■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

鬼釜古墳 現地説明会
昨日は長野県飯田市の鬼釜古墳の現地説明会へ行ってきました。
当初の予定では千葉県市原市にある牛久石奈坂1号墳の現地説明会へ行くつもりでしたが、先週は土日で千葉へ行ってしまったので予定が狂ってやめました。
月曜日になって鬼釜古墳の現説が分ってしまったので再調整して行くことに決めました。

天気がよければバイクで山の中を走っていこうかと思ったけど午後から雨が降りそうなので車で行きました。
これは正解だったよ。
寒いっす。
現説前に飯田市北部の古墳をみて会場へむかう。

この古墳は明治25年頃に調査されたことが分っていたが調査記録がなく太刀と馬具が残っているだけでしたが、
遺跡調査時に周溝が見つかりました。
遺跡の現説の後に、周溝に土坑があることが分かったので追加調査した結果、馬の埋葬土坑であることがわかりました。
新発見により今度は鬼釜古墳として説明会が開かれました、
長野県埋文センターさん、太っ腹だね。
DSC02849a.jpg
DSC02817a.jpg
墳丘はすでになく、調査範囲が2/3くらいの範囲ですが、直径20m弱(周溝含む)の円墳とされてます。
写真右側に神社があり、ここに伝石室材があります。
IMG_4552a.jpg
上の石が天井石で下の石が側石だったとされてます。
IMG_4563a.jpg
今回の調査で見つかった奥壁とさている石材、右に転がっている石材は敷地境界を示す為に置かれていた石材ですがこれも石室石材だったようです。
周溝にも石材が散乱してましたが、葺き石ではなく後世に紛れ込んだ石材と言ってました。
ただ、maibun.nagano 通信の調査情報では外護列石か葺石が崩れた物ではないかと書いてあったんだけどな?
IMG_4584a.jpg
今回の目玉、馬の埋葬土坑
骨は残っていませんでしたが、馬具が3個見つかってます。
IMG_4521a.jpg
IMG_4520a.jpg
IMG_4518a.jpg
これで馬具といわれても、分りません。
maibun.nagano 通信に現説資料がアップされてます。
そこにX線写真がありますので見比べください。
上が資料の写真9 中が写真7 下が写真8と対応します。

今回は小規模な古墳の現説なので30分か長くても1時間で終わると思ったのですが、長かった。
現地説明で1時間以上たっても終わらない、出土品の説明を聞いたら12時を回ってしまいそうので途中で撤収しました。

この後、飯田市南部の古墳とちょっと見て、飯田市考古資料館へ寄りました。
IMG_4688a.jpg
資料館へ行くには開善寺の敷地内と通りますので、お寺の方を廻ってみました。
紅葉がきれいだったのですが、境内は写真撮影禁止でした。
ここで、雨が降ってきたので撤収。
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 20:37:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad