■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

車塚古墳・姫塚古墳現地説明会
だいぶ遅くなりましたが昨年12月23日に行われた茨城県大洗町の車塚古墳・姫塚古墳現地説明会レポートです。

今回の調査が車塚・姫塚古墳ですが、磯浜古墳群の全体での説明でした。

まずは
日下ヶ塚古墳(常陸鏡塚古墳)
DSCF1108a.jpg
DSCN5981a_20120110214140.jpg
全長105mの前方後円墳です。
DSCF1125a.jpg
あちらこちらにビニルシートが張られていて調査してるの?
違いました、先の地震でひび割れができてしまい、雨水がはいると崩れてしまうのでシートで保護しているそうです。
DSCF1126a.jpg
後円部から前方部を見たところですが、半分くらいなくなってます。
前方部の先にある磯浜海防陣屋を造る為に土砂取りしてしまったそうです。
ここの主体部は調査済みで出土品は國學院大學にあるとのことでした。
前に國學院の博物館に行ったときの写真を確認したところ展示されてました。
IMG_1313a.jpg

坊主山古墳
DSCN5977a.jpg
前方後円墳です。大きさは...資料が行方不明すいません。
私有地なので今回は入りませんでした。

姫塚古墳
DSCF1181a.jpg
現存墳丘、円墳と思われておりました。
でも今回の調査で前方後方墳であることが分りました。
DSCF1172a_20120109222132.jpg
白いラインが前方部の周溝
これで前方後方墳と分るのか?くびれ部の周溝は確認できなかったが後方部から直線的周溝が見つかっているからだそうです。
出土品は
DSCF1243a.jpg
DSCF1246a_20120109222545.jpg
丸底土器、これは珍しいようで前期古墳であることが分った。

車塚古墳
DSCN6000a_20120110214258.jpg
直径88mの中期初頭築造と推定される円墳です。
道路あたりが墳丘裾で、周溝は姫塚古墳の方までのびてます。
DSCF1234a_20120109222359.jpg
DSCF1198a.jpg
DSCF1188a.jpg
DSCN5956a_20120110215107.jpg
DSCN5965a.jpg
3段築成で墳頂部の縁に円筒埴輪、中段からも円筒埴輪、壺型埴輪、裾部から朝顔型埴輪が見つかってます。
葺き石もよく残ってます。
全部ほればすごいと思うのだけどこれで終了らしい。
来年度は日下ヶ塚古墳と磯浜海防陣屋跡の調査を行うそうです。
また現説やってくれるのかな、それまで霞ヶ浦周辺は温存しておきましょう。
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 21:58:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad