■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

遠賀川流域古墳・遺跡 同時公開2011秋 その2
次は嘉麻市の沖出古墳
今回で3回目です。
DSC00594a.jpg
立派に復元された前方後円墳
ここには竪穴石室見学施設があり、普段はガラス越しに見学なのですが汚れていて良く見えません。
遠賀川古墳公開時には扉が開いてます。
DSC00586a.jpg
やっと中の様子がはっきり見えました。
石棺はレプリカです。
DSC00601a.jpg
小ネタ:くびれ部の色の違う葺き石があります、これは築造当時のものです。

ここでぽつぽつ雨が降り始めた、あわてて車に戻って川崎町へ移動
戸山原1号墳にむかいます。
ここは昭和30年代に土取り石室は発見されました。
その時に玄室に穴が開けられ3日かけて宝探しが行われたため、調査時にはなにもなかったそうです。
その後空けられ穴は埋められて保存されてましたが福岡西方沖地震で石室が一部崩壊したので修復し完了後、遠賀川古墳公開の仲間入りしました。

IMG_1730a.jpg
1号墳の隣りには2・3号墳の基底部が眠っており近いうちに再調査するそうです。
DSC00611a.jpg
石室内は普段は入れませんが公開日は入れます。
田川地方では珍しい複室石室とのこと(田川地方とはどこまでさすのか?)
IMG_1714a.jpg
基本は花崗岩の巨石で組まれてますが天井部には河原石があります。
実はこの部分に重量がかかるところで硬い河原石が使われているそうです。
IMG_1712a.jpg
玄門左側あたりに色が違う石が組み込まれてます。
ここが侵入口だったところです。
興味深いのは石室が見つかって5年後に入った人は奥壁に昇り竜のような絵をみたと言っていたそうです。
今はわかりませんが、装飾古墳だった可能性があるそうでう。
となると近くにも装飾古墳があるかも?
西方にある4号墳
IMG_1735a.jpg
墓地になっていて墳丘は残ってます。
天井石が露出しているようでが、雨が降っているので近づきませんでした。
石室が完存してれば装飾があるかも?

ここで雨が降ってきたので今日は中止にして日田に向かおうと思いましたが、吉井歴史民族資料館へ向かうことにしました。
山を抜けて朝倉を通っていくのですが、途中で大型車通行止めの看板がありました。
こちとら軽自動車だから関係ないね、突き進みます。
工事で迂回しなければなりません、なるほど大型車は迂回路は狭く通れないから通行止めなんだね。
林道を走るのはきらいじゃないけど、雨の日はやだね。
ちゃんと書いてくれれば迂回したのに。
朝倉市に来て気が変わった。
昨日も雨だったからは見ごろ?
重定古墳と塚花塚古墳へ行ってみた。
重定では惨敗、雲ってどうしようもない。
IMG_1769a.jpg
塚花塚です、なかなかうまく撮れませんね。
また出直しですね。

まだ明るい、西日本のほうが日が長くていいね。
道の駅うきはにある宇土遺跡の古墳をみてきました。
IMG_1817a.jpg

日田で宿泊
次の日はガランドヤ古墳の現説ですがその前にちょっと古墳探索しました。
日田の分は別の機会に書きます。
日田から小倉に向けて走りながら寄り道してきました。
それは次回にします。


スポンサーサイト


史跡探訪(九州) | 23:11:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad