■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■プロフィール

oobuta

  • Author:oobuta
  • 静岡県在住の眼鏡をかけたぶたのような人です。
    時々、ひげをはやし熊のようになったりもします。
    最近は史跡探訪にこっているのでHPも作ってみました。
    リンクにありますので興味のある方は見てください。

長野県の装飾古墳と古墳?
上田市の新宮寺古墳
ここは2回目、いつもながら肝心なところを見落としたので再訪です。
PB040459a.jpg
普通の石室かと思いきや玄室右側の側壁に装飾があります。
神宮寺古墳
図面に丸くなっているところです。
IMGP1189a.jpg
茶碗のように彫りこまれた底に黒く円が描かれています。
市の説明には「日輪〔にちりん〕(太陽)のような紋様〔もんよう〕があり、まじないのための装飾の一種とも考えられています。」とあります。
出土品から7世紀の築造と思われます。

この日は舟窪古墳群にも行きました。
前の日記に山登りにはふさわしくない服装をした人に遭遇したと書きましたが、良く考えた自分もふさわしくない格好をしてました。
黒いバイク用ジャンパー、ジーンズ、全体的に黒色です。
熊に間違えられそうな格好です。

舟窪古墳群は5基から成り、崩壊しかけた石室が見れます。
5基はおおよそ横並びですが、上方であやしい石材発見!
PB040562a.jpg
石室の一部か?
PB040565a.jpg
ちょっと離れて見てみると高まりを感じます。
ひょっとして新発見の古墳か?
スポンサーサイト


史跡探訪(関東・信越) | 12:40:16 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
いいねぇ~
2012-11-22 木 08:47:54 | URL | 山口孝志穂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad