか。
地山を掘り込んだ粘土郭と推定されます。
DSC05432a.jpg
takamatu2.jpg

イメージ図、こちらの説明ではもう古墳であると言ってました。
1段目の掘り込みが長さ10m程度あり、2段目の掘り込みが8.5mくらいあるそうで、8mくらいの割竹型木棺があったそうです。
畿内の粘土郭では木棺すべて粘土でうめてしまいますが、ここでは下部のみのようです。
木棺部分と言うと
DSC05445a.jpg
今回は木棺があると思われるところの端しか掘ってません。
上の写真の溝状のところから上が木棺があったところです。
十字トレンチの真ん中辺だけがかかりました。
その状況を見ると未盗掘と思われるそうです。
今後き期待しましょう。
あと資料にデータを載せてほしいな、聞いただけどとすぐ忘れちゃし、ムービー撮影するとデータがでかくて困るしバッテリーが消費しすぎ。

帰りは駐車場まで下るだけなんですが、道を間違えました。
分岐がいくつかあるのだけど、行きは案内表示があるけど逆からだと分らないだね。
すぐ気がついたから良かったけど、暑い時はできるだけ歩きたくないね。

スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 23:59:09 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
曇り空とはいえ蒸し暑い日でしたね。私は1時間くらい早く着いたのでゆっくりトレンチを見学できましたが、現説始まるころには狭い場所に人があふれんばかりでしたね。

解説していた東海大学の先生のブログで詳しい解説を読むことができますよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261
2011-07-04 月 08:01:13 | URL | 昇寛 [編集]
私は2回目だったのかな、10分以上は説明してくた。
まだラッキーだったようでうね。
なるほど、解説者は役所の人ではなかったのですね。
それで、はっきり古墳と言い切れるわけでね。
それにしても、あの現説資料はさびいし。
もうちょっとデータを書いてもらいたかったですね。

2011-07-04 月 22:09:59 | URL | oobuta [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad