■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福岡県朝倉市:湯の隈装飾古墳
湯の隈装飾古墳
名前の通り装飾古墳です。
朝倉市のHPでは「奥壁と側壁の一部が彩色されている。しかし、風化のために肉眼では文様等はほとんどわからない。」とある。
でもでも、出来る限り見てみいので何度も来てる。

ここの石室は一般公開されていない。
PA200592a.jpg
ここから覗くしかない。
PA200581a.jpg
狭いので一般公開しないのかもしれない。

まず、後室玄門左側
IMGP0440a.jpg
(画像補正あり)
なんなのか良く分りません。

奥壁
IMGP0448a.jpg
下段に同心円紋3個、右側に同心円紋が1個あるように見えます。
その上ににも、もうひとつありそう。
左側中段に1個ありあそうな感じ。

左側を探ってみた。(写真をクリックすると大きい画像がでま。)
IMGP0461a.jpg
(画像補正あり)
木の葉のようなものと四角がでてきたよ。
なんだろうね
スポンサーサイト


史跡探訪(九州) | 21:26:26 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ナイス!
です。 奥壁の復元は 概ね昨年試みたとおりと良く確認できましたが左上部分にも複雑な文様があるみたいですね。
左袖石は反射してちょっとよく見えませんね。言われているより多くの文様が描かれていることが明らかになりつつありますね。
2012-10-27 土 00:21:17 | URL | 蕨手 [編集]
奥壁は見れば見るほど、いろいろ出てきそうな感じですね。
いつかは、中に入ってみたいですね。
2012-10-28 日 21:27:38 | URL | oobuta(管理人) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。